日本人にはわかりづらい…世界のお金持ちが「金」を買うワケ

金(ゴールド)は世界中で古くから価値のある資産です。金の価値はインフレになっても値下がり幅を抑えられる可能性が高いので、保有しておくべきという考え方があります。また現物の購入が難しければ、ETFへの投資も可能です。本記事では金と世界のお金持ちの関係を見ていきましょう。※本連載は、2020年9月出版の高橋ダン氏の著書『世界のお金持ちが実践するお金の増やし方』(かんき出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

金は昔から「世界で通用する通貨」であり有望な資産

貴金属の中でも金は「これからの30年間で最も有望な資産の一つ」であり、若い人でも年配の人でも、どこの国に住んでいる人でも、持つべき資産です。

 

しかし、みなさんは学校で金の価値について教えてもらったことはないでしょう。アメリカで育った私も、学校では習いませんでした。なぜなら、どの国の政府も金を買うことをあまり勧めていないからです。

 

金は古くから世界中で宝物として扱われてきました。その歴史は約5000年に及び、古代エジプトの時代から使われています。世界中のさまざまな宗教で金が使われてきました。日本でもそうですし、特に中国では長く使われています。

 

金は昔からお金としても使われてきました。大きな理由は、人工的につくることができないから。偽造されやすい物は、お金としての機能を果たすことが難しいです。金は供給量が限られているので、希少価値があります。その点で安心して使うことができたのです。

 

文化の違いも関係ありません。エジプトとヨーロッパがまだつながっていないときにローマ帝国ができましたが、その時代からお互いに交流がなくても、それぞれの国で金が使われていました。誰もが直感的に金には価値があると気づいていたのです。

 

それはいまも変わりません。世界の基軸通貨は米ドルですが、国際標準化機構(ISO)では金、そして銀、プラチナも世界で通用する通貨として認められています。

 

世界の中央銀行、特に先進国の中央銀行は金を保有しています。金はお金だからです。つまり、「金とは何?」と聞かれた場合、最も答えとしてふさわしいのは「お金」です。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

そして、昔から多くの人が金を資産として保有しています。

 

たとえば、1900年代のアメリカ人の個人ポートフォリオには、金が平均的に5%以上は含まれていました。

 

しかし、いまは1~5%程度しかありません。多くの個人投資家は金を少ししか持っていないのです。とはいえ、それでもアメリカの個人投資家は金の保有率が高いほうです。アメリカ以外の世界の国、特に日本の投資家はほとんど金を持っていません。

 

では、なぜ金に投資すべきなのか。詳しく見ていきましょう。

インフレになったとき最高の保険は「金」

日本は特殊な環境にあって、過去30年間ほとんど物価が上がっていません。

 

私は現在35歳ですが、10歳までの多くは日本で過ごしました。

 

当時、コンビニエンスストアへ行って、お菓子を買ったときの記憶はいまだに残っています。特に日本のグミは大好きでしたが、そのときと同じ価格でいまもグミを買うことができます。ミネラルウォーターの値段もほとんど変わっていません。

 

だから日本で暮らしている人は、物価が上がることを忘れてしまっています。「消費者物価指数が上がったら、どんなことが起きるのか?」と考えることもまずないでしょう。しかし図表1を見ていただければわかるとおり、日本でも1970年以降、15年足らずで物価が3倍近く急上昇したのです。

 

出典:総務省「消費者物価指数」
[図表1]物価が急上昇した歴史もある 出典:総務省「消費者物価指数」

 

そして歴史的に見ると、消費者物価指数は遅かれ早かれ上がります。そのとき、もっとも安心で保険の役割を果たすのは金です。物価が上昇すれば、金の価格も上がるからです。

 

金融危機で株式だけでなく、債券、不動産、商品(コモディティ)、すべてが下がるときがあります。そんなときも現物資産である金の価値は、値下がり幅を抑えられる可能性があります。だからこそ金は最高の保険なのです。(図表2)

 

出典:Trading View https://jp.tradingview.com/
[図表2]リーマンショックの際の金価格の動き(2006〜2012年/月足) 出典:Trading View https://jp.tradingview.com/

 

大半の先進国の中央銀行では、国の債務、国債を買っています。そのなかで日本銀行は国の累計債務の50%以上を持っているため、すでに限界に近づいていると思います。国債を買う人がいなくなったとき、価格は暴落するリスクが高くなります。そのときのためにも金を保有するべきです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】2/9(水)開催
いま富裕層が注目する「節税」できる相続対策の決め手!
ミサワホーム不動産の「不動産小口化商品」
詳しくはこちら>>>

投資系YouTuber

東京生まれ、日本国籍。10歳までの多くを日本で過ごす。その後アメリカに移り、12歳で投資を始める。

21歳のときにコーネル大学をMagna Cum Laude(優秀な成績を収めた卒業生に与えられる称号)で卒業。

ニューヨークのウォール街で19〜20歳のときにサマーインターンとして働く。その後21歳でフルタイム勤務を開始し、投資銀行業務、取引に従事する。

26歳でヘッジファンド会社を共同設立し、30歳で自身の株を売却。その後シンガポールに移住。これまで約60ヵ国を旅し、2019年秋に東京に帰国。

2020年1月にYouTubeでの動画投稿を本格始動し、わずか3ヵ⽉でチャンネル登録者数が10万人を超える。

2021年5月現在、日本語のメインチャンネルが48.4万人、英語チャンネルが13.7万人。

著者紹介

連載世界のお金持ちが実践する「お金の増やし方」

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

高橋 ダン

かんき出版

人気No1の投資系YouTuberの初著書! 毎日2ページ読むだけで世界基準のお金の教養が身につく! ●12歳で投資を開始 ●⼤学卒業後、ウォールストリートの名⾨⾦融機関・モルガンスタンレーに従事 ●ヘッジファンドを立ち上…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧