税務調査官「数が合わない」父親のコレクション…衝撃の行方!

親が生きているうちに子供のほうから積極的に相続の話はしにくいものです。しかし、親の財産をしっかり把握しておかないと大変なことになることがあります。この記事では税理士の大久保英吾氏が財産の把握が甘く、トラブルになってしまった事例について解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

割れた茶碗、黄ばんだ掛け軸・・・実は高価な骨董品!?

親がどういった資産を抱えているか、相続対策を考えていく上では知っておくべきです。
しかし、自宅のほかに不動産が3件、土地が2か所と、その数や所在だけを把握しているような場合、後に問題になることがあります。

 

たとえば、親がある土地について思い入れがあり、とても大切にしていたとします。それを聞かされていない子はそんなことを知らずに、相続税として物納してしまいました。後になって親戚から、「あの土地は実はもともとうちの一族の土地で、一度は手放してしまったものをあなたのお父さんが必死になって買い戻したのよ」などと聞かされたらどうでしょう。後味が悪く「他の土地にすればよかった」と後悔するでしょう。

 

建物で言えば、アスベスト(石綿)を使っていないかなども重要です。アスベストは肺がんなどの人体被害を起こす危険があります。撤去するにも費用が嵩かさむので、あらかじめ把握しておかなくてはなりません。

 

いわくつきの土地というのもあります。なぜかその土地を売買しようとすると不幸事が起きたり、自殺者が出たり、墓地があった場所だったり…。気になる場合は聞いたり調べたりして対処をしておきましょう。

 

不動産以外では、たとえば骨董品があります。親が骨董品を集めるのが趣味で、子はまったく興味がないという場合も、よく聞いておいてください。素人目にはただの割れた茶碗、黄ばんだ掛け軸にしか見えないものが、非常に高額だったりします。「ただの安物」のはずが「実はウン百万、ウン千万でした」となると、相続財産が膨れ上がって相続税にはね返ってきてしまいます。親には骨董品の真贋やいわれなどは聞いておくべきです。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

骨董品では、こういった事例がありました。あるクライアントの父親に、大変な骨董品の収集家がいました。価値のある品がたくさんあったのですが、母親もクライアントであるご子息もまったく興味がありませんでした。

 

父親は、「どうせ俺が死んだら、妻も子も価値も分からず売ってしまうのだろう。たぶん安く買い叩かれて終わりだ」と思い、趣味の合う骨董仲間にコレクションのいくつかをあげてしまっていたのです。それは父親が1人でしたことで、母親やクライアントは当然知りませんでした。

 

父親が亡くなり相続が発生すると、税務調査が入り、そこでコレクションの数と購入記録が合わないことを指摘されたのです。母親は「たぶん人にあげたか売ったかしたと思うのですが……」と答えますが、人に譲った証拠も売った証拠も提示することはできません。税務職員は「財産隠しをしているのでは」と疑いの目で見てきます。

 

たまたま私が生前に、この父親から誰に渡したかを聞いていたため、難を逃れましたが、誰も知らなければ追加で相続税を支払わなくてはいけなかったでしょう。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

税理士法人大久保会計 税理士

1974年埼玉県熊谷市生まれ。一橋大学経済学部卒。税理士。これまでに扱った相続案件は事務所として数千件を超え、相続人の立場を考えた相続税対策にノウハウと実績がある。自身も、祖父が埼玉県行田市に60年以上前に開業し、現在は父親が代表社員をつとめる税理士法人大久保会計にて事業継承中。日本政策金融公庫認定農業経営アドバイザー。行田青年会議所会員(2014年現在)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

相続貧乏にならないために 子が知っておくべき50のこと

相続貧乏にならないために 子が知っておくべき50のこと

大久保 栄吾

幻冬舎メディアコンサルティング

額の大きな相続は、しっかり対策をとらないと相続税が大変。だからといって親が生きているうちから子が積極的に相続対策に関与することは「縁起でもない」ということで、なかなか難しい。 本書では親が生きているうちから、子…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!