ネズミ vs 駆除プロ男「サルより賢いわ…」クマネズミに仰天!

「駆除すべき対象としてしか見ていなかった生き物に対して、ネズミさんたちと呼びたくなるほどに親しみを感じている」「解き明かして得たネズミさんたちの習性が、今後のドブネズミ駆除に役立つのであれば、私にとってこれ以上喜ばしいことはない」――ネズミ捕獲のプロ・山﨑收一氏は書籍『捕獲具開発と驚くべきネズミの習性』(幻冬舎MC)で、そう語っています。

クマネズミを入れたらクマネズミが飛び出してきた!

【観察記録】クマネズミの場合~古民家のケース

 

新たに捕獲したクマネズミをケージに入れると、すぐにそれまで新聞紙の下にいた先住者が飛び出してきた。侵入者は入ってすぐに身を隠そうとする訳でなく、対峙してにらみ合うこともなく、逃げる一方である。この2匹のネズミは同じくらいの大きさで、むしろ先住者の方が小さく見えた。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

今、改めて写真を見直して撮影順に写真を並べてみると、先住者は追いかけるばかりではなく、最初は餌の前に居座って睨みを利かしていただけのようにも見える(写真1、2)。

 

[写真1]
[写真1]

 

[写真2]
[写真2]

 

しばらくして、先住者は、あきらめて動かなくなった侵入者の背後にまわりに前足をのせて、耳元でキーと鳴いた(写真3)。噛みつくことはしなかった。

 

[写真3]
[写真3]

 

先住者がこのような行為を数回行った後、 儀式が終わったかのように2匹とも新聞紙の下に潜り、二度と争うことはなかった。わずか数分のできごとである。

 

とんでもないことが目の前で起こっていると思ったので一緒にいた社員の一人に写真に撮るよう指示を出して8枚の写真として記録した(【おぉ…】ガチのクマネズミ、写真はこちら)。

 

先住者は興奮状態で新聞紙の下から飛び出たように感じた。驚きである。一連の行動の最中、そばで見ている人間はまったく無視されていた。大抵、人が近くにいるのを知っている場合、物陰に隠れたり、物音がしなくなるまで息を潜め、その存在を隠そうとしたりするはずである。

 

それが進んで飛び出してくるなんて、ネズミらしさのかけらもない。まずそのことに驚いたので、すぐさま撮影することにしたのだ。捕獲され自由を奪われていることと、明るい場所でずっと人間に見られ続けていることが、一連の行動の妨げになっていない。

 

侵入者は服従のポーズを取らされているように見えたし、先住者は目的を達したのち、我に返ったように侵入者と一緒に新聞紙の下に潜り込んだように見えた。たまたま記録することができた、とても貴重な写真だ。

 

 

NEW【最新セミナー情報】

“医師専門”の資産形成コンサルによる

勤務医だけのための投資セミナー~不動産投資~

他の情報とは違うと言い切れる理由があります。

理由はコチラ

1945年3月、大阪府豊能郡で生まれる。大阪市在住。 大阪府立大学農学部卒。 過去に出版経験なし。

著者紹介

連載捕獲具開発と驚くべきネズミの習性

捕獲具開発と驚くべきネズミの習性

捕獲具開発と驚くべきネズミの習性

山﨑 收一

幻冬舎メディアコンサルティング

ネズミにも感情がある!? 古くから人は、ネズミを捕獲するためにさまざまな仕掛けを考案してきた。しかしながらクマネズミだけは、そのいずれをもってしてもほとんど捕まえることができずにいる。それは何故なのか。新たな捕…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧