都道府県「がん検診」ランキング…部位別受診率の1位常連は?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回、焦点をあてるのは、「がん検診」日本人の死因第1位のがん。その予防にもつながる検診の状況を見ていきましょう。

都道府県別にみる「がん検診受診率」

世界保健機関(WHO)のがん専門家アンドレ・イルバウィ氏は、2020年にがんと診断された患者数は1930万人、がんが原因で死亡したのは1000万人と明らかにしました。新規がん患者で最も多いのが乳がんで、肺がん、大腸がんと続きます。ここで注目なのが、長らく新規がん患者第1位だった肺がんが2位となり、代わって乳がんが新規患者数で最も多いがんになったことです(ちなみに第3位は大腸がん)。

 

WHOでは、乳がんの主な要因は肥満だとしています。またイルバウィ氏は新型コロナウイルスのパンデミックによって、がんの治療が中断されていると強調しました。

 

ここ日本でも、新型コロナウイルス感染症を恐れて、密になる場所は避けたいと、がん検診の受診率は大幅に落ち込んでいるといわれています。

 

厚生労働省「人口動態統計月報年計(概数)の概況」によると、日本人の死因第1位はがん。全死亡者数の27.3%を占めています。また国立がん研究センターによると、死亡数が多いのは「肺がん」で、「大腸がん」「胃がん」「膵臓がん」「肝臓がん」と続きます。男女別に見ていくと、男性で最も多いのが「肺がん」で、女性で最も多いのが「大腸がん」です(関連記事:都道府県ランキング「がん死亡率」20年連続1位の意外な県は?)。

 

また生涯がんに罹患する確率は、男性で65.5%、女性で50.2%。全国民の半数以上が生涯で1度はがんを経験する計算です。

 

がんは遺伝する……といわれていますが、遺伝によるがんは5%程度で、食生活や喫煙、運動不足など、生活習慣が主原因ということが多いのが現状です。また医学の進歩はすさまじく、現在、約6割のがんは治るようになったといわれています。特に初期のがんは早期発見が有効。そこで重要なのががん検診です。

 

厚生労働省の「国民生活基礎調査」で、都道府県、がんの種類別に検診受診率を見ていくと、胃がんの検診受診率は全国平均39.0%。最も受診率が高いのが「山形県」で56.1%。「新潟県」「宮城県」「福島県」「山梨県」と続きます。一方、胃がんの検診受診率が最も低いのが「大阪府」で32.5%。「兵庫県」「山口県」「徳島県」「北海道」と続きます(図表1)

 

出所:厚生労働省「国民生活基礎調査」(2019年)より作成 ※40歳以上男女計/過去1年間
[図表1]都道府県別「胃がん検診受診率」上位10 出所:厚生労働省「国民生活基礎調査」(2019年)より作成
※40歳以上男女計/過去1年間

 

続いて「大腸がん」。検診受診率の全国平均は41.2%。最も受診率が高いのが「山形県」で56.0%。「宮城県」「山梨県」「新潟県」「青森県」と続きます。一方で最も受診率の低いのが「山口県」で32.9%。「徳島県」「和歌山県」「北海道」「福岡県」と続きます(図表2)

 

出所:厚生労働省「国民生活基礎調査」(2019年)より作成 ※40歳以上男女計/過去1年間
[図表2]都道府県別「大腸がん検診受診率」上位10 出所:厚生労働省「国民生活基礎調査」(2019年)より作成
※40歳以上男女計/過去1年間

 

「肺がん」の検診受診率の全国平均は45.8%。最も受診率が高いのが「山形県」で62.2%。「宮城県」「山梨県」「新潟県」「群馬県」と続きます。一方で最も受診率が低いのが「北海道」で37.8%。「大阪府」「京都府」「福岡県」「兵庫県」と続きます(図表3)

 

出所:厚生労働省「国民生活基礎調査」(2019年)より作成 ※40歳以上男女計/過去1年間
[図表3]都道府県別「肺がん検診受診率」上位10 出所:厚生労働省「国民生活基礎調査」(2019年)より作成
※40歳以上男女計/過去1年間

 

女性に多いがんも見ていきましょう。「乳がん」の検診受診率の全国平均は37.4%。最も受診率が高いのが「宮城県」で50.8%。「山梨県」「山形県」「千葉県」「沖縄県」と続きます。一方で最も受診率が低いのが「山口県」で26.8%。「長崎県」「北海道」「島根県」「和歌山県」と続きます(図表4)

 

出所:厚生労働省「国民生活基礎調査」(2019年)より作成 ※40歳以上女計/過去1年間
[図表4]都道府県別「乳がん検診受診率」上位10 出所:厚生労働省「国民生活基礎調査」(2019年)より作成
※40歳以上女計/過去1年間

 

さらに「子宮頸がん」の検診受診率は全国平均35.8%で、最も受診率が高いのが「山形県」で62.2%。「宮城県」「山梨県」「新潟県」「群馬県」と続きます。一方で最も受診率が低いのが「北海道」で37.8%。「大阪府」「京都府」「福岡県」「兵庫県」と続きます(図表5)

 

出所:厚生労働省「国民生活基礎調査」(2019年)より作成 ※40歳以上女計/過去1年間
[図表5]都道府県別「子宮頸がん検診受診率」上位10 出所:厚生労働省「国民生活基礎調査」(2019年)より作成
※40歳以上女計/過去1年間

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧