全国「平均年収」調査…2000年は408万円、最近の給与額は?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回、焦点をあてるのは「会社員の給与」。新成人が生まれた2000年代、どのように推移していったのでしょうか。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

寄付について知りたい→「寄付・遺贈寄付特集」を見る>>>

20年間で会社員の給与は増えた、それとも減った?

激動の2000年でしたが、国税庁「民間給与実態統計調査」によると、給与所得者の平均給与額は408万2000円。その後の平均給与は減少トレンドで、リーマンショック後の2009年には350万2000円。10年間で50万円も給与が減るという、会社員にはつらい時期でした。

 

その後、アベノミクスの効果もあり、給与は回復傾向に。2019年には387万9000円までに戻りましたが、新成人が生まれた2000年の水準までにはなっていません(図表1)

 

出所:国税庁「民間給与実態統計調査」より作成
[図表1]給与所得者の平均給与の推移 出所:国税庁「民間給与実態統計調査」より作成

 

もう少し給与の変化をみていきましょう。事業所の規模別にみていくと、2000年、10人以上の企業の平均給与は363万8000円、100人以上で410万7000円、1000人以上で498万4000円、5000人以上で519万円。10人以上の事業所と、5000人以上の事業所では155万2000円の差が生じていました。

 

そして昨年、2019年。10人以上の企業の平均給与は358万9000円、100人以上で377万円、1000人以上で431万8000円、5000人以上で410万7000円。10人以上の事業所と5000人以上の事業所には51万8000円の給与差と、大企業のほうが優位なものの、その差は100万円近く縮まっています(図表2)

 

出所:国税庁「民間給与実態統計調査」より作成
[図表2]事業所規模別平均給与の推移 出所:国税庁「民間給与実態統計調査」より作成

 

男女(1年勤続者)で給与の推移をみていきましょう。2000年、男性の平均給与は566万5000円。一方女性は280万円と、286万5000円もの差がありました。

 

その後、2019年。男性の平均給与は539万7000円、女性は295万5000円と、その差は244万2000円と、40万円ほど縮まりました。しかし依然として男女の給与差は大きいままです(図表3)

 

出所:国税庁「民間給与実態統計調査」より作成
[図表1]男女(1年勤務者)別平均給与の推移 出所:国税庁「民間給与実態統計調査」より作成

 

役員クラスの給与についてもみていきましょう。2000年、役員の給与平均は681万2000円。資本金2000万円以上の株式会社で847万2000円、1億円以上で1200万2000円、10億円以上で1415万8000円でした。

 

それから20年後の2019年。役員の給与平均は654万5000円と30万円近くダウン。資本金2000万円以上の株式会社で832万2000円とダウンしていますが、1億円以上では1279万円、10億円以上で1598万5000円。大企業では役員クラスの給与はアップしています(図表4)

 

出所:国税庁「民間給与実態統計調査」より作成
[図表4]資本金別役員平均給与の推移 出所:国税庁「民間給与実態統計調査」より作成

 

この20年間を振り返ると、平均給与は2000年の水準には戻っておらず、回復傾向にあったところに、新型コロナウイルス……。平均給与は再び下降トレンドに向かっています。厚生労働省による「毎月勤労統計調査」によると、昨年4月以来、現金給与総額が前年比マイナスを記録しています(図表5)

 

出所:厚生労働省「毎月勤労統計調査」より作成
[図表5]現金給与総額の推移 出所:厚生労働省「毎月勤労統計調査」より作成

 

「会社員の給料、ぜんぜん増えてないし……」と、これから社会に羽ばたいていいく新成人にとっては、少々げんなりする話かもしれません。厳しい現実を前に、早め早めの資産形成が必須の時代といえるでしょう。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧