世間を大いに賑わせた米大統領選挙。「激戦州」という言葉も日本人に馴染み深くなりました。…とはいえ、具体的な州の名前を知らない人も多いのではないでしょうか。本記事では、国内外の不動産や海外進出のコンサルティング事業を手掛ける株式会社国際不動産エージェントの取締役・鈴木学氏がわかりやすく解説していきます。

相続税の「税務調査」の実態と対処方法
税務調査を録音することはできるか?

3/10(日)>>>WEBセミナー

米大統領選挙…世界が注目した「激戦州」の様相

日本を含む、全世界の国々に多大な影響を与える「超大国アメリカの選挙」。特に、日本時間の11月4日から7日前後にかけての数日間、「トランプ vs バイデン」の大統領選が大きな関心を集め、ネットの開票速報で寝不足になった方も多かったのでは?

 

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部
 

 

マスメディア各社の報道によれば、バイデン氏に当確が出て、順当にいけば来年1月20日に、第46代大統領に就任しそうです。11月20日現時点でトランプ氏は敗北宣言をしておらず、複数の州で法廷闘争を続けています。

 

アメリカの仕組み上、12月14日の選挙人投票によって大統領が決まります。その時点までトランプ敗北宣言の可能性は非常に低いと考えられます。

 

そこで今回はアメリカの大統領・上院・下院選挙における鍵を握る「激戦州」について解説します。

 

二大政党制の米国において、激戦州とは民主党と共和党の勢力が拮抗する州のことを指します。英語では“Swing State”と呼びますが、Swingとは「どちらに転ぶか分からない」という意味です。言うまでもなく、民主党、共和党いずれにとっても、激戦州は「勝たねばならない」重要な州であり、選挙のたびに多大な政治リソースが投下されます。また、どちらの党が政権を取っても、次の選挙に勝つための公共投資が進みやすい地域でもあります。

 

激戦州は、いくつあるのか? 私の理解では、アメリカ50州のうち、約10州が激戦州といえます。激戦州は、地域特性によって以下2つのグループに分かれます[図表1]。

 

1)アメリカ北東部~中西部の「ラストベルト5州」
ペンシルバニア州、オハイオ州、ミシガン州、ウィスコンシン州、アイオワ州

 

2)アメリカ南部の「サンベルト5州」
ノースカロライナ州、ジョージア州、フロリダ州、アリゾナ州、ネバダ州

 

[図表1]激戦州マップ
次ページ民主党の支持基盤だったが、2016年のトランプ勝利で

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ