台湾政府主導のマスク製造に「航空宇宙メーカー」の凄さ

こんな人材が日本にも欲しかった。オードリー・タン。2020年に全世界を襲った新型コロナウイルスの封じ込めに成功した台湾。その中心的な役割を担い、世界のメディアがいま、最も注目するデジタルテクノロジー界の異才が、コロナ対策成功の秘密、デジタルと民主主義、デジタルと教育、AIとイノベーション、そして日本へのメッセージを語る。本連載はオードリー・タン著『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』(プレジデント社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

デジタル空間はよりよくする試行錯誤ができる

未来をモデル化し、複数の方式を試行する

 

デジタルの特徴として挙げられるのは、デジタル空間が現実の空間とはまったく異なるということです。デジタル空間には、数多くの異なる可能性を共存させる方法があります。そうした観点から見れば、「次世代の可能性を勝者が決める」ということにはなりにくいと言えます。

 

たとえば、現実の世界では一つの空間に二つの異なる建物を配置することは難しいでしょう。どこの国でも同じようなものだと思いますが、台湾の国土計画では現実的かつ全体的な視点から、どこに何を建設するか、どの場所には何が必要かを考えます。

 

自分の好きなことだけを行って、それで済むのであればいいのですが、現実の社会は多くの人間がまるでハチの巣をつついたような中で生きています。そんな状況では、「自分の好きなことを行う」ということが全体に悪影響を及ぼすこともあり得ます。

 

オードリー・タン 台湾デジタル担当政務委員(閣僚)
オードリー・タン 台湾デジタル担当政務委員(閣僚)

世界の姿をそういう前提で見るとすると、デジタルには二つのメリットがあります。

 

一つは、企画段階で未来がどうなっているかをモデル化できるということです。「こうしたい」ということがあれば、「それをすると実際にどうなるか」がシミュレートできるわけです。その結果を見つつ、「それではここのやり方を修正しよう」ということも可能になります。これはデジタル化が有益であることをよく表しています。

 

二つ目のメリットは、デジタルのイノベーションと同等に重要なのですが、デジタル化の段階は、「現実世界のロジックによって行われた結果よりも良くなる」ということです。ある結果が期待どおりでなかった場合、デジタルの方式であれば「ロジックを変えてみよう」「違うシステムでやってみよう」というように、違った方法を新たに選択することが可能です。それで再試行すれば、もしかするとより良い結果が出るかもしれないわけです。

 

「他にもまだいろいろな方法がある。試してみたい」という声が上がってきた場合、それをリアルな空間で実行するには、いろいろなハードルが出てきます。しかし、デジタル空間であれば、比較的簡単に試してみることができます。そういう点で、デジタル化やデジタル・イノベーションにはメリットがあると思うのです。

 

デジタル化とデジタル・イノベーションは、この社会にすでに存在している処理の方式や組織の価値観を増加させたり強めたりするものです。だからこそ、先ほどから言っている「持続可能な発展」「イノベーション」「インクルージョン」といった価値観を先に植えつけることが大切なのです。なぜなら、これらの価値観が不安定であれば、デジタル・イノベーションがおかしな方向へ進んでしまうことになりかねないからです。

 

たとえば、自由かつ民主主義を信奉している人にとって、全体主義はマイナスなものだと思えるでしょう。反対に、独裁主義を信仰している人からすれば、言論の自由はマイナスに見えるでしょう。ある物事がプラスなのかマイナスなのかは、誰に聞くかによって変わってくるのです。

 

全体主義のもとでデジタル化してイノベーションを起こし、顔認証で一度に何千万人もの人間のデータを確保することも可能ですが、その目的は民主主義が求めているものとはまったく違うものになるでしょう。ですから、「デジタル化」や「デジタル・イノベーション」というくくりで、民主主義と全体主義を一律に論ずることはできないのです。

 

私たちはその点を見誤らないようにするためにも、最初に「持続可能な発展」「イノベーション」「インクルージョン」という三つの旗を掲げて、向かうべき方向についての共通認識を持つ必要があるのです。

台湾デジタル担当政務委員(閣僚)

1981年台湾台北市生まれ。幼い頃からコンピュータに興味を示し、15歳で中学校を中退、プログラマーとしてスタートアップ企業数社を設立。19歳のとき、シリコンバレーでソフトウエア会社を起業。2005年、プログラミング言語「Perl6(現Raku)」開発への貢献で世界から注目。同年、トランスジェンダーであることを公表し、女性への性別移行を開始する(現在は「無性別」)。2014年、米アップルでデジタル顧問に就任、Siriなど高レベルの人工知能プロジェクトに加わる。2016年10月より、蔡英文政権において、35歳の史上最年少で行政院(内閣)に入閣、無任所閣僚の政務委員(デジタル担当)に登用され、部門を超えて行政や政治のデジタル化を主導する役割を担っている。2020年新型コロナウイルス禍においてマスク在庫管理システムを構築、台湾での感染拡大防止に大きな貢献を果たす。

著者紹介

連載「政治を、経済を、未来を変える」デジタルとAIの未来を語ろう

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る

オードリー・タン

プレジデント社

2020年に全世界を襲った新型コロナウイルス(COVID‐19)の封じ込めに、成功した台湾。その中心的な役割を担い、2020年新型コロナウイルス禍においてマスク在庫管理システムを構築、台湾での感染拡大防止に大きな貢献を果たす。…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧