米ドル円が歴史的な凪相場…「今、FXデビュー」は損か得か?

今回のテーマはFX(外国為替証拠金取引)。レバレッジをかけて大損した…との悲劇がたびたび取り上げられますが、やはりリスクが高い投資なのでしょうか。

現代はスマホさえあれば、ほぼ世界中の通貨と簡単に取引できます。ドル円だけではなく、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、ドル/ユーロ、ドル/英ポンドなども取引可能であり、あっという間に大儲けする投資家も少なくない世界です。

FXの儲けワザは「為替変動」にあります。「あっ、例の恐怖のレバレッジで…」

違います。FXはレバレッジをかけずとも稼げる金融商品です。

ともかく、変動あってナンボのFX市場。しかし昨今急展開が。「コロナ円高」を期待されていましたが、円高の様相はなく、それどころかいわゆる凪(なぎ)になったのです。

「穏やか」という異常事態!? こんな今、FXデビューをするのは損でしょうか? むしろ得でしょうか? 

メガバンク資金為替ディーラーとしての実績を持つ、一般社団法人日本つみたて投資協会代表理事の太田創氏が解説します。

続きはこちら(Yahoo!ニュース)>>

一般社団法人 日本つみたて投資協会 代表理事

関西学院大学卒。
1985年、三菱銀行(当時)入行。
1988年より約10年間、英国およびブラジルで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。
その後、2000年から2019年までシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。

YouTubeチャンネル:https://bit.ly/34oQ1d3

著者紹介

連載着実な資産形成を目指す…長期投資の秘訣

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧