年金受給額に愕然…共働きと片働きで「1680万円」もの格差

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は、「共働きと片働きの公的年金受取額」に焦点をあてていきます。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

男女の賃金格差…男性100に対して女性は74.3

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』で男女別に賃金カーブをみると、男性は「50~54 歳」で 42万3700円、女性も「50~54 歳」で27万5800円でピークに。男性に比べ女性は 賃金カーブは緩やかで、平均勤続年数は、男性 13.8年、女性 9.8年と、4年ほどの差が生じています(図表1)。

 

出所:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』より作成
[図表1]男女別平均賃金の推移 出所:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』より作成

 

平均給与の男女格差は、平成元年(1989年)に男性100%に対し、女性は60.2%だったのが、平成12年(2000年)に65.5%、平成22年(2010年)には69.3%、令和元年(2019年)に 74.3%と、年々縮小しています。

 

【男女の賃金差の推移】

平成元年 60.2%
平成5年 61.6%
平成10年 63.9%
平成12年 65.5%
平成15年 66.8%
平成20年 67.8%
平成22年 69.3%
平成25年 71.3%
平成30年 73.3%
令和元年 74.3%

 

とはいえ、まだまだ男女で25ポイント近くの賃金差が存在しています。男女の賃金格差、その要因のひとつが結婚、その先の出産・育児にあります。男性の場合、結婚や出産を機に仕事を辞める、という選択をする人はほとんどいないでしょうが、女性の場合、働き方を見直すケースが多く、平均賃金に反映されているのです。

 

厚生労働省によると、平均初婚年齢は男性が31.2歳、女性が29.6歳。そして第1子誕生時の母親の平均年齢は30.7歳。夫婦は30歳前後に、共働きか、それとも片働きかの選択が生じます。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!