他人と同じ行動をしても、株式投資では「勝てない」理由

株価を決めるのは「需給」。大勢の投資家と同じ行動を取っていては、株の世界で勝つことはできません。銘柄や売買のタイミングなど、見極めるべき点は様々です。身銭を切って45年間市場と対峙してきた筆者が、成功率を上げるために押さえておきたいポイントを解説します。※本連載は石井勝利著『株の鬼100則』(明日香出版社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

右肩上がりでも「振幅の大きい銘柄」は仕掛けやすい

倒産しない限り、株は上げたり下げたりで上値下値の往復と言える。ただ、総じて右肩上がりなのか、往来相場なのか、右肩下がりか、見極めが大切である。

 

基本的には、上げ相場の銘柄の中から買う銘柄を選ぶのが理想だ。上げている途中での押し目ならば、多少間違っても損にはならない。持ち合いであっても、押し目ならば、吹き上げの時のチャンスはある。

 

NEC(6701)の株価を見ると、基調は右肩上がりである(図表1)。しかし、株価の振れは結構大きく、今はやりの通信インフラの銘柄にしては、強弱感が対立している。ただ、時々大きな押し目があるから、それなりに「仕込みのチャンス」が多い。

 

チャート提供:「みんなの株式」(https://minkabu.jp)
[図表1]6701 NEC チャート提供:「みんなの株式」(https://minkabu.jp)

 

この銘柄の動きの特徴は、突然上げては、その後にだらだら下げて、陰線が7本から10本出ると、急に窓を開けて急騰する。

 

通信インフラの材料と、来季減配含みという強弱の材料が対立しているためと考えられるが、信用倍率も強弱感が対立して1倍以下となる「好取組」で、この手の銘柄は仕掛けやすい。

 

この銘柄では、上値を追わないで、大きな陰線が現れて、下押しが見られた時に買うのが、最適だ。下値では、信用の売りの買戻しがあるので、よほどのアクシデントでもない限り、株価の大暴落はないと予測できる。

 

似たような銘柄はいくらでもある。強弱感の対立から、株価の振幅の大きい銘柄を狙い、「下げたら買い、吹いたら売り」を繰り返すと、良い成果が得られるに違いない。

 

ただ「この銘柄が好きだ」と言っても、売買のタイミングが悪いと、利益が膨らむどころか、損切りの憂き目に遭うので、用心が大切である。

人気銘柄の「安値惚れ」は損する原因

癖の悪い銘柄というのもある。ここではソニー(6758)の週足を参考にしてみよう(図表2)。世界的な知名度抜群で、業績の好転が伝えられているのに、大半の銘柄が右肩上がりを買う相場の中で、ソニーのトレンドは下向きで、安値更新が目立つ。

 

チャート提供:「みんなの株式」(https://minkabu.jp)

[図表2]6758 ソニー チャート提供:「みんなの株式」(https://minkabu.jp)

 

業績が良いと言われているだけに、この銘柄を持つ人はあまり、嬉しくはないだろう。週足や月足を見る限りでは「そろそろかな」という気がしないわけではないが、実は「人気があり過ぎる」というのが負担になっている。

 

外国人の持ち株比率の高い東京市場の中で、その外国人に人気のあるソニー。信用倍率を見ると、極めて「買い長」。言うならば、「重過ぎる取り組み」である。

 

買いが多いというのは、「先高期待」が大きいということだが、それにしては、株価が冴えない。

 

そのために、信用の買い手は利益確定のチャンスが少なく、反対売買の期限が来ても、利益確定どころか、「損切り」を余儀なくされるのである。

 

いかに人気があり、暴落の心配がないとはいえ、買っても上げないどころか、ジワリと下げるこの手の銘柄には、手を出さないほうが得策だ。

トレンドが横ばいの銘柄は「押し目買い」が鉄則

銘柄の選び方によっては「イライラ」が募る場合があるので、要注意だ。例えば東京建物(8804)の日足を見ると、典型的なイライラの動きである(図表3)。

 

 チャート提供:「みんなの株式」(https://minkabu.jp)
[図表3]8804 東京建物チャート提供:「みんなの株式」(https://minkabu.jp)

 

1300円付近での長期の持ち合いがあり、小幅のトレードも考えられるが、うっかり飛びつき買いをすると、いくら待っても「含み益」にならない。

 

陰線と陽線が交互に出て、しかも、株価水準は横ばい。よほど注意して仕込まないと、利益確定ができない。

 

「陰線と陽線が横ばいで交じる」。この手のチャートの銘柄は、押したら買い、吹いたら売る、このサイクルを使わないとうまくいかない。

 

逆は絶対ダメである。うっかり、「吹き値で買う」過ちをやってしまうと、どうにも動きがとれなくなるからだ。トレンドが横ばいの銘柄には、本来手を出すべきではない。買うタイミングは、明らかに押し目が明確になった時、かつ業績が好転することが大前提である。上げの勢いに悪乗りすると、失敗する。

 

上げの翌日は下げかもしれない。この懸念を常に持ち、絶対に高値は追いかけない。あくまでも「押し目」で買う。出来高が増えて株価が上げていくと、つい飛び乗りたくなるが、その欲を封印する。この姿勢が株で勝つための鉄則である。

 

他人と同じ行動をしても、株の世界では、成功率が極めて低い。「買いたい…」こう思う時は、ひと呼吸し、冷静になることだ。後で涙しないために。

 

 

石井 勝利

経済評論家

 

 

 近日開催!注目のセミナー 

※ 【9/29開催】資産はあるけど活用方法にお悩みの方必見のオンラインセミナー!

 

※ 【10/2開催】「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

 

 9-10月開催のセミナー 

 

※ 【9/30開催】自己資金0円で始める!次世代のアパート経営「ROBOT HOUSE」の全貌

 

※ 【10/2開催】節税+利回り6.16%!新感覚「グランピングリゾート」

 

※ 【10/7開催】中小企業を救う「次期社長育成」緊急セミナー

 

※ 【10/13開催】次世代の医療~栄養状態に着目した診療ポイント【医師・歯科医師限定】

 

※ 【10/15開催】FC事業日本初!「eスポーツ」×「障がい者就労支援」ビジネスの全貌

 

※ 【10/16開催】大規模修繕で「資産価値」アップ!「信頼できる施工会社」の選び方

 

※ 【10/16開催】1棟アパート投資「利回り20%」「売却益2千万」を獲得!

 

※ 【10/22開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える税金対策・資産運用セミナー

 

※ 【10/23開催】最強の資産防衛術「都心・目黒×新築レジデンス×不動産小口化商品」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産家ドクターになる「不動産投資」講座

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

経済評論家

早稲田大学政治経済学部卒。1939生まれ。宇都宮工業高校から、高卒で文化放送に就職。働きながら夜学独力で大学を出た苦労人。政党機関紙の記者を23年勤めた後、住宅、金融等の著作、評論活動で独立。

明日香出版社では、『日本経済新聞を120%読みこなす法』『マンガ版 生まれてはじめて株をやる人の本』等で、10万部超のベストセラーを連発。最近は複数のペンネームで、デイトレ対応、チャートの読み方、5分足チャート、仕手株本などを手がけ、ヒットを飛ばす。投資生活45年超、著作は300を超え、安定したファンがある。

【Twitter】@kabu100rule

著者紹介

連載百戦錬磨の個人投資家が明かす「株の鬼100則」

株の鬼100則

株の鬼100則

石井 勝利

明日香出版

百戦錬磨の個人投資家が明かす、身銭を切ったものしか知らない「常勝法則」。 株価とは、教科書通りには動かないもの。だからこそ、それをどう見切り、どう売買すれば個人投資家が「勝てる」のかというノウハウは、経験の中…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!