全国「世帯の負債」調査…「住宅購入以外の借金」が多い県は?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回、焦点をあてるのは「世帯の負債」。都道府県ごとに見ていくと、地域性が見えてきました。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

全国の持ち家率は80%…3000万円のローンを活用

——持ち家か賃貸か

 

住宅について永遠の議論されるだろう、この問題。最近は「賃貸派が増えている」などと聞くことも多いですが、実際はどうなのでしょうか?

 

総務省『家計調査』で、過去10年(2011~2020年)の持ち家率の推移を見ていくと、2011年70.7%から2020年80.1%と、この10年で10ポイントほど上昇しています。

 

■全国の「持ち家率」の推移

2020年 80.1%

2019年  79.8%

2018年  78.3%

2017年  79.5%

2016年  76.9%

2015年  76.2%

2014年  75.5%

2013年  76.5%

2012年  73.1%

2011年  70.7%

 

出所:総務省『家計調査』

 

また都道府県ごとに見ていくと、最も持ち家率が高いのは「富山県」で94.7%。「滋賀県」「三重県」「兵庫県」「秋田県」と続きますが、上位3県は持ち家率が9割を超えています。一方で持ち家率が最も低いのは「沖縄県」で37.7%。「福岡県」53.0%、「岡山県」58.2%、「大分県」58.3%、「岩手県」61.4%と続きます。

 

あくまでも家計調査の結果のみで、地域や年齢などによって差はあるでしょうが、いまのところ持ち家志向のほうが強いといえそうです。

 

人生の三大出費に数えらえれる「住宅の購入」。その金額は大きく、キャッシュで一括払いという人は稀で、多くが住宅ローンを駆使することになるでしょう。

 

国土交通省『令和元年度住宅市場動向調査』によると、新築注文住宅の場合、平均購入資金(住宅+土地)は4615万円で、そのうちローンは3361万円、平均返済期間は33.8年。新築分譲一戸建ての場合は、平均購入資金は3851万円で、そのうちローンは2830万円、平均返済期間は32.7年。新築分譲マンションの場合は、平均購入資金は4457万円で、そのうちローンは2702万円、平均返済期間は31.5年。形態は違えど、住宅の購入の際には、3000万円前後の住宅ローンを利用し、30年近くかけて完済しています。

 

家のローン負担が重い…(※写真はイメージです/PIXTA)
家のローン負担が重い…(※写真はイメージです/PIXTA)

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧