人生最大の借金「住宅ローン」頼りない不動産業者に頼むと…?

人生の大イベントであるマイホームの購入。しかし、こだわって選んだはずなのに「失敗してしまった…」と感じる人も少なくありません。本記事では、マイホーム購入の際に重要な「不動産業者」の選び方について、住宅ローンの知識など選択基準を具体的に紹介します。※ 本記事は、2018年1月22日刊行の書籍『絶対得する!初めての一戸建て購入マニュアル』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「敷金0円」「礼金0円」の真実

一口に不動産業者といっても、その種類はさまざまです。賃貸物件の仲介をしている「賃貸の仲介業者」もいれば、新築物件の販売をしている「販売代理業者」もいますし、土地の仕入れから建築、販売まで行っている「デベロッパー(開発業者)」などもいます。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

そのうち、特に新築一戸建ての購入を検討している場合であれば、賃貸を担当する業者と売買を担当する業者がいると認識しておけばいいでしょう。そのなかでも売買には、自ら販売している業者と代理や、仲介で販売している業者がいます。

 

ほかに、施工や工事に関係する業者もいます。例えば、建物を建築する「施工業者」や物件を管理する「管理業者」、あるいは「リフォーム業者」「水道業者」「電気業者」なども一戸建ての購入前後で関わることがあるかもしれません。

 

このようにさまざまな種類がある不動産会社ですが、実は、その多くは賃貸の仲介業を行っています。よく駅前などで「月○万円」「敷金0円」「礼金0円」等の張り紙を目にする不動産業者などは、ほとんど賃貸の仲介業を行っている業者であると考えて間違いありません。アパートやマンションを借りるとき、お世話になったことがある人も多いのではないでしょうか。

 

賃貸の仲介を行う業者の中には、土地や建物の売買も行っている業者がいます。ですので、それらを明確に分けることに意味はありません。そうではなく、不動産に関するどのような業務を専門的に行っている業者なのかを、個別に理解することが大切です。

 

店舗に足を運んでみれば分かりますが、窓や看板に物件情報を貼り出している業者が多いかと思います。その中に賃貸しかなければ賃貸メインの仲介業者ですし、売買もあれば売買も仲介する業者ということになります。目的に応じて使い分けることが大切です。

 

ちょっと特殊ではありますが、「貸主」としての不動産業者もあります。貸主とは、物件を貸すことを目的にしている業者のことです。具体的には、不動産業者が自ら土地を買い、賃貸業者を介して貸し出すというものです。

株式会社四つ葉企画 代表取締役

1975年生まれ。群馬県出身。株式会社四つ葉企画代表取締役。
不動産業および建築業に20年以上従事し、お客様への購入・売却サポート実績は500件を超える。
お客様のライフスタイルに合わせた物件の提案を得意とし、リフォームなどアフターサービスも含めたトータルサポートを行っている。
モットーは「サービスの先にある幸福と感動のご提供」

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

絶対得する! 初めての一戸建て購入マニュアル

絶対得する! 初めての一戸建て購入マニュアル

久水 陽介

幻冬舎メディアコンサルティング

立地選びの基本から、お得なローン、不動産会社の裏事情、営業マンの仕掛けるワナまで生涯一度の買い物で後悔しないための必読の書。 一戸建ての購入は、多くの人にとって人生で一度の大イベント。 ところが、実際に家を買っ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧