大学病院の気鋭の勤務医が「親の介護問題」で退職を選んだ日

大学病院に勤務していたにもかかわらず、年老いた両親の介護のため父が経営する医院も承継し、外来と在宅医もこなすように…。躊躇することなく踏み切れたのは、幼いころから見ていた、患者に寄り添う父の背中があったからでした。「私でなければできないような診療を」との思いで、筆者が描いた今後の展望とは?

【無料】メルマガ登録はコチラ

血液内科の専門医として重症患者を診てきたが…

私は2008年の末に大学病院を辞め、父の医院での外来を始めましたが、翌年に新たに医院を建て、9月に移転。医院を開く際、看板に「血液内科」も掲げました。「内科・血液内科・緩和ケア内科」と三つを並べたのです。いまも決して多くはありませんが、当時「血液内科」を専門として挙げる開業医はほとんどいなかったのではないでしょうか。

 

私は国立病院と大学病院で長いあいだ、血液内科の専門医として重症患者さんを診てきました。末期がんの患者さんの治療に当たり、元気になって笑顔で退院する方を見送ることもあれば、ときには看取りまで行うこともありました。そのなかで得た知識や経験、私なりのノウハウもたくさんあります。

 

しかし、大病院で血液内科を専門としていた医師が開業しても、「血液内科」という看板を掲げることは、ほぼありません。というのも看板に「血液内科」を謳っても、多くは専門医としてできることが限られているからです。

 

開業医として外来で診る患者さんの大半は、風邪や高血圧、あるいは糖尿病の人たちです。もちろん、それらの病を治したり、患者さんの体調不良に関する相談に乗ったりすることはとても大切な仕事です。多くの人たちが日常生活をスムーズに送れるように手助けすることこそ、町の開業医の務めだろうと思うからです。

 

もし白血病やリンパ腫などの難病を抱えた患者さんが外来を訪れたとしても、相応の検査を施すための設備、治療のための設備も整っていないため、大学病院などを紹介して終わり、ということになってしまいます。

 

そうしたこともあり、開業医の看板には、ただ「内科」と記すケースがほとんどだったのです。

 

ただ、私としては「血液内科」の看板を掲げたいという強い思いがありました。血液内科医として多くの患者さんを診療し、治してきたという自負もあり、難病を抱えた患者さんが外来を訪れた際には、治療法の相談に乗ることができると考えたからです。

 

\ 注目セミナー/

40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則 4/24(土)開催

医療法人さの内科医院院長 

1994年に近畿大学医学部を卒業し、近畿大学医学部附属病院(現・近畿大学病院)第3内科(血液・腎臓・膠原病内科)で研修を行い、大学院を修了。

2001年に国立大阪病院(現・国立病院機構大阪医療センター)総合内科に勤務したのち、2007年から近畿大学医学部附属病院血液内科で講師を務める。2009年にさの内科医院を開業し現在に至る。

自身も一人で両親を介護で看取った経験があり、患者や介護に悩む家族の希望を第一に考えた治療方針を提案している。

著者紹介

連載48歳、独身・医師 在宅介護で親を看取る

48歳、独身・医師 在宅介護で親を看取る

48歳、独身・医師 在宅介護で親を看取る

佐野 徹明

幻冬舎メディアコンサルティング

開業医である父が突然倒れた。父の診療所を継ぎ、町の在宅医としてそして家では介護者として終末期の両親と向き合った7年間。一人で両親を介護し看取った医師による記録。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧