仕事の期限を守れない人…上司や先輩はとっくに「諦めている」

就業形態が多様化する一方、派遣社員からキャリアアップを目指す人は少なくありません。しかし同時に、思うような評価が得られず悩みを抱えている人もいるでしょう。そのような時、自身の働き方を改めて振り返ることが解決の糸口に繋がります。※本記事は、『ハケンで終わる人、正社員になれる人』(元木さき著、かざひの文庫)より抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

仕事の「期限」を守れない人は意外に多い

守って当たり前の、仕事の「期限」ですが、意外にこれをないがしろにする人がいます。

 

もし頼まれていた資料が期限までに出せなかったらどうなるでしょうか。

 

予定していた会議ができなかったり、クライアント先に報告ができなかったりと、たくさんの人に迷惑をかけてしまいます。

 

困ったもので、社員になっても期限が守れない人がいます。筆者が部長として働いていた時、社内で部長職以上を対象にマネージメント塾を開いていました。その研修では毎回山のように課題が出ていましたが、それをきちんと期限までに提出できていたのは、筆者だけだった、ということがありました。

 

管理職となった今のほうが、より「期限」を意識して仕事をしています。

 

例えば予算案を作る時など、全社的に予算が足りない場合、その積み上げの資料を翌日の朝までに出してほしい、ということはざらです。時間がなくても、翌日の朝までと指定されれば出さざるを得ません。

 

期限を守って仕事をする人は、派遣先での印象や信頼が、ぐんと上がります。

 

もし、どうしても期限に間に合わないのであれば、その期限が過ぎる前にひとこと上司に伝えることが大切です。

「長く座っている」ことと「評価」は無関係

派遣社員は「時給」で給料をもらっています。お休みをすれば、その日の給料はもちろんゼロですが、裏を返すと、会社に来て、何もせずただ座っているだけでも、給料がもらえてしまうのです。勤務時間内であれば、派遣先も勤務時間として認める義務がありますが、残業となるとどうでしょうか。

 

本当に今日やるべき仕事が終わらず、残業になってしまうのは仕方ありませんが、管理者側からすると、「もう少しパフォーマンスを上げれば残業しなくていいんじゃない?」と思うことが多々あります。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

正直、無駄な残業の賃金ほど、無駄なコストはないと考えてしまいます。

 

昔よく言っていたのが、「長い時間座っているからといって、評価が高くなるわけじゃない」ということでした。筆者も以前は、夜中まで残業して、提案書を作ったこともありました。若い時こそ、自分に負荷をかけないと成長しないと思っていたのです。当時の仲間には「元木さんに騙されてる!」とよく言われていましたが、現在その仲間たちが、みな統括部長などになっているのを見ると、あながち間違っていなかったと思っています。

 

必要な時は思い切って残業し、帰れる時はさっさと帰って、無駄な残業はしない、という心持ちが必要です。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

GCDFキャリアカウンセラー

派遣社員としてコールセンター業界に入り、当時の派遣先の役員から声をかけられ正社員となる。その後、会社が買収され、上場企業の一員となる。グループ初の女性部長、子会社役員、コールセンター会社の統括部長に転職。
現在は人材派遣・アウトソーシング事業のベンチャーにて役員として活動中。コールセンター事業・人材派遣事業を20年以上経験し、延べ3000名以上のアルバイト・派遣スタッフと関わる。

著者紹介

連載正社員を目指す派遣社員「キャリアアップ」を実現するポイントは?

ハケンで終わる人、正社員になれる人

ハケンで終わる人、正社員になれる人

元木 さき

かざひの文庫

この本はサクセスストーリーではなく、誰でも実践できる、正社員に近づくための、マニュアル本です。派遣先から、「この人に正社員になってほしい!」と思われるには、ちょっとしたコツがあります。そのコツを知っているのと知…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧