コロナ滞納…豪州「家賃20%減額してくれ」に咄嗟の対応は?

「コロナ滞納」が問題化するなど、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の拡大によって深刻なダメージを受けている賃貸市場。「払えない…」という言葉を前に、オーナーはどのような態度で臨むべきでしょうか。本記事では、国内外の不動産や海外進出のコンサルティング事業を手掛ける株式会社国際不動産エージェントの取締役・鈴木学氏が、実際の事例をもとにわかりやすく解説していきます。

「コロナの影響で賃料払えない」オーストラリアの事情

「海外の物件で減額請求を受けたらどうする?」シリーズ。今回はオーストラリア編になります。

 

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が全世界で猛威をふるう昨今ですが、オーストラリアは、初動の早さや厳しい外出規制が功を奏し、現時点では被害を比較的軽く抑えることに成功しています。

 

とはいえ、「資源価格の下落」「国際観光のストップ」「中国との外交関係の悪化」など、さまざまな要因が絡み合い、経済的に大きな影響を受けていることも事実です。たくさんの人が職を失い、あるいは一時帰休させられ、家賃の支払いに支障が出ています。

 

同国最大の都市シドニーでは、3月20日からロックダウンが始まりました。外出禁止令によって人々が不自由な暮らしを強いられていたなか、4月9日、筆者の友人より相談がありました。保有している都心コンドミニアムの管理会社から「向こう3ヵ月間家賃を20%だけ減額してほしい、と入居者がリクエストしている」との連絡を受けたといいます。

 

結構良い家賃で賃貸しているとはいえ、オーナーにはローンの支払いも残っています。そこで、筆者が入れ知恵するかたちで管理会社を巻き込み、いくつかの選択肢を検討してみました。

 

① 家賃補償保険に加入する

 

② 入居者と条件交渉する(減額縮小 or 減額期間縮小 or 減額でなく猶予にする)

 

結論からいうと、①はダメでした。問い合わせた保険会社からの回答は、「20%減額した家賃をベースに計算し、それ以上の減額が発生すれば補償する」という内容だったので、オーナーは受け入れられませんでした。

 

②も検討しましたが、管理会社より、「入居者が失職証明書を出してくるので、20%減額は受け入れたほうが賢明です。その代わり、4ヵ月目には本来の家賃に戻しますから」という提案があったため、オーナーはその条件を呑みました。結果、入居者と合意書を結び、5月から20%減額した家賃を振り込んでもらっています。

 

世界各国の滞納対策事情
世界各国の滞納対策事情

 

[PR]本稿執筆者によるWEBセミナー開催(無料)! 
【12月2日(水)開催】国際不動産投資の先駆者たちによる
アメリカ大統領選挙「激戦州」まるごと比較

【1月21日(木)開催】2021年「海外不動産投資」×「国内不動産投資」
結局、どっちが良いの?<オーストラリア編>

 

 

「オーナー天国」のオーストラリア賃貸市場に変化が…

同国北部のクイーンズランド州では、新型コロナ影響下にあった4月下旬、おそらくオーストラリアで最も賃借人寄りな法案(Renter Protection Package)が審議されていました。その内容は、「オーナー天国」と呼ばれる同国の文化慣習からすると、驚くような内容でした。

 

たとえば、「賃借人が半永久的に家賃減額を請求できる権利」「賃貸契約の内容に関わらず、賃借人が1週間の事前通告で一方的に解約・退去できる権利」等々…。

 

しかし、そこは家主の権利の強いオーストラリア。不動産業界と組んで、「家賃減額請求の根拠となる条件(失職証明書等)を定め、減額の下限(25%等)や拒否権を設ける条項」「賃借人が一方的に解約・退去できる条項の削除」などを求めて機動力のある動きを展開、結局、同法案の成立を阻止しました※1

 

5月に入り、オーストラリア各州は経済再開に向けて動き出していますが、賃貸市場における新型コロナの影響は、エリアによって差があります。シドニー、メルボルンをはじめとした大都市の都心部では、空室率が3倍になったエリアも出ており、家賃減額請求が当分続きそうです※2。逆に、近郊の住宅地に行くと賃貸市場も底堅い印象です。

 

 

※1 https://mobile.abc.net.au/news/2020-04-17/coronavirus-queensland-renters-forced-prove-why-cant-pay-rent/12159102?pfmredir=sm&fbclid=IwAR0l-pit4bQDJRTO1HOmrg3P0-M5dpZtO385KC4ERSB1SL2w_Ph93iYJjd4  

 

※2 https://www.theage.com.au/national/victoria/inner-city-rental-vacancy-rate-nearly-triples-amid-covid-19-student-exodus-20200523-p54vri.html

 

 

鈴木 学

株式会社国際不動産エージェント

 

[PR]本稿執筆者によるWEBセミナー開催(無料)! 
【12月2日(水)開催】国際不動産投資の先駆者たちによる
アメリカ大統領選挙「激戦州」まるごと比較

【1月21日(木)開催】2021年「海外不動産投資」×「国内不動産投資」
結局、どっちが良いの?<オーストラリア編>

 

 

株式会社国際不動産エージェント 株式会社国際不動産エージェント 取締役
アジア太平洋大家の会 会長
海外不動産投資家

座右の銘は「大好きな不動産に嘘はつけない」世界7ヵ国で不動産投資・経営を実践する海外不動産おたくであり投資家。愛称は「Manachan」。

一橋大学卒業後、ITエンジニア・マネジャーとして、日本、豪州、中国、米国、インドの5ヵ国で勤務経験。

海外在住経験は8年間。2002年、豪州シドニーで不動産を買い賃貸に出し、日本から遠隔管理して自信をつけたことを皮切りに、現在では、日本、フィリピン、オーストラリア、米国、タイに、不動産を所有・経営するグローバル大家。海外不動産を知りたくて習得した言語は10ヵ国。特に、英語、中国語は、ネイティブレベルであり、語学力とITを駆使した物件遠隔管理ノウハウを活かして良い物件を仕込み中である。

日本語のほか、中国語ブログでも不動産情報を発信しており、中国や台湾にもファンが多数いる。会員2500名超の「アジア太平洋大家の会」主催セミナーのほか、全国賃貸住宅フェアや、全国のビジネススクールでの、海外不動産投資関連の講演、業界紙コラム執筆をこなし、多忙な日々を送る。国際不動産エージェントでは顧客対応も行うが、顧客の嗜好を熟知しているため海外不動産の仕込み責任者も務める。

著者紹介

連載国際不動産エージェント・鈴木学が本音で語る「国際不動産の実情」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧