米雇用統計発表…雇用悪化で「米金利が低下」は本当なのか?

2月に入り、105円台後半まで上昇していた米ドル/円は、先週、一時104円半ばまで反落しました。FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は「米雇用統計発表後の米金利低下が主因だと考えられる。米景気との関係からすると、金利低下は一時的なもの」だと述べています。今回は吉田氏が、米金利の今後の展開について解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「2/15~2/21のFX投資戦略」のポイント

[ポイント]​

・先週、米ドル/円は一時104円半ばまで反落。米雇用統計発表後、米金利低下となったことが主因か。米金利は短期的な「上がり過ぎ」懸念が強く、最近の傾向として注目イベントの雇用統計発表後にその修正が入りやすかった。

・米景気との関係からすると、金利低下は一時的でトレンドは上昇の可能性。最近のパターンを参考にすると、今週中にも米金利上昇再開に向かう可能性あり。

 

今週中にも米金利上昇の可能性大…その理由とは?(画像はイメージです/PIXTA)
今週中にも米金利上昇再開の可能性大…その理由とは?(画像はイメージです/PIXTA)

「雇用統計発表後に米金利低下」の舞台裏

2月に入り105円台後半まで上昇した米ドル/円でしたが、先週は一時104円半ばまで反落しました(図表1参照)。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表1]米ドル/円と90日MA(2020年4月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

これは、金利差米ドル優位拡大が、105円以上の米ドル高に追随できなかったことが要因だと考えられます(図表2参照)。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表2]米ドル/円と日米金利差 (2020年12月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

米金利上昇は、2月5日の米雇用統計発表のタイミングで一旦頭打ちとなり、低下に転じていました(図表3参照)。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表3]米10年債利回りの推移(2020年10月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

問題はなぜ、米雇用統計発表の後から米金利が低下に転じたかということです。「雇用統計の結果が期待ほど強くなかったから」といった解説が多く見受けられましたが、果たしてそうなのでしょうか。

 

米長期金利、10年債利回りの90日MA(移動平均線)からのかい離率は、プラス30%近くまで拡大していました(図表4参照)。これは、経験的に米金利の短期的な「上がり過ぎ」懸念が強くなっていたことを示しています。その意味では、先週にかけて米金利が低下に転じたのは、「上がり過ぎ」の反動が入ったことが大きかったといえます。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表4]米10年債利回りの90日MAからのかい離率 (2010年~)出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

このところの米金利、10年債利回りの循環的ピークは、昨年11月10日、今年1月12日(図表3参照)、どちらも雇用統計発表の2営業日後に発生しています。そして今回は上述のように、雇用統計発表当日に米金利がピークアウトしました。これらの情報から、以下のような推測が可能です。

 

このところの米金利の急ピッチの上昇により、米金利は短期的には「上がり過ぎ」圏での推移が多くなっています。ただ、注目イベントである雇用統計の結果を受けて、一段と「上がり過ぎ」拡大に向かう可能性もあります。したがって、雇用統計の結果を受けても、「上がり過ぎ」拡大に向かわないことを見極め、「行き過ぎ」の修正が広がったことが考えられます。

米金利上昇と米ドル「売られ過ぎ」修正

では、米金利はさらに低下に向かうのでしょうか。米金利、とくに米10年債利回りからインフレ率を引いた米実質長期金利は、代表的な米景気指標であるISM製造業景況指数と基本的に高い相関関係が続いてきました(図表5参照)。まさに、「金利は景気で決まってきた」といえます。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表5]米実質金利とISM製造業景況指数 (2010年~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

そんなISM指数との関係からすると、米金利には大幅な上昇リスクがありそうです。これまでの両者の関係からすると、足元で1.2%程度の米10年債利回りは、2%以上へ大幅に上昇する可能性があるのです。米金利は短期的な「上がり過ぎ」修正をこなしながら、基本的には一段の上昇に向かう可能性が高いといえるでしょう。
 

ちなみに、昨年11月10日にピークアウトした米10年債利回りは、10日程度でボトムアウト、そして今年1月12日にピークアウトした米10年債利回りは、15日程度でボトムアウトしました。

 

「上がり過ぎ」修正に伴う米金利低下は10~15日程度で底打ち、上昇再開に向かうと考えれば、今回2月5日の米10年債利回りピークの10~15日後である今週中にも米金利低下は一巡し、上昇再開に向かう可能性があるのです。

 

ヘッジファンドなどの取引を反映しているCFTC統計の投機筋の米ドル・ポジションは、依然として大幅な売り越しが続いています(図表6参照)。その意味では、米ドルはかなり「売られ過ぎ」懸念が強い状況にあるのです。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表6]CFTC統計の投機筋の米ドル・ポジション (2017年~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

米ドルの金利低下はあくまで一時的に過ぎず、トレンドは基本的に上昇ということなら、米金利上昇などをきっかけに、「売られ過ぎ」の反動に伴い買い戻されやすいといった構図がこの先も続く可能性が高いといえます。

 

 

吉田 恒

マネックス証券

チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

 

 

 

※本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は筆者の個人的な見解を示したものであり、筆者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、筆者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

 

 

【6月開催のセミナー】

【6/17開催】「利回り44%」「投資資本利回り223%」超減価償却節税商品

 

【6/18開催】「児童発達支援事業」…1事業所売上3,000万円強利益1,000万円も!

 

【6/19開催】資産になる別荘…国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【6/19開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【6/19開催】中古1棟アパート投資利回り20%売却益2千万円を狙う

 

【6/24開催】日本一富裕層に詳しい税理士による「2021節税対策

 

【6/24開催】小規模保育園投資…初期投資1000万円、年間収益500万円

 

【6/25開催】最強の不動産投資ノウハウ…利回り20%以上の投資能力を身に着ける

 

【7/3開催】好評セミナー!日本人向け「フィリピン永住ビザ」2021年最新情報

 

【7/3開催】法人税も所得税もなし!ドバイ法人設立ビザ&不動産ビザ

 

【7/9開催】オーナー経営者・地主必見!新しい収益の柱ビル賃貸業」の可能性

 

【7/12開催】資産活用で実現「減らさない相続対策」の全容

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

マネックス証券  チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任し、国際金融に関する情報発信の分野で活躍。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なっている。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務めた。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

著者紹介

連載国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧