愛人・婚外子ありの資産家が書いた「非情な遺言書」の中身

先祖代々の資産家で、手広く事業を展開する名家の当主は、長らく一緒に生活していた愛人がいました。男の子が生まれて認知もしていますが、年齢を重ねて相続が現実的になってくると、さまざまな思いが胸をよぎります。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。

歴史ある造り酒屋の主が暮らした「もうひとつの家庭」

今回の相談者は、先祖代々造り酒屋を経営するY田さんです。Y田家の家業は天保時代創業という歴史あるもので、近江商人として地元で手堅く商売を継続しつつ、他県にも複数の商売拠点を保持しています。また、先々代からは日本全国に取引先を開拓するほか、ここ10年の間にはヨーロッパを中心とした海外の企業とも取引をスタートさせ、着実に事業拡大を進めてきました。

 

 

資産家の大地主の家柄であることから、地元はもちろん、他県での商売の拠点周辺地域でも、お寺や神社の総代を務めてきた実績があります。また、本家長男であるY田さんは家督相続の時代、家長として先代からの名前も踏襲し、財産も一手に相続しています。Y田さんの弟たち、いとこたちをはじめとする親族も、先祖代々の財産の恩恵で生活をしています。

 

Y田家は造り酒屋のほか、自動車販売会社も経営しています。地元を中心に何店舗も出店している中堅企業です。造り酒屋と自動車販売会社の実務は弟や甥に任せ、Y田さんは会長として諸々の商売を監督・取りまとめてきました。そのため、生活には時間的にも金銭的にも余裕があり、自分の子どもが幼いころからほとんど家に帰らず、愛人宅で生活していました。

 

愛人との間には長男と同い年の男の子も生まれており、認知したうえ、東京の有名私立大学を卒業させました。いまは大阪に本社のある大手企業で会社員をしています。

 

配偶者と嫡出子の待つ家には帰らず、愛人宅で過ごした
配偶者と嫡出子の待つ家にはほとんど帰らず、愛人宅で過ごしていた

 

Y田さんと配偶者との間に4人の子がいます。きょうだい構成は、長女・長男・次女・三女です。3人の娘たちは大学を卒業後すぐに嫁がせ、それぞれ子どもに恵まれました。しかし不幸なことに、長女は数年前交通事故で亡くなってしまいました。長女の代襲相続人は、残された3人の子どもたちです。長男はY田さんの弟(叔父)の下で会社経営の修行をしています。

 

●相続人関係図

遺言作成者:Y田正作さん・70代 会社役員 (作成時)(家系図)
推定相続人:妻・亡くなった長女の子3人・長男・次女・三女、認知した子

株式会社夢相続代表取締役 公認不動産コンサルティングマスター 
相続対策専門士

京都府立大学女子短期大学卒。PHP研究所勤務後、1987年に不動産コンサルティング会社を創業。土地活用提案、賃貸管理業務を行う中で相続対策事業を開始。2001年に相続対策の専門会社として夢相続を分社。相続実務士の創始者として1万4400件の相続相談に対処。弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士など相続に関わる専門家と提携し、感情面、経済面、収益面に配慮した「オーダーメード相続」を提案、サポートしている。著書50冊累計38万部、TV・ラジオ102回、新聞・雑誌420回、セミナー500回を数える。近著に『いちばんわかりやすい 相続・贈与の本'18~'19年版』(成美堂出版)、『増補改訂版 図説 大切な人が亡くなったあとの届け出・手続き』(宝島社)ほか多数。

著者紹介

連載相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例

本記事は、株式会社夢相続が運営するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧