ヘッジファンドが提唱…「投資家はリスクを取り続けよ」の真意

ヘッジファンドに関心はあるけれども、情報が少なく、二の足を踏んでいる人も多いでしょう。そこで本連載では実際のヘッジファンドマネージャーにインタビューを行い、その実態を明らかにしていきます。前回に続いて話を伺うのは、国内ヘッジファンドの先駆けである株式会社GCIアセット・マネジメントの山内英貴氏。個人が投資で利益をあげるために必要なことは?

コロナ収束後は、アクティブファンドの時代?

株式会社GCIアセット・マネジメントの山内英貴代表取締役CEO
株式会社GCIアセット・マネジメントの山内英貴代表取締役CEO

 

――今はコロナ禍で相場の先行きが見えない状況ですが、コロナ収束後は、どのような相場になると思いますか?

 

まず前提として、2008年のリーマンショック以降は、世界的に金利が下がり株価は上がっていたので、コストが安いインデックス運用をしていれば大きなリターンをあげられました。つまり、インデックスファンドとアクティブファンドを比べると、インデックスファンドの圧勝でした。

 

しかし、この状態がいつまでも続くと考えていません。ただし、マーケットが大暴落するとか、経済が大混乱するとかは今のところ想定しにくいので、しばらくは同じ業界内でも企業の優勝劣敗が進み、アクティブファンドが再注目されるのではないかと考えています。

多くのヘッジファンドは意外と保守的な運用をしている

――アクティブファンドの時代が訪れるのではないかということですが、へッジファンドは国内ではまだまだ馴染みがないような気がします。これについて、ヘッジファンドマネージャーとしてどう見ていますか?

 

たしかに、日本の個人投資家のなかには「ヘッジファンド=ハイリスク・ハイリターンな投資」と思っている方が少なくないかもしれません。

 

しかし、ヘッジファンドは株式や債券などの伝統的な資産の値動きと相関性が低く、多くの機関投資家にリスク分散としてポートフォリオに組み入れていただいています。そのため、意外と保守的な運用をやっているところが多いのが実態です。

 

特に私たちのファンドはシステマティックな運用に徹していますので、運用方針をご理解していただくと、世間一般のヘッジファンドのイメージとあまりにもかけ離れていて、驚かれる方も少なくありません。

 

あああ
世間一般のヘッジファンドのイメージと実態にはギャップがあると言う。

 

株式会社GCIアセット・マネジメント 代表取締役CEO

日本興業銀行でトレーディング、デリバティブ関連業務に従事した後、2000年4月に独立し、オルタナティブ投資とグローバル投資を専門的に取り扱う資産運用会社グローバル・サイバー・インベストメント(現GCIアセット・マネジメント)設立。2007年4月より東京大学経済学部非常勤講師。東京大学経済学部卒。

著者紹介

幻冬舎アセットマネジメント IFA事業室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

連載ヘッジファンドマネージャーの投資哲学

インタビュアー/冨中 則文(幻冬舎アセットマネジメント)

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧