いよいよ今週末【8/7(土)開催】大人気セミナー「フィリピン永住権」取得術…さらに株式・不動産など最新投資機会を一挙紹介

都道府県別ランキング…最も「ボランティア」に熱心な県は?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は焦点を当てるのは「ボランティア」。ボランティア活動をしている人の傾向は? ボランティア活動に熱心な都道府県は? いろいろな角度からみていきましょう。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

寄付について知りたい→「寄付・遺贈寄付特集」を見る>>>

東日本大震災…6割もの人がボランティア活動を行った

近年自然災害によって甚大な被害が生じた際に「ボランティア」というワードをよく耳にするようになりました。2018年には行方不明児発見によって、一躍ときの人になった尾畠春夫氏が「スーパーボランティア」と呼ばれ、流行語になったのは記憶に新しいでしょう。

 

尾畠氏がボランティア活動に従事するようになったのが、東日本大震災。被害は甚大なものでしたが、昔からあったボランティア活動が、より身近なものになった契機になったといえるでしょう。

 

東日本大震災では、多くの国民が支援活動に参加しました。内閣府「東日本大震災における共助による支援活動に関する調査報告書」では、全国3,000人を対象にアンケート調査を行っていますが、震災時、ボランティア活動を行ったかの問いに対して、約6割が「義援金の提供」や「被災地品の購入」「物資の援助」など、「ボランティア活動を行った」と回答。さらに、支援を行った人の約3割が、震災発生後1週間以内に支援活動を始め、また発生月の2011年3月以内に活動を開始したという人は、53%にも及んでいます。

 

支援の想いがカタチになるボランティア(※画像はイメージです/PIXTA)
支援の想いがカタチになるボランティア(※画像はイメージです/PIXTA)

 

また支援活動を行った動機として「被災地の約に立ちたいと思ったから」という人が7割に及び、強い意志を持って自発的に活動した人が多かったことは、特筆すべきでしょう。

 

そもそもボランティアという言葉の起源はラテン語で、17世紀にイギリスで広がったといわれています。日本では高度成長期ごろに辞書に追加された新しい言葉であるため、「そもそもボランティアとは?」と議論されることがあります。

 

ちなみに厚生労働省では、ボランティアについて下記の通り言及しています。

 

ボランティアについて明確な定義を行うことは難しいが、一般的には「自発的な意志に基づき他人や社会に貢献する行為」を指してボランティア活動と言われており、活動の性格として、「自主性(主体性)」、 「社会性(連帯性)」、「無償性(無給性)」等があげられる。

 

アンケート調査をみる限り、ボランティアという言葉、そしてその意味は、一般にも十分に根付いているといえるでしょう。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧