鹿児島県を象徴する活火山、桜島…昔は名前通り「島」だった!

中学受験専門塾の著名講師が、難関中学入試に頻出する「地理」のポイントをわかりやすく解説! 軽妙な筆致で書かれた各県の魅力や特徴を読み進めれば、自然と知識が身につきます。本記事では、熊本県、宮崎県、鹿児島県を紹介。※本記事は、『合格する地理の授業 47都道府県編』(実務教育出版)から抜粋・再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

熊本県のゆるキャラ、くまモンの赤い頬は特産品の色!?

熊本県の豆知識

熊本県を代表する、ゆるキャラのくまモン。熊本県のPRに絶大な効果を発揮しています。お仕事は「熊本県営業部長兼しあわせ部長」、特技は「くまモン体操」です。くまモンのほっぺたが赤いのは、熊本県がトマトなど多くの“赤”に恵まれているからだそうです。ちなみに熊本県はトマトの生産量1位です。

 

 ●阿蘇山には世界最大級のカルデラがある 

 

では、熊本県を紹介していきましょう。まずは阿蘇山(あそさん)です。ここには、世界最大級のカルデラがあります。カルデラは火山活動によって、山の頂上部分がくぼんでしまったものです。そのカルデラの中では肉牛が放牧されています。牛肉の放牧ではないですよ。阿蘇は2013年には世界農業遺産に、2014年には世界ジオパークに登録されました。

 

▲世界最大級の阿蘇山のカルデラ (PIXTA)
▲世界最大級の阿蘇山のカルデラ (PIXTA)

 

 ●九州はIC工場が多いシリコンアイランド 

 

九州がシリコンアイランドと呼ばれるのは、九州にIC工場が多いからです。ICは集積回路(しゅうせきかいろ)のことで、電子部品です。

 

では、なぜIC工場が多いのでしょうか。答えは、空気も、水もきれいで、空港もあり、交通の便がいいからです。

 

九州には各県に空港があって、とても輸送しやすいのです。都心と比べて、土地と人件費が安いのも利点です。もちろん中国や東南アジアの国々と比べれば高いですけどね。

 

熊本県の南部には水俣(みなまた)市がありますね。四大公害病の1つである水俣病(みなまたびょう)が発生した場所です。原因物質は有機水銀(ゆうきすいぎん)でした。では、水俣病が、なかなか解決しなかった理由は何でしょうか?

 

▲熊本県
▲熊本県

 

これは知らないと答えられないでしょうが、国も企業も、すぐに責任を認めなかったからです。ここには化学肥料の工場があったのですが、水俣病が発覚した後も、工場は使われ続けました。なぜなら、工場をストップすることで、よくない物質を出している事実を認めてしまうことになるからです。

 

 ●熊本県はスイカとトマトで日本一の生産量をほこる 

 

では、熊本県の農業について解説していきましょう。

 

まず、トマト、スイカは、生産量日本一です。

 

くまモンの赤いほっぺは熊本県の“赤”の象徴と紹介しました。まさにトマトやスイカなどの赤を表しているのですね。

 

 ●八代平野は二毛作と球磨川が有名 

 

次に覚えておきたいのは八代(やつしろ)平野です。米といぐさ二毛作(にもうさく)が行われていることで有名です。いぐさは、たたみ表(おもて)の原料である工芸作物です。ほとんど熊本県で生産していますが、家でよく使われているたたみには、それほど熊本県産が多くありません。なぜでしょう? それは輸入しているからです。輸入したもののほうが安いのです。

 

八代平野には三大急流の1つである球磨(くま)川が流れています。八代海(やつしろかい)(不知火海〈しらぬいかい〉)に流れ込んでいます。

 

ちなみに、三大急流の残り2つは、富士川と最上川(もがみがわ)です。

 

最後に歴史でもたびたび登場する天草(あまくさ)を紹介しておきます。

 

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産にも登録されていますが、この天草は熊本県にあります。

 

長崎県の島原とセットで出てくることが多いのですが、県が違うことは知っておきましょう。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

中学受験専門塾ジーニアス 運営会社代表 

慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校し、運営会社の代表に就任。現在は東京・神奈川の6地区に校舎がある。

ジーニアスはハイレベルな少人数制指導塾として、1学年200人強から開成、麻布などの御三家各校、筑波大附属駒場、慶應中等部、早稲田実業、渋谷教育学園渋谷、ラ・サールなど超難関校に例年合格者を多数輩出しており、募集時には毎年満席になる校舎もある。また、家庭教師のトライの映像授業「Try IT」の社会科を担当し、高校受験生からの支持も厚い。

おもな著書に『合格する算数の授業 図形編・数の性質編』『合格する地理の授業 47都道府県編・日本の産業編』(実務教育出版)があり、ほめて伸ばすだけをよしとしない、タイプ別に子どもへの対応方法を変えるなど独自の子育て論にも注目が集まっている。

著者紹介

連載楽しく学べる!「中学受験・合格する地理の授業・47都道府県」九州地方編

合格する地理の授業 47都道府県編

合格する地理の授業 47都道府県編

松本 亘正

実務教育出版

毎年、たくさんの合格者を輩出する中学受験専門塾ジーニアスの授業を再現! 中学入試「社会・地理」の押さえどころが、おもしろいほど身につく。中高生の勉強や、大人の学び直しにも最適! 南北に長い日本の地域ごとの素顔が…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!