なぜ日本で「ロングショートファンド」が有望視されるのか?

ヘッジファンドに関心はあるけれども、情報が少なく、二の足を踏んでいる人も多いでしょう。そこでヘッジファンドマネージャーの話から、ヘッジファンドの実態を明らかにしていきます。前回に続いて話を伺うのは、国内独立系ヘッジファンドのオリオール・アセット・マネジメント株式会社に所属する小野塚二也氏。今回は、同社が得意とする買いと売りを組み合わせた「ロングショートファンド」が、今後の日本の株式市場で有望といえる理由について見ていきます。

「独立系ヘッジファンド」で投資に対する想いを実現

オリオール・アセット・マネジメント(株)の小野塚ヘッジファンドマネージャー
オリオール・アセット・マネジメント(株)の小野塚ヘッジファンドマネージャー

 

――ヘッジファンドは海外では当たり前になりつつありますが、国内ではまだまだ馴染みがないような気がします。これについて、ヘッジファンドマネージャーとしてどう見ていますか?

 

そこがまさに、私たちがオリオール・アセット・マネジメントを立ち上げた大きな理由の1つです。

 

日本のヘッジファンドはまだ歴史が浅く、資産運用会社のほとんどが証券や銀行系のグループ会社です。お金を扱う以上、ネームバリューがあって、強力な販売力を持っている運用会社はやはり強いです。

 

ただし、銀行・証券系や外資系の大手運用会社は親会社の意向を重視しなければならず、ファンドマネージャーの裁量が制限されているのが実情です。つまり、組織の制約を受けながら、高いパフォーマンスをあげなければなりません。

 

そこで私たちは、これまでの経験から得た運用ノウハウをお客様にリターンとして還元し、私たちの投資に対する想いを実現するには、「独立系のヘッジファンド」しかないのではないかと考えました。

 

お客様の信頼を得て、日本人のヘッジファンドに対する負のイメージを払拭できるように取り組んでいます。

フルレバレッジで運用しているヘッジファンドは少ない

――先ほど「負のイメージ」とありましたが、もう少し詳しく教えていただけますか。

 

日本人には「投資信託嫌い」が多いですが、その理由として、投機的なイメージが根強いことに加えて、過去にパフォーマンスが悪かった時代があったことや、短期売買が横行していたことなどが考えられます。

 

日本はバブル崩壊後、様々な要因が重なって経済が低成長になり、株価も低迷しました。購入時の投資信託の基準価額を大きく下回る投資信託も多く、投資信託嫌いになった方も多いでしょう。また、2012年にAIJ投資顧問による年金消失事件があり、ヘッジファンドは「投機的」「ハイリスク」と思われた方もいるかもしれません。

 

ただし私たちは、AIJの事件以来厳しくなった規制当局の審査をクリアして免許を取得し、リスク管理を徹底しています。特に日本の独立系ヘッジファンドはフルレバレッジで運用しているところはほとんどありません。自分たちの裁量のなかで低レバレッジで運用しながらも着実に利益を積み上げ、お客様にリターンを還元しています。

 

 

【ヘッジファンドセミナーを随時開催】
表舞台に滅多に出ないヘッジファンドマネージャーの話が聞ける数少ないチャンス!
>>>募集中の無料セミナーを見る

オリオール・アセット・マネジメント株式会社
取締役
ヘッジファンドマネージャー 

日系証券会社の株式部株式先物課で、主に先物のプロップトレード、対顧客トレーダー、セールストレーダーを経験。2000年より三和証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)の立ち上げに参加。トレーディングチームヘッドを務める。2006年よりピクテ投信投資顧問でトレーディング部長、シニアファンドマネージャーを歴任後、2019年より現職。保有資格は、国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト、計量経済学修士。

著者紹介

幻冬舎アセットマネジメント IFA事業室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

連載ヘッジファンドマネージャーの投資哲学

インタビュアー/冨中 則文(幻冬舎アセットマネジメント)

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!