信託契約が「無効になるケース」「終了にしたいケース」の例

信託契約が無効となる場合の条件、また信託契約を終了させる際の対応について解説します。2020年の民法改正で従来とは変更された部分も多く、注意が必要です。本記事では、弁護士の伊庭潔氏が、民事信託について実務的な視点からわかりやすく解説します。※本記事は、『信託法からみた民事信託の手引き』(日本加除出版)より抜粋・再編集したものです。

[6/29(火)開催] 家族名義の預貯金、賃貸用タワーマンション…etc.
相続税の税務調査で修正申告に繋がった
「申告漏れ」「否認指摘」の実例とその事前防止策

信託契約が無効となる条件と、無効になった場合の影響

Q:信託契約が無効になる場合がありますか。無効になった場合、それまでの信託事務はどうなりますか。

 

 1:信託契約が無効になる場合 

 

信託契約が無効になる場合としては、契約時に委託者が当該信託契約を締結する意思能力を有しなかった場合(民法3条の2)、訴訟信託(信託法10条)や「専らその者(受託者)の利益を図る目的」でなされた信託(『信託法―現代民法 別巻』46頁〈有斐閣、2017年、道垣内弘人著〉。信託法2条1項参照)などが考えられます。

 

訴訟信託や純粋に受託者のための信託が設定されることはあまり考えられませんが、委託者の意思能力については注意が必要です。民事信託においては、委託者が高齢である場合が多いため、公証人による委託者の意思能力等の確認を経ることが適切であり、信託契約書は公正証書にすることが望ましいと考えられています。

 

なお、従前は、錯誤による無効ということもあり得ましたが、民法改正により、錯誤(民法95条)は取消事由となりました。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

 2:意思無能力による無効 

 

(1)改正民法の規定

 

新設された民法3条の2は、「法律行為の当事者が意思表示をした時に意思能力を有しなかったときは、その法律行為は、無効とする。」と定め、効果を取消しに変更することはせず、従前の解釈を明文化しました。意思能力の定義に関しては、法律行為ごとに弁識能力を考える立場と、「事理を弁識する能力」と定義して一般的な弁識能力を考える立場がありますが、この点は明文化されず、引き続き解釈に委ねられています(『実務解説改正債権法 第2版』4頁〈弘文堂、2020年、日本弁護士連合会編〉)。

 

また、無効な法律行為に基づく給付がなされた場合に関し、不当利得の規定(民法703条、704条)の特則として、無償行為に基づく善意の給付受領者や意思無能力者の返還義務を現受利益に限定する修正が定められました(民法121条の2第2項、3項)。

 

(2)信託事務への影響


信託契約が委託者の意思無能力により無効になった場合、受託者は委託者に対し、原状回復義務の履行として、信託契約締結に際して受領した当初信託財産を返還しなければなりません(民法121条の2第1項)。ただし、受託者が、給付を受けた当時、信託契約の無効に関して善意であれば、返還義務の範囲は、信託契約によって「現に利益を受けている限度」に留まります(民法121条の2第2項)。

 

また、信託契約が無効であれば、受託者は、受託者としての権利・義務を有していなかったことになります。

 

そして、受託者(でなかった者)が信託財産に関して行った法律行為は、信託財産管理者の選任後に前受託者がした法律行為の効力と同じく(信託法65条1項)、信託財産との関係においては、その効力を主張できなくなると考えられます。つまり、受託者(でなかった者)の信託事務は、信託財産との関係において無効であると考えられます。例えば、信託財産とされた不動産の処分が無効となります。

 

(3)信託口口座への影響

 

信託契約が無効であったとしても、信託口口座を開設する際、受託者(でない者)は自己の金銭を入金して口座を開設したので、預金契約自体に関し表示と内心に不一致はありません。

 

しかし、有効な信託契約を前提に、信託財産である金銭を入出金していたつもりが、実はそうではなかったとすれば、この動機の錯誤は、当該預金契約「の目的及び取引上の社会通念に照らして重要なものである(民法95条1項)」と考えられます。また、信託口口座の開設に当たっては、金融機関が信託契約書の内容を確認し、入出金される金銭が信託財産であるという認識を持ち、かつ、当該預金口座を信託事務以外に使用しない旨の特約が締結されるのが通例です。

 

したがって、有効な信託契約に基づき信託財産である金銭の入出金が行われるという事情が当該預金契約の基礎とされていることが表示されているとみられます(同条2項)。したがって、受託者(でなかった者)の錯誤が無重過失によるものであれば又は受託者(でなかった者)の錯誤が重過失によるものであっても、金融機関が同一の錯誤に陥っていたのであれば、当該預金契約の取消しをすることができると考えられます(同条2項、3 項)。ただし、善意無過失の第三者に取消しを対抗することはできません(同条4項)。

 

 3:委託者の対応 

 

(1)信託財産の返還請求等

 

信託契約が無効である場合、委託者には、受託者(でなかった者)に対し、原状回復義務の履行として、信託財産の返還請求権が認められます(民法121条の2)。また、前記のとおり、受託者(でなかった者)の信託事務は信託財産との関係では無効と考えられるので、受託者(でなかった者)の処分に基づき信託財産を保有している第三者に対し、その引渡しを請求できると考えられます。

 

(2)信託口口座の預金

 

仮に、受託者(でなかった者)と金融機関とのあいだの預金契約が錯誤により取消可能であったとしても、委託者は「瑕疵ある意思表示をした者」ではないため、受託者(でなかった者)の代理人若しくは承継人であるという事情がない限り、取消しの意思表示はできません(民法120条2項)。

 

とはいえ、預金契約が取り消されなくても、預金者である受託者(でなかった者)は、金融機関に対し、預金の支払請求権を有しています。したがって、委託者は、預金者である受託者(でなかった者)の預金支払請求権を差し押さえる又は債権者代位権に基づき代位行使することにより(民法423条)、信託口口座内の預金から支払いを受けることができると考えられます。

 

なお、金銭の所有権は、占有とともに移転するとされるので、信託口口座に預け入れられた金銭は受託者(でなかった者)の金銭であり、預金者は受託者(でなかった者)となります。そのため、そもそも委託者の金銭であった又は預金者は委託者であったとの主張は認められません。また、信託口口座から送金を受けた第三者に対しても、その金銭の引渡しを請求することはできません。

 

不動産オーナー必見!【6/10(木 )開催】WEBセミナー
基礎知識から複層化信託を活用した最新事例etc.
相続、資産承継の悩みを解決する「
民事信託」の具体的活用術

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

下北沢法律事務所 弁護士
中央大学研究開発機構 機構教授
日本弁護士連合会 日弁連信託センター
日弁連高齢者・障害者権利支援センター
ひまわり信託研究会

早稲田大学法学部卒。得意分野は民事信託と交通事故。主な著書に『信託法からみた民事信託の手引き』(日本加除出版)、『信託法からみた民事信託の実務と信託契約書例』(日本加除出版)、『パッとわかる 家族信託コンパクトブック-弁護士のための法務と税務』(第一法規)、『ヒアリングシートを活用した遺言書作成 聴取事項のチェックポイント』(新日本法規出版)などがある。

著者紹介

連載相続に強い弁護士の解説でしっかり分かる!民事信託の「正しい」活用法

信託法からみた民事信託の手引き

信託法からみた民事信託の手引き

伊庭 潔(編著)

日本加除出版

日弁連信託センター長を中心とした執筆陣による「正しい実務」に役立つQ&A121問を収録! ●好評図書『信託法からみた民事信託の実務と信託契約書例』(2017年3月刊日本加除出版)の姉妹本。分かりやすさと網羅性の2つを調和…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧