実は認知症のタイプにより症状や経過が少しずつ異なり、経過も治療も予後も介護の仕方も違ってきます。正しい診断を受けているか判断するためにも、認知症についての知識を深めておく必要があります。今回は、医療法人翠清会・翠清会梶川病院、介護老人保健施設、地域包括支援センター会長の梶川博氏、医学博士である森惟明氏の共書『改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、認知症の検査方法について詳しく見ていきましょう。

井門式簡易認知機能スクリーニング検査:3分で検査可

3分間程度で検査できます。見当識、記銘、手指模倣、言語の流暢性、遅延再生の5項目の検査で、詳しくはウェブサイトで検索してください。12点満点、9点以下は軽度認知障害(MCI)の疑い、7点以下は認知症の疑いです。手指模倣を紹介いたします。

 

A.「私の真似をしてください」と言って、両手でキツネを作ってみせます。

 

B.次に、「次はこれです」とハトを作ってみせます。

 

A:キツネ(左右の手)。最初に作ったもので評価します。両手ともに正答=1点、片手のみ正答=0.5点、両手ともできない=0点。

 

B:ハト。自分の体の方に掌が向いているものを正解とします。迷わずできた=1点、試行錯誤しながらできた=0.5点、できない=0点。1点か0.5点か迷う場合は、1点としてください。

このテストがうまく行えないときにはレビー小体型認知症を疑う
[図表1]]キツネ・鳩テスト このテストがうまく行えないときにはレビー小体型認知症を疑う

家族が作った「認知症」早期発見の目安

「認知症」早期発見の目安は、公益社団法人認知症の人と家族の会の作製したものです。日常の暮らしの中で、認知症ではないかと思われる言動について、「家族の会」の会員の経験をまとめたもので、ウェブサイトで検索してください。

 

認知症の電話相談:0120-294-456
土・日・祝日を除く毎日午前10:00~午後3:00
全国どこからでも無料(携帯、PHSは不可)

 

認知症の人や家族、支援者によって構成された公益社団法人認知症の人と家族の会において、認知症の人への接し方や介護、家族の悩みなどに関する電話相談、家族同士の情報交換を行うことができます。

 

注意:本書で紹介している治療法等は、著者が臨床例をもとに執筆しております。万一、本書の記載内容により不測の事故等が生じた場合、著者、出版社はその責を負いかねますことをご了承ください。 また、本書に記載している薬剤等の選択・使用にあたっては、医師、薬剤師等の指導に基づき、適応、用量等は常にご確認ください。

 

 

※本記事は連載『改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法』を再構成したものです。

 

 

梶川 博
医療法人翠清会・翠清会梶川病院、介護老人保健施設、地域包括支援センター会長

 

森 惟明
医学博士

 

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法

    改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法

    梶川 博、森 惟明

    幻冬舎メディアコンサルティング

    「脳梗塞・認知症・運動器症候群」 三大疾患 徹底解説シリーズの改訂版! 三大疾患「脳梗塞・認知症・運動器症候群(ロコモ)」を治療・予防することで「寝たきり」と「認知機能低下」を防ぎ、高齢者が自立して健やかな老後…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ