都道府県別「携帯電話料金」ランキング…1位は年間16万円も

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は、料金の大幅値下げで話題になっている「携帯電話料金」に焦点をあてていきます。

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

日本の携帯電話料金は高過ぎる!

12月3日、NTTドコモはデータ通信容量20ギガバイトの割安な新料金プラン「ahamo(アハモ)」を月額2980円(税別)で提供すると発表しました。

 

安くなったら、たくさん使えちゃう(※画像はイメージです/PIXTA)
安くなったら、たくさん使えちゃう(※画像はイメージです/PIXTA)

 

さかのぼること半年前の6月30日。当時菅官房長官は、日本の携帯大手3社の料金に対して「大幅な引き下げの余地がある」と指摘。さらに菅政権が発足してからは、たびたび料金の見直しについて言及。サブブランドの値下げでアピールするauやソフトバンクに対し、「メインブランドが下がらないと意味がない」と批判したことで、最大手のドコモはメインブランドの値下げに踏み切った、というカタチになりました。

 

12月9日現在、auの新プランに対して「期待外れ」の声がトレンド入りしています。元々新プランの発表を12月9日に行うとしていましたが、先にドコモがメインブランドで「ahamo(アハモ)」を発表してしまったことから、条件付きの割引に落胆が広がったのでしょう。

 

総務省は今年6月、東京などの6都市における、携帯電話(スマートフォン(MNO)、スマートフォン(MVNO)、フィーチャーフォン(MNO))、FTTH、固定電話の利用料金について比較調査を実施しました(電気通信サービスに係る内外価格差調査)。

 

それによると、スマートフォン(MNO)について最もユーザシェアの高い事業者(メインブランド)の料金プランで比較したところ、2GBと5GBではニューヨークに継ぐ2番目の高さ。20GBではニューヨークと僅差ではありますが、東京が最高額となっています(図表1)

 

出所:総務省「電気通信サービスに係る内外価格差調査」より作成
[図表1]携帯電話(MNO)料金国際比較 出所:総務省「電気通信サービスに係る内外価格差調査」より作成

 

続いてスマートフォン(MVNO)では、東京は各容量ともニューヨークに次いで2番目に高い料金となっています(図表2)

 

出所:総務省「電気通信サービスに係る内外価格差調査」より作成
[図表2]携帯電話(MVNO)料金国際比較 出所:総務省「電気通信サービスに係る内外価格差調査」より作成

 

このような結果から、冒頭の「日本の携帯料金は高すぎる!」という批判に繋がっていたわけです。

 

また総務省の「家計調査」(2019)で、携帯電話の通信料金を都道府県別にみていきましょう。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧