リボ払いから住宅ローンまで…「お金の使い方」の簡単な注意点

分割払いやローンは賢く役立てれば非常に便利なものですが、安易に手をつけると思わぬトラブルに発展することも…。本記事では、最低限身につけておくべきお金の基本知識について、著名な経営コンサルタントである平野敦士カール氏が平易に解説します。※本記事は、『お金の基本ゆる図鑑』(宝島社)より抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

分割払い、リボ払い、キャッシングの注意点

●どうしてもお金が必要なときはどうしたらいい?

 

クレジットカードは後払いなので、クレジット払いは借金をするのと同じです。さらに手数料が高い分割払い、リボ払い、キャッシングを利用しすぎると借金を積み重ねてしまうことにもなりかねません。支払いはなるべく一括払いにするといいでしょう。

 

クルマや住宅購入など、手持ちのお金よりも高額な買い物をするときは、なるべく金利の低いローンを選んで組むようにします。

 

★分割払い、リボ払い、キャッシングの違い

 

 1. 分割払い 

分割払いは買い物ごとに「支払い回数」を指定する支払い方法です。3回払い以上は手数料がかかりますから、1回払いに比べて支払総額は多くなります。

 

 2.リボ払い 

「毎月の支払額」を指定できるのがリボ払いです。リボルビング払いともいいます。

 

◆memo◆
リボ払いは、毎月の支払い設定額に応じた支払いが可能です。ただし、設定額が低いと金利が発生し、残高がなかなか減らないというデメリットがあります。

 

 3.キャッシング 

キャッシングとは、銀行やコンビニのATMなどでお金の借り入れができるサービスです。キャッシングにも毎月の返済額に加えて、金利が上乗せされます。お金は計画的に使いましょう。

 

人生設計にはローンはつきもの!「賢く」役立てよう

●高額なものを買うときにはローンを利用する

 

住宅や自動車など高額のものを買うときには、ローンを組んだりクレジットカードのキャッシングを利用したりすることがあります。ローンもキャッシングもお金を借りる「借金」であることには変わりありません。

 

欲しいものがすぐに手に入るからといって、安易に利用すると、あとで返済に困ってしまいます。住宅や自動車など高額なものを買うときにローンを組むなら、月々どうやって返済をしていくかを、事前にきちんと考えておかないといけません。

 

しかし、ローンを組むことが悪いというわけではありません。現金で家や自動車を買えるほど貯金するには時間がかかるので、ローンを利用する人は少なくありません。

 

主な個人ローンには、住宅ローン、自動車ローンなどがありますが、金利や月々の負担額を確認しておきましょう。

 

 1.ローンとは? 

住宅や自動車などを買うとき、銀行などからお金を借りて毎月決まった額を返済する契約を結ぶことを「ローンを組む」といいます。

 

 2.住宅ローン 

住宅を購入する際のローン。国の経済状況によって金利が変動する変動金利と、金利が一定の固定金利が選べます。

 

 

 3.自動車ローン 

車を買うときに必要な金額を借りて、一定期間内に毎月分割で返済するローン。金利は1%から10%とさまざまで、10年以内の返済期間のものが多いです。

 

 

 4.教育ローン 

銀行などの金融機関が個人を対象に行う、お金の使途を教育関係に限定したローン。入学金や授業料、受験費用などが対象となります。

 

 

住宅ローンや教育ローンは銀行で申し込める。金利が安いのが特徴。毎月の支払額は少なくてもローンは借金。ローンを組む場合は、返済の計画性が何よりも重要です。

 

(本文イラスト:藤井 晶子)

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

カール経営塾 塾長
株式会社ネットストラテジー 代表取締役社長
社団法人プラットフォーム戦略協会 代表理事 経営コンサルタント

麻布中学・高校卒業、東京大学経済学部卒業。日本興業銀行にて国際・投資銀行業務、NTTドコモiモード企画部担当部長を経て現職。上場企業を中心に数多くの会社のアドバイザーを務める一方、オンラインスクール塾長、BBT大学教授、早稲田大学ビジネススクール(MBA)非常勤講師、ハーバード・ビジネス・スクール招待講師などを歴任。

著書に、『プラットフォーム戦略』(東洋経済新報社)、『マジビジプロ ハンディ版 カール教授と学ぶビジネスモデル超入門!』(ディスカヴァートゥエンティワン)、『カール教授のビジネス集中講義』シリーズ、[経営戦略][ビジネスモデル][マーケティング][金融・ファイナンス](朝日新聞出版)、監修に、『経営学見るだけノート』 『マーケティング見るだけノート』 『ビジネスモデル見るだけノート』(以上、宝島社) など多数。韓国、台湾、中国、タイなど海外でも多数翻訳・出版されている。

Twitter:平野敦士カール著書36冊★カール経営塾★
動画:★カール経営塾動画★無料

著者紹介

連載正しい金融リテラシーを身につけ、儲け話に騙されない!「お金の基本」を著名な経営コンサルタントが解説

使い方から貯め方、増やし方まで1時間でわかる お金の基本ゆる図鑑

使い方から貯め方、増やし方まで1時間でわかる お金の基本ゆる図鑑

平野敦士カール

宝島社

なんとなく知っているけど、じつはちゃんと知らない「お金」のこと。本書は、お金で損をしないために、お金のことを勉強しておきたいという人のための入門書です。「稼ぎ方」「使い方」「貯め方」といった基本から、「税金の納…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧