手取り16万円で日本人2千円、米国人4万円を寄付…その差は?

高齢化、少子化、貧困、教育……日本にはさまざまな社会問題が山積しています。その解決法として注目されているのが「寄付」「遺贈寄付」であり、その文化を広めることが課題となっています。一方で寄付大国と称されるアメリカ。そこにどのような違いがあるのでしょうか。公益財団法人 お金をまわそう基金の代表理事、澤上篤人氏が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

アメリカ…「寄付する人はする」の文化

しばしば米国は寄付大国で、それはキリスト教に由来するものだとかいわれる。だが、そうとも言い切れないのが、米国の寄付の現状である。

 

たしかに米国では、寄付するのを生活の一部として習慣化するよう、子どものうちから家庭で教育される。とはいえ、それは米国社会全般に共通の話というわけではない。米国でもある程度しっかりした家庭でこそ、叩き込まれるファミリー教育である。

 

米国は寄付大国というが、実態はそんなところである。米国人のすべてが寄付するわけでもなく、むしろ自分の贅沢に走ってやまない人たちのほうが多い。伝統的なアメリカンドリームも、たっぷり稼いで派手な生活を送りたいとする人たちの願望を、実に上手く表現している。

 

それでも、「寄付する人はする」し、その寄付も半端な金額ではない。それが米国の寄付の実情である。

 

ちなみに、よく寄付する人に尋ねてみよう、「あなたは、一体どのくらい寄付しますか」と。戻ってくる返答は、「これだけ寄付すると、ちょっとキツイと思うぐらいかな」とくる。

 

たとえば、手取りの給料が月16万円の人がいるとしよう。日本だと寄付にまわすとしても、せいぜい2,000円といったところが精一杯だろう。

 

ところが、米国では4万円近くを寄付してしまう人がゴロゴロしている。となると、その人たちは月12万円ほどで生活することになる。自分の贅沢は抑えてでも、寄付にまわして多くの人に喜んでもらいたいと考えるわけだ。凄いと思わないか。

 

この分かち合いの精神は、一体どこから来るのだろうか? それこそ、キリスト教に由来するものなのか? まさか、仏教でいうお布施の心が米国に伝わったものでもなかろう。

 

おそらく、一般的な教育とかを超えて、「社会生活を営んでいくうえで、そのファミリーが大事とする教育」といったものなんだろう。最近は米国社会の分断などとやたら騒がしいが、そういったファミリー教育をみるにつけ、良きアメリカの精神はまだまだ健全なんだと思えてくる。

 

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

公益財団法人 お金をまわそう基金 代表理事

https://okane-kikin.org/

株式会社さわかみホールディングス 代表取締役

1970年から74年までスイス・キャピタル・インターナショナルにてアナリスト兼ファンドアドバイザー。

その後、80年から96年までピクテ・ジャパン代表を務める。

96年にさわかみ投資顧問を設立し、99年には日本初の独立系投資信託会社である「さわかみ投信株式会社」を設立。販売会社を介さない直販にこだわり、長期保有型の本格派投信「さわかみファンド」を運営している。日本における長期運用のパイオニアとして熱い支持を集めている。

著者紹介

連載日本に山積する社会問題を知る

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧