「男性は35歳まで、女性は35歳から」嘆く美容師たちの闇実態

美容師になると「自分の店を持つ」ことを目標にする人が多いものの、30歳時点の平均年収が300万円と、資金を貯めることは難しいのが現実です。さらに感性・体力の両面から、40歳ごろになると若い美容師とのジェネレーションギャップを感じ、美容室を辞める人が多いのだといいます。今回は、「定年40歳」の後の選択肢や、女性美容師のピークが35歳だといわれる理由について解説します。

ヘアスタイリストの寿命は40歳、どう生き残るべき?

美容師は「いずれは自分の店を持ちたい」という夢を持って働いている人が多いでしょう。しかし、技術を身に付けても平均年収は300万円。独立のための資金を貯めることも難しいのです。そのため「今よりも高い給料のサロンで働き、独立するための貯蓄をしよう」と転職を考える人も少なくありません。

 

一方で、独立の機会を逃したまま40歳くらいになると、サロンにいづらくなってきます。40歳を過ぎると、感性・体力の両面から、若い美容師とのジェネレーションギャップも感じるでしょう。ほとんどのヘアスタイリストが独立してサロンを去っていくなか、「まだ独立しないの?」という目で見られることもストレスになります。

 

実際、私のサロンでも、40歳のヘアスタイリストが若いヘアスタイリストに売上げで抜かれ、辞めていった例があります。先輩であるにもかかわらず、パワーバランスが崩れ、プライドもあるぶん、その場にいづらくなってしまうのです。

 

サロン勤務の美容師、40歳を超えたらどんな道があるの?
サロン勤務の美容師、40歳を超えた「その先」の選択肢は?

 

ずっとサロンで働いていた美容師にとって、40歳を過ぎてからの道は複数考えられます。例えば、マンションの1室などを借りた「一人オーナーサロン」です。しかし、もともと顧客がついていないと長く続けていくのは難しいでしょう。

 

フランチャイズのオーナーになる場合は、経営のノウハウを教えてもらえるというメリットがありますが、採算が取れないと閉店に追い込まれます。

 

大手のサロンで働いている場合では、美容師として接客する仕事以外の道もあります。また激安サロンでは若手の美容師は少なく、40代、50代の美容師も多く勤務しています。こういったサロンは、「おしゃれな美容室に行くのは恥ずかしい」という中高年男性も多く、年輩の美容師のほうが安心されるのです。ただし、単価が安いため、給料などの待遇面はあまり期待できません。

 

美容師を辞める場合は、ドライヤーやヘアケア用品のメーカーに転職したり、一からまったく違う仕事に就くことになるでしょう。

有限会社かっとはうすごろう 代表取締役
コムズグループ 代表
一般社団法人食と環境と健康を考える会 参与
一般社団法人日本ヘッドスパ協会 JHSA 理事
一般社団法人エシカルビューティー協会 EReA 理事

1950年、岐阜県生まれ。1972年に美容師を目指して上京し、有名講師に師事してスキルを磨きながら、数々のコンテストで優勝。その後、25歳で有限会社かっとはうすごろうを設立。1977年、イギリス・ロンドンのヴィダルサスーンにて修業したのち、全国でカット講師として活躍し、1992年には、さらなる事業拡大を目指し拠点を名古屋に移した。

コンサルタントとして活躍しながらサロン経営のノウハウを学び、2005年にはFC(フランチャイズ)制度をスタート。名古屋で展開した各サロンをFCとして譲渡し「コムズグループ」を創立する。長時間労働と低い賃金により辞めてしまう美容師があとを絶たない業界の現状を変えたいという思いから、働く美容師の満足度日本一の美容室づくりを目指してきた。現在直営店8店舗のヘアスタイリストは、週休2日、残業ゼロで平均年収は780万円。さらにヘアスタイリストのうち20%は、年収1000万円以上を実現している。

著者紹介

連載凄腕経営者が伝授する「ヘアスタイリストの稼ぎ方」

THE CAREER BOOK OF HAIRSTYLIST ヘアスタイリストのキャリアブック

THE CAREER BOOK OF HAIRSTYLIST ヘアスタイリストのキャリアブック

田中 房五郎

幻冬舎メディアコンサルティング

プライベートを充実させながら、もっと稼ぎたい!週休2日、残業ゼロで年収1,000万超え!古い常識を打ち破り、業界に革命を起こした凄腕経営者が伝授する、ヘアスタイリストの稼ぎ方。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧