日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回、焦点をあてるのは「がんの死亡率」。日本人の死因トップのがんを深堀していきます。

20年のがん死亡率の推移…トップを維持する県は?

日本人の死因、第1位となるがんですが、そこには地域差があります。みていきましょう。

 

まずすべてのがんを対象に、過去20年の死亡率(人口10万人当たり)を都道府県ごとにみていきます。

 

2019年、がんの死亡率(75歳未満年齢調整死亡率)が最も低かったのが「長野県」。死亡率は人口10万人当たり58.9。続いて「滋賀県」「福井県」「奈良県」「三重県」と続きます(図表2)

 

出所:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)より作成
[図表2]1999~2019年都道府県別「がん死亡率」の推移 出所:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)より作成

 

10年さかのぼり、2009年。この年、がんの死亡率が最も低かったのが「長野県」。続いて「山梨県」「福井県」「三重県」「香川県」と続きます。

 

さらに10年さかのぼり、1999年。ノストラダムスの大予言は果たして……と騒がれたこの年、がんの死亡率が最も低かったのが、やはり「長野県」。「沖縄県」「熊本県」「香川県」「福井県」と続きます。

 

この20年、常にトップの「長野県」のほか、ベスト10常連といえるのが「福井県」「山梨県」「岡山県」です。

 

一方、1999年に第2位だった「沖縄県」は、2019年は第41位。大きく順位を下げました。また2019年に4位の「奈良県」、6位の「石川県」、7位の「富山県」は、1999年はそれぞれ28位、26位、24位。この20年で大きく順位を上げています。ただし数値自体、この20年で改善の方向に向かっており、順位の変動はあくまでも相対的なものです。

 

続いて、主要ながんについて死亡率をみていきましょう。

 

まず死亡数第5位の肝臓がん。最も死亡率が低いのが「新潟県」。一方で死亡率が高いのが「愛媛県」です(図表3)。そして死亡数第4位の「膵臓がん」は、前出の通り、5年生存率が低いがんのひとつ。最も死亡率が低いのが「鳥取県」。一方で死亡率が高いのが「青森県」です(図表4)

 

出所:	国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)より作成
[図表3]都道府県別「肝臓がん死亡率」上位10 出所: 国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)より作成
出所」:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)より作成
[図表4]都道府県別「膵臓がん死亡率」上位10 出所」:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)より作成

 

死亡数第3位の「大腸がん」。最も死亡率が低いのが「石川県」。「大分県」「奈良県」「滋賀県」「福井県」と続きます。一方で死亡率が高いのが「青森県」。「岩手県」「沖縄県」「秋田県」「長崎県」と続きます(図表5)

 

出所」:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)より作成
[図表5]都道府県別「大腸がん死亡率」上位10 出所」:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)より作成

 

死亡数第2位の「胃がん」で最も死亡率が低いのは「熊本県」。続いて「沖縄県」「大分県」「長野県」「鹿児島県」と続きます。一方で死亡率が高いのが「秋田県」。「鳥取県」「和歌山県」「青森県」「愛媛県」と続きます(図表6)

 

出所」:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)より作成
[図表6]都道府県別「胃がん死亡率」上位10 出所」:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)より作成

 

そして死亡数第1位の「肺がん」。最も死亡率が低いのが「長野県」。「大分県」「山梨県」「富山県」「滋賀県」と続きます。一方で死亡率が高いのが「鳥取県」。「青森県」「北海道」「和歌山県」「大阪府」と続きます(図表7)

 

出所」:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)より作成
[図表7]都道府県別「肺がん死亡率」上位10 出所」:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計)より作成

 

がんの死亡率が最も低い「長野県」や第2位の「滋賀県」は平均寿命の長い県としても知られているので、この結果には納得ではないでしょうか(関連記事:『都道府県ランキング「長生きできる」ご長寿県はどこだ?』)。またがんのなかには生活習慣と密接に関わるものもあります。たとえば喫煙。「肺がん」の死亡率で45位の「北海道」は喫煙率の高い地域で、因果関係を垣間見られる結果です(図表8)

 

出所:厚生労働省「令和元年国民生活基礎調査」より作成
[図表8]都道府県別「毎日喫煙している人」上位10 出所:厚生労働省「令和元年国民生活基礎調査」より作成

 

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■月22万円もらえるはずが…65歳・元会社員夫婦「年金ルール」知らず、想定外の年金減額「何かの間違いでは?」

 

■「もはや無法地帯」2億円・港区の超高級タワマンで起きている異変…世帯年収2000万円の男性が〈豊洲タワマンからの転居〉を大後悔するワケ

 

■「NISAで1,300万円消えた…。」銀行員のアドバイスで、退職金運用を始めた“年金25万円の60代夫婦”…年金に上乗せでゆとりの老後のはずが、一転、破産危機【FPが解説】

 

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧