[連載]“発達障害かもしれない人”とともに働くこと

「接し方がわからない」「予想外の反応に戸惑う」――大人の発達障害に悩むのは本人だけじゃない。

長年、医療福祉相談員として働いてきた著者が語る、ともに向き合い、仕事をしていくうえで必要なこととは?

本連載の著者紹介

精神保健福祉士

1958年、札幌生まれ。

大学卒業後、精神科病院、リハビリ病院、総合病院、一般病院と30年余り病院の医療福祉相談員として働く。その後3年間、ハローワークで障害者就労支援の仕事をする。現在メンタルクリニック勤務。

精神保健福祉士。北海道大学大学院社会システム科学博士後期課程中退。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧