ネットにあふれる「発達障害チェックシート」は信用できるか?

本記事では精神保健福祉士・野坂きみ子氏の書籍『“発達障害かもしれない人”とともに働くこと』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「こころの問題」についてひも解いていきます。今回は、ネットに多く存在する「発達障害チェックシート」を過信すべきではない理由について見ていきます。

ASD・ADHDに多く見られる特徴

自閉症スペクトラム障害(以下、ASD)の特徴は、ほかの人との情緒的な関係を結ぶことが難しく、言葉だけではなく表情や雰囲気などを理解し共有しコミュニケーションすることが難しい、興味などが限られており強い愛着やこだわりを持つ、同じようなやり方や繰り返しにこだわる、周りの刺激に敏感であるなどがあげられます。

 

ほかの発達障害にも言えると思いますが、偏食や変化への適応が苦手であったりします。

 

注意欠如・多動性障害(以下、ADHD)の特徴は、その名が表しているように、注意することに障害があり、不注意で見逃したり忘れたりしますが、それに神経的な多動があるので、勉強や会議などでも注意がほかのところに行って集中できない、こちらが話しても聞いていない、逆にほかの人が話しているのに話し出すというようなことがあります。

 

子どもの場合は教室で席を立って動く、思い立ったらその場にそぐわないこともすぐしてしまうなどの行動が目立ちますが、大人になるとそれまでの経験や学習で少なくなります。

 

しかし仕事や課題を計画立てて行うことが難しい、優先順位を決められない、やらなければならないことを後回しにする、時間の管理が難しいなどの特徴として残っていきます(以前は注意欠陥多動性障害でしたが、注意欠如・多動性障害になりました。個人的な感想ですが、日本語的には欠陥は「欠けているところがある」という意味ですが、欠如は対象のものが「ない」という意味で、欠陥のほうがよいのではないかと思います。しかし語感的な変更なのだろうなと理解しています)。

発達障害をタイプ分けすることは容易だが…

実際、それぞれのタイプは、はっきりと特徴がわかる人もいればそうでもない人もいます。またASDとADHDを重複している人もいますし、先にあげたほかのタイプを重複している人などさまざまです。

 

タイプとして記載することは可能ですが、そのタイプがそのまま一人の人間なのではありません。その特徴が生活していく中で支障になっているので、理解しやすくアプローチしやすいように障害として分類されています。精神科医療における診断と分類です。

 

そして現在では、神経の発達としての発達障害も、ほかの身体や知的能力の発達のように、重い発達の障害から、発達の凸凹、得手不得手を経由し、一般的な状態まで、グラデーションのようになっているのではないかと考えられています。

 

得手不得手という点ではだれでも発達障害的です。病気や障害としての事実はありますが、その傾向ということもあります。決定論的には考えられない、複雑な流動的な現実も含んできます。

 

\\10/16(土)開催//
入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

精神保健福祉士

1958年、札幌生まれ。

大学卒業後、精神科病院、リハビリ病院、総合病院、一般病院と30年余り病院の医療福祉相談員として働く。その後3年間、ハローワークで障害者就労支援の仕事をする。現在メンタルクリニック勤務。

精神保健福祉士。北海道大学大学院社会システム科学博士後期課程中退。

著者紹介

連載“発達障害かもしれない人”とともに働くこと

“発達障害かもしれない人”とともに働くこと

“発達障害かもしれない人”とともに働くこと

野坂 きみ子

幻冬舎メディアコンサルティング

「接し方がわからない」「予想外の反応に戸惑う」ーー大人の発達障害に悩むのは本人だけじゃない。 長年、医療福祉相談員として働いてきた著者が語る、ともに向き合い、仕事をしていくうえで必要なこととは?

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧