コロナ後、世界の富裕層は「不動産投資で一儲け」を狙う

不動産市場は、世界的に株式市場に遅れて上昇する傾向にあります。このことから、コロナショックを経て株式市場が底をついたときは、不動産投資のチャンスであることがわかります。特に日本の不動産市場は、先進国で唯一1990年代の価格を回復していません。来るべきときに備え、不動産の情報収集の仕方を見ていきましょう。※本連載は、2020年9月出版の高橋ダン氏の著書『世界のお金持ちが実践するお金の増やし方』(かんき出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

株式市場「底打ち」の2年後に不動産市場が動く傾向

アメリカにはさまざまなデータベースがありますが、私が特に好んでよく見ているのは「FRED」のデータです。

 

アメリカには、中央銀行であるFRBの支店的な役割を果たす連邦準備銀行が12あります。そのうちの一つ、セントルイス準備銀行が運営している経済統計データサイトがFREDです。

 

FREDでアメリカの歴史的な住宅の平均価格(ハウスプライス・インデックス)を見ると、2008年に始まったリーマンショックによる景気後退は2009年まで続きました。(図表1)

 

[図表1]FREDのハウスプライス・インデックス

 

その後、住宅価格が本当に下がり始めたのは2011年末から2012年初めです。相当な遅れがありました。

 

このときの株式市場を見ると、2009年の3月に底をつけています(図表2)。つまり、不動産価格が底をつけたタイミングとは約2年半のズレがあったのです。この点は非常に面白いと思います。

 

出典:Trading View https://jp.tradingview.com/
[図表2]リーマンショック前後のNYダウの動き 出典:Trading View https://jp.tradingview.com/

 

次に日本も見てみましょう。日本の住宅価格は2013年に底をつけ、アベノミクスで本当に上がり始めたのが2014年です(図表3)。

 

出典:tradingeconomics.com
[図表3]日本の住宅価格指数 出典:tradingeconomics.com

 

同じ時期の日経平均株価を見ると、上がり始めたのは2012年末からでした。ここでも遅れが1〜2年間あったことになります。

 

出典:Trading View https://jp.tradingview.com/
[図表4]アベノミクス前後の日経平均株価の動き 出典:Trading View https://jp.tradingview.com/

 

このように、不動産市場は株式市場の後に動くことが多いのです。同じ時期に動くときもありますが、直近の景気後退を見るとアメリカ、ユーロ圏、日本ともに不動産価格の上昇は、株式市場の上昇の約2年後に始まる傾向があるといえます。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5/18(水)開催
保有不動産の「価値」を向上させる最適な提案!
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…「資産活用セミナー」

投資系YouTuber

東京生まれ、日本国籍。10歳までの多くを日本で過ごす。その後アメリカに移り、12歳で投資を始める。

21歳のときにコーネル大学をMagna Cum Laude(優秀な成績を収めた卒業生に与えられる称号)で卒業。

ニューヨークのウォール街で19〜20歳のときにサマーインターンとして働く。その後21歳でフルタイム勤務を開始し、投資銀行業務、取引に従事する。

26歳でヘッジファンド会社を共同設立し、30歳で自身の株を売却。その後シンガポールに移住。これまで約60ヵ国を旅し、2019年秋に東京に帰国。

2020年1月にYouTubeでの動画投稿を本格始動し、わずか3ヵ⽉でチャンネル登録者数が10万人を超える。

2021年5月現在、日本語のメインチャンネルが48.4万人、英語チャンネルが13.7万人。

著者紹介

連載世界のお金持ちが実践する「お金の増やし方」

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

高橋 ダン

かんき出版

人気No1の投資系YouTuberの初著書! 毎日2ページ読むだけで世界基準のお金の教養が身につく! ●12歳で投資を開始 ●⼤学卒業後、ウォールストリートの名⾨⾦融機関・モルガンスタンレーに従事 ●ヘッジファンドを立ち上…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ