都道府県別「高齢化」ランキング…2045年、50%超えの県は?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は焦点を当てるのは「高齢化率」と「介護負担」。現状を、都道府県別にみていきます。

現役世代1.3人で1人の高齢者を支える未来

日本の総人口は、2019年10月時点で1億2,617万人。そのうち65歳以上人口は、3,589万人と高齢化率(総人口に対し65歳以上が占める割合)は28.4%となりました。

 

世界の中でも高齢化のスピードが速い日本(※画像はイメージです/PIXTA)
世界の中でも高齢化のスピードが速い日本(※画像はイメージです/PIXTA)

 

65歳以上人口は「団塊世代」が65歳以上となった2015年に3,387万人となり、さらに「団塊世代」が75歳以上となる2025年には3,677万人に達すると言われています。65歳以上人口は2042年に3,935万人とピークに達すると推測されていますが、総人口の減少率のほうが大きいため、高齢化率は上がり続けると言われています。2036年には3人に1人は65歳以上となり、2065年には38.4%と、日本人の2.6人に1人が65歳以上という社会が到来するのです。

 

戦後、1950年には12.1人の現役世代で1人の65歳以上の高齢者を支えていました。それから65年後の2015年には現役世代2.3人で1人の65歳以上の高齢者を支えています。その割合はさらに低下していき、2065年には現役世代1.3人で1人の65歳以上を支えるという、とてつもない社会なのです。

 

高齢化の状況を、家族単位、世帯単位でみていきましょう。

 

65歳以上がいる世帯は、2018年時点で2,492万7,000世帯。これは全世帯のうち、48.9%を占めます。さらに65歳以上の高齢者だけの単身世帯は増加傾向にあり、2015年には男性が192万世帯、女性が400万世帯にもなっています。

 

高齢化の状況を、地域別にみていきましょう。

 

47都道府県で最も高齢化率が高いのは「秋田県」で37.2%。「高知県」35.2%、「島根県」「山口県」34.3%、「徳島県」33.6%と続きます(図表1)

 

出所:総務省「人口推計」より作成
[図表1]都道府県別「2019年高齢化率」上位10 出所:総務省「人口推計」より作成

 

一方で最も低い「沖縄県」で22.2%。「東京都」23.1%、「愛知県」25.1%、「神奈川県」25.3%、「滋賀県」26.0%と続きます。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧