「認知症になった親の預貯金」…なぜ自由に引き出せないのか?

2025年には65歳以上の高齢者のうち5人に1人が認知症になると言われています。そのため、なるべく家族に迷惑をかけないようにするには、早めに対策をする必要があります。今回は、親が認知症になった場合、預貯金が自由に引き出せなくなる理由を解説します。※本連載は、海老原佐江子氏の著書『家族に迷惑をかけたくないあなたが認知症になる前に準備しておきたいこと』(WAVE出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

終活では「認知症と介護」に不安を感じている人が多い

2025年には、65歳以上の5人に1人が認知症になるといわれています。「5人に1人であれば、それほど多くないのでは」と思うかもしれません。しかし、これを85~89歳の年齢層で見ると、5人に2人という2倍の数値になるといわれているのです。

 

今や誰もが、認知症を発症する可能性があるのです。

 

そして高齢になると認知症に限らず、ほかの病気やケガのリスクも高まります。日本人の平均寿命は世界でもトップレベルで、2019年では、男性の平均寿命は81.41歳、女性は87.45歳です。

 

しかし、健康寿命(健康上の理由で制限されることなく生活できる期間)は平均寿命よりもずっと短く、2016年には男性72.14歳、女性74.79歳。つまり、多くの日本人は約10年間も、健康上の問題でなんらかの制限を受けながら生きていくことになるのです。

 

「終活」というと、家の整理や相続準備など、死後への対策をイメージするかもしれませんが、「終活に関していちばん不安なことは? 」という問いに、「認知症と介護に関すること」を挙げる方が非常に多いのです。

 

 

誰でも自分が死んだあとのことよりも、生きている間のほうが心配ですよね。なかでも、認知症になってしまったら、自分は生活していけるのだろうか、手厚い介護を受けられるのだろうか、家族に迷惑をかけてしまうのではないか、と多くの人が心配しています。

 

高齢に伴うみなさんの不安が認知症であるならば、実際にどういうことで困るのか、そうならないためにはどうすればいいのかを知って、上手に対応していくことが大切です。

 

これらのことについて具体的に見ていきながら、不安のない明るい日々を送れるようにしていきましょう。

預金者が認知症とわかると、口座を凍結する金融機関も

認知症になると、ものをよくなくすようになったり、さっきまでしていたことを忘れてしまったり、思い出せないことが増えてきたりします。また、年月日が不確かになったり、買いもののときのお金の計算が苦手になったりもします。

 

そうなると、判断力や理解力が不十分であるとして、社会生活上の取引きや契約などの財産管理行為や法律行為にさまざまな制限が出てきます。

 

銀行などの金融機関は、口座を持っている人が認知症だと判明すると、その口座を凍結してお金をおろせないようにしてしまうこともあります。認知症の人の口座が振り込め詐欺などに利用されないように保護するためです。

 

そうなると、銀行の口座にお金があるのに、それを使えなくなるので、生活に困ってしまう、ということが起こります。

 

また、自宅の修繕工事や、介護施設への入居などの契約を、自分でやろうとしても断られてしまう、ということにもなります。

 

これは、「物事を認識する能力に欠ける人が行った法律行為は無効になる(初めからなかったことになる)」からです。契約の相手としては、トラブルを回避するために、このような対応をせざるを得ないのです。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

城南かがやき法律事務所
弁護士・終活カウンセラー1級

京都大学文学部卒業。横浜市役所に入庁したのち、弁護士を目指すため東京大学法科大学院入学・修了。都内法律事務所にて実務経験を積み、特別区初の任期付弁護士として葛飾区役所に入庁し、自治体が関わるさまざまな法的問題に取り組む。

父親を看取った経験を機に、終活カウンセラー(一般社団法人終活カウンセラー協会)の資格を取得。現在は東京都大田区の城南かがやき法律事務所において、終活・相続問題を含む多様な相談に応じている。

著者紹介

連載認知症になる前に行う「終活対策」

家族に迷惑をかけたくないあなたが認知症になる前に準備しておきたいこと

家族に迷惑をかけたくないあなたが認知症になる前に準備しておきたいこと

海老原 佐江子

WAVE出版

2025年には高齢者の約5人に1人がなるといわれるとおり、誰にでもリスクがある認知症。認知症になると、「預金が引き出せなくなる」「遺言を残せなくなる」「介護施設の入居契約ができなくなる」等、社会生活で大きな制限が出て…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧