株式投資「ゴールデンクロスは買いだ」と言われるところを「売り」でいく秘奥義

株式投資の勝率を高めるには、どうすれば良いのでしょうか。相場を完全に読み切ることは不可能です。だからこそ、株価チャートに出現する「シグナル」を見逃してはいけません。45年間市場と対峙してきた百戦錬磨の筆者が、的確に判断するための秘奥義を公開します。※本連載は石井勝利氏の著書『株の鬼100則』(明日香出版社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

勝率の高い投資家は、ゴールデンクロスで「売る」

株価の動きで「ゴールデンクロス」という「買いシグナル」がある。これにはいくつかの種類があるが、基本的なパターンは、右肩上がりの移動平均線を株価が下から上に突き抜けた形である。

 

これまでのトレンドに異変が起きて人気化するか、徐々に買われて、急激に株価が上げた時に現れる。そのため「ゴールデンクロスは買いだ」と言われている。なぜなら、クロスした時点で勢いがあるので、さらなる上値が期待できる、その可能性が高いと思われるからである。

 

しかし、あくまでも、確率のことだ。多くのシグナルを見てきたが、クロスしてさらに上値を目指す銘柄もあるが、その時点で「目標達成」とばかりに、反転下落する銘柄も少なくはない。

 

なぜそうなるのか。それは、すでに保有している人(特にファンドなど)は、クロスより前の、もっと株価が低い時点で「下値確認」して、多く仕込んでいるので、クロスの時点をむしろ利益確定のシグナルとして使うからだ。

 

大勢の人が「買い時だ」と考えるのに対して、先に買っていた人は、「売り時」と考えるのである。そこを真似たい。大勢の行動に合わせるのではなく、少数の行動をとる。株に勝つにはこれしかない。

 

「ゴールデンクロスで売る」。この投資家の勝利の確率は極めて高くなるはずである。皆と同じ行動で勝てるような相場ではなく、孤独の行動が株の必勝の考え方である。

 

チャート提供:「みんなの株式」(https://minkabu.jp)
[図表1]8113 ユニ・チャーム チャート提供:「みんなの株式」(https://minkabu.jp)

長いもみ合いの後の「強烈な上げ」で利益を上乗せ

株価が上に行くのか、それとも下なのか。これをテクニカルで的確に判断できれば、株式投資で利益を取るチャンスは格段に多くなるはずである。その判断のシグナルのひとつが「ネックライン抜け」というものだ。

 

これには、様々な形があるが、何回も上値に挑戦しつつも一定の上値に抑えられてきてた株価が、ある時、強烈に上に抜けると見られる。これは売りに対して明確に買いが上回り、需給関係では買い有利となり、上げ転換となったことを示す。

 

長いもみ合いの後の上げは、簡単には崩れないのが、一般的である。しつこく売りをしていた筋や弱気の利益確定の人の「売り玉」が途絶え、買いが勝っていて、誰もが「買い有利」と判断するので、株価の上昇の勢いが増していくというわけだ。

 

例えば、京阪神ビルディングは約1ヵ月の間、900円から930円の間で攻防が繰り広げられてきた後に、一気に1100円近くまで駆け上がった(図表2)。

 

チャート提供:「みんなの株式」(https://minkabu.jp)
[図表2]8818 京阪神ビルディング チャート提供:「みんなの株式」(https://minkabu.jp)

 

ただし、この勢いが無限に続くかは疑問だ。適度な利益で手仕舞いをしなければ、強烈な売り仕掛けが出てくる可能性があるので、注意が必要と言える。

 

持ち合い抜けの株価の勢いを活用して、うまく利益を上乗せできた時点でトレードは完了が賢明である。次の局面では違ったトレンド形成の可能性があるので、用心しなければならない。

よく出現する買いシグナル、「ダブル底」

株価の下落の後の「底値確認」のチャートには、様々なものがあるが、一番容易なのは、「ダブル底」だ。トリプル底もあるが、確率からすればダブル底、すなわち、下値での二度の底値確認からの反発のシグナルが手堅い。

 

これは日経225平均の「二番底確認」でも活用されていることもあるし、個別の銘柄の動きでも、「ダブル底からの反発」が買いシグナルとして活用される。皆がそう考えている時は、「ダブル底は買う」行動が出やすいので、それに乗るのが賢明と言える。

 

ディフェンシブ関連であり、インバウンド関連で人気の資生堂の日足を見て欲しい(図表3)。
 

チャート提供:「みんなの株式」(https://minkabu.jp)
[図表3]4911 資生堂 チャート提供:「みんなの株式」(https://minkabu.jp)

 

長期のだらだら下げの後に、6000円近辺で二度の底値を付けた後に、株価は陽線続きの強烈な上げを見せている。

 

この背景には、この銘柄特有の「売り残の増加」「信用倍率の好転」がある。6000円で底を付けて、7000円台回復となれば、流石に上げの加速も緩やかになるが、ダブル底のシグナルをうまく活用した人には、たまらない含み益のご褒美があるだろう。

 

似たような底値の付け方をする銘柄はいくらでもある。「底値買い、吹き値売り」を目指す人は大いに活用して欲しいシグナルである。しかもたまにしか出ないわけではなく、極めてポピュラーだ。

 

このようなチャートをできるだけ利用して、利益を得ることが、株式投資での成功の法則である。

 

 

石井 勝利

経済評論家

 

 

【8月開催のセミナー】

※ 【8/7開催】投資すべき国No.1「フィリピン」日本人向け永住ビザ最新情報

 

※ 【8/7開催】ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」の根拠

 

※ 【8/7開催】今世紀最大のチャンス「エジプト・新首都」不動産投資

 

※ 【8/8開催】実例にみる「高齢者・シニア向け賃貸住宅」成功のヒント

 

※ 【8/11開催】補助金「10割」!社会貢献と安定収益を両立「児童発達支援事業」

 

※ 【8/17開催】賃貸物件による「超減価償却節税商品」活用術

 

※ 【8/18開催】1事業所売上3,000万円強、利益1,000万円「児童発達支援事業」

 

※ 【8/20開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える、相続対策のノウハウ

 

※ 【8/21開催】今が変更前のラストチャンス!ポルトガル「ゴールデンビザ」

 

※ 【8/21開催】利回り20%/売却益2千万円を狙う「中古1棟アパート投資」

 

※ 【8/22開催】成長続ける教育「ECCの個別指導塾」ベストワンという選択

 

※ 【8/22開催】快適住空間と安定収益「賃貸併用住宅」ゆとり暮らし実現化計画

 

※ 【8/25開催】中小企業経営者必見!会社法を駆使した「株価対策」

 

※ 【8/28開催】国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ

 

※ 【8/28開催】利回り20%以上の投資能力が身に付く「ダイヤモンド空き家投資」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

経済評論家

早稲田大学政治経済学部卒。1939生まれ。宇都宮工業高校から、高卒で文化放送に就職。働きながら夜学独力で大学を出た苦労人。政党機関紙の記者を23年勤めた後、住宅、金融等の著作、評論活動で独立。

明日香出版社では、『日本経済新聞を120%読みこなす法』『マンガ版 生まれてはじめて株をやる人の本』等で、10万部超のベストセラーを連発。最近は複数のペンネームで、デイトレ対応、チャートの読み方、5分足チャート、仕手株本などを手がけ、ヒットを飛ばす。投資生活45年超、著作は300を超え、安定したファンがある。

【Twitter】@kabu100rule

著者紹介

連載百戦錬磨の個人投資家が明かす「株の鬼100則」

※本記事は特定の銘柄・取引を推奨するものではありません。取引に当たっては、自己責任でお願いします。
※売買で被られた損失に対し、著者・版元、幻冬舎グループは責任を負いません。

株の鬼100則

株の鬼100則

石井 勝利

明日香出版

百戦錬磨の個人投資家が明かす、身銭を切ったものしか知らない「常勝法則」。 株価とは、教科書通りには動かないもの。だからこそ、それをどう見切り、どう売買すれば個人投資家が「勝てる」のかというノウハウは、経験の中…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧