読み聞かせのプロが推薦…「おもちゃ絵本・参加型絵本」6選

子どもの幼児期に「絵本の読み聞かせ」が良いと聞いたことはあっても、実際どのように効果があるのかについては、知らない方が少なくありません。本連載では、書籍『子供の脳を刺激し、将来の選択肢を増やす「七田式」究極の読み聞かせ』(幻冬舎メディアコンサルティング)より一部を抜粋し、「読み聞かせ」に最適な絵本を紹介します。

なぜ、今「児童発達支援事業」が求められているのか…
>>>>>>>>記事を読む<<<<<<<<

子どもが喜ぶ絵本の三要素は「音・光・動き」

赤ちゃん期など絵本デビューのころに選ぶものは、ストーリーはなくてもかまいません。最初の目的は「絵本は楽しい」という感情を持たせることだからです。ですから、絵本は「おもちゃみたいに楽しめるもの」という感覚を子どもに持たせることができれば成功です。

 

子どもが喜ぶおもちゃの3要素は、「音・光・動き」です。音がして、光って、動くものに小さい子どもは興味を示します。ですから、「しかけ絵本」「おもちゃ絵本」「ポップアップ絵本」などがいいでしょう。

 

しかけを動かすと鳥が鳴いたり、小さな電気が光ったり、目がキョロキョロ動いたり。次のページをめくると、大きな絵が広がるものなどもいいですね。

 

また、触覚を刺激する絵本も人気です。ひよこの絵が描いてあるところを触るとふわふわする、緑のワニを触るとゴツゴツするなど。この時期はおもちゃとの境があいまいでもかまいません。赤ちゃんが楽しければ、それでいいのです。

「オノマトペ」は子どもに喜ばれる

また、「オノマトペ」の本もオススメです。オノマトペとは擬音語や擬態語の総称です。擬音語は、ワンワン、ニャーニャーなど動物の鳴き声や、ゲラゲラ、エーンエーンなどの人の声を表したもの。擬態語は、キラキラ、ツルツルなどものの状態を表したり、ドキドキ、ワクワクなど人の気持ちを表したりする言葉です。これらの言葉をふんだんに使ったオノマトペ絵本は、音自体はしなくても、読むとリズムがあります。

 

「ころころ」「ぴょんぴょん」「もこもこ」の繰り返しなど、赤ちゃんはとても喜びます。

 

あるお母さんが「うちの子に何度も読まされているのはこの本です」と言って見せてくれたのは、最初から最後までただボールがころころと転がるだけの絵本でした。親にしてみると「ストーリーもない本なのになぜ?」と思うのですが、このように同じ音が繰り返される絵本が、赤ちゃんは楽しくてたまりません。読むときは赤ちゃんと一緒になって、言葉のリズムを楽しんでください。

時期によって、反応しやすい色が変わる

1~2カ月の子どもが集中してよく見るのは、白と黒の市松模様や、白地に黒丸などの模様です。本能的におっぱいにつながる色の明暗が、最初に認識できるようになるのかもしれません。

 

もう少し大きくなってくると、原色に反応するようになります。最初はコントラストの強い「赤、青、黄」の色の3原色。徐々に緑や紫なども見えるようになってきます。パステルカラーはもう少しあとになります。赤ちゃん絵本に原色のものが多いのはそのためです。

 

赤ちゃんは原色に反応しやすい
赤ちゃんは原色に反応しやすい(画像はイメージです/PIXTA)

 

触ったり、なめたりしても大丈夫なように、ボードブックになっているものも多いので、赤ちゃん用の絵本を選ぶ際の目安となります。

 

では、著者オススメのおもちゃ絵本・参加型絵本をご紹介します。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

株式会社しちだ・教育研究所代表取締役社長
七田式主宰

七田式の創始者七田 眞の次男。1963年島根県生まれ。東京理科大学理学部数学科卒業。2006年東久邇宮記念賞受賞。七田式教室は国内だけでなく、台湾、シンガポール、マレーシア、アメリカ、インドネシア、タイ、オーストラリア、香港、中国、カナダ、ベトナム、ラオス、ミャンマー、カンボジア、イギリス、ルーマニアなど世界に広がっている。

主な著書に
『忙しいママのための 七田式「自分で学ぶ子」の育て方』(幻冬舎メディアコンサルティング)、
『七田式 子どもの才能は親の口グセで引き出せる! 』『七田式頭が鋭くなる大人の算数ドリル』(ともに青春出版社)、
『できる子が育つ 七田式 親子あそび33』(徳間書店)、『お父さんのための子育ての教科書』(ダイヤモンド社)などがある。

著者紹介

連載子どもの脳を刺激し、将来の選択肢を増やす…「七田式」究極の読み聞かせ

子どもの脳を刺激し、将来の選択肢を増やす「七田式」究極の読み聞かせ

子どもの脳を刺激し、将来の選択肢を増やす「七田式」究極の読み聞かせ

七田 厚

幻冬舎メディアコンサルティング

どんな絵本を選べばいい? 何歳から始めて、何歳まで読んであげる? 感情は込める、込めない? 同じ本ばかり読んでも大丈夫? 読み聞かせる気になる疑問をまるっと解決。今を生き抜くために必要な能力を読み聞かせで育み…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!