世界の富裕層が実践する「投資で利益を出す」5つの黄金ルール

12歳から投資を開始し、現在それで生計を立てている筆者は、「投資で利益を出す5つのルール」を編み出しました。情報収集や、「分散投資」、自制のマインド…など、投資で成功するための秘訣を考えていきましょう。※本連載は、2020年9月出版の高橋ダン氏の著書『世界のお金持ちが実践するお金の増やし方』(かんき出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

投資の情報収集は他人の意見ではなくニュースから

私は12歳から現在までの23年間、投資を続けています。23歳以降は固定給を受け取っておらず、運用で得た成果報酬と個人財産を投資したパフォーマンスで生活をしています。

 

その経験の中で、世界のお金持ちの方法論も取り入れた結果、投資で利益を出すための法則をいくつか見つけました。それを整理していくと「5つ」に絞られました。ここでは「投資で利益を出す5つのルール」を紹介します。

 

なお、私は「短期売買=取引」「長期運用=投資」と考えていますが、いずれの手法でもリスクがあります。そのリスクをいかに抑えるかが重要です。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

【ルール1】情報をできるだけ集める

 

取引と投資の世界では「情報は武器」です。武器が多いほど選択肢が増え、判断が正確になります。

 

金融市場は、言ってみれば“戦場”です。基本的に、誰かが1円稼いだときには、他の誰かが1円を失っているからです。これを「ゼロサムゲーム」といいます。

 

この“戦場”を生き抜くために、どのように情報を集めればいいのか。私は毎日『日本経済新聞』『ブルームバーグ』『トレーディングエコノミクス』『CNBC』といった約10の新聞やネットメディアをチェックしています。

 

このときのポイントは、時間をかけすぎないこと。報道されるニュースを一つひとつ深掘りしていったら、どれだけ時間があっても足りません。なので私は、まず「見出し」をチェックし、気になったものを詳しくチェックするようにしています。

 

【ルール2】他の人の意見だけで決断をしない

 

新聞やネットニュースだけでなく、SNSやブログなどでも情報はあふれ返っています。

 

しかし、膨大な数の意見を見聞きしたとしても、最終的には自分の“心”で決断しなければなりません。実際には「心」と「頭」です。情報ソースが家族でも友人でも会社の上司でも誰であっても、その人の意見だけに頼らないことが重要です。

投資系YouTuber

東京生まれ、日本国籍。10歳までの多くを日本で過ごす。その後アメリカに移り、12歳で投資を始める。

21歳のときにコーネル大学をMagna Cum Laude(優秀な成績を収めた卒業生に与えられる称号)で卒業。

ニューヨークのウォール街で19〜20歳のときにサマーインターンとして働く。その後21歳でフルタイム勤務を開始し、投資銀行業務、取引に従事する。

26歳でヘッジファンド会社を共同設立し、30歳で自身の株を売却。その後シンガポールに移住。これまで約60ヵ国を旅し、2019年秋に東京に帰国。

2020年1月にYouTubeでの動画投稿を本格始動し、わずか3ヵ⽉でチャンネル登録者数が10万人を超える。

2021年5月現在、日本語のメインチャンネルが48.4万人、英語チャンネルが13.7万人。

著者紹介

連載世界のお金持ちが実践する「お金の増やし方」

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

高橋 ダン

かんき出版

人気No1の投資系YouTuberの初著書! 毎日2ページ読むだけで世界基準のお金の教養が身につく! ●12歳で投資を開始 ●⼤学卒業後、ウォールストリートの名⾨⾦融機関・モルガンスタンレーに従事 ●ヘッジファンドを立ち上…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!