日本人の食事の西洋化で「減ったがん」と「増えたがん」

病気を未然に防ぐ「栄養学」と「食品機能学」に加え、老化についても最前線の研究成果を紹介する。知らず知らずのうちにストレスをため込んでいませんか。健康的な生活を送るために役立つ「食事の知恵」や「医学の意外な常識」を明らかにします。本連載は東海大学農学部バイオサイエンス学科の永井竜児教授の『間違いだらけの栄養学』(辰巳出版)から一部を抜粋し、読んで効く「読むくすり」をお届けします。

冷蔵庫が胃がんの発症率を下げた?

また、がんもじつは生活習慣病のリストの1つに入っています。たとえば喫煙は、好きな人にとってはやめられない生活習慣ですが、明らかに肺がんの発症率は高くなります。

 

食べ物の嗜好(しこう)によっても、がんの発症率は明らかに変動します。日本では昔、胃がんの発症率が世界トップでした。それが1960年ごろから、急激に減っていきました。

 

なぜかおわかりでしょうか?

 

正解は……冷蔵庫が普及したからです。

 

昔は冷やす技術や道具がなかったので、食べ物を保存するために、何でもかんでも“塩漬け”にしていました。とくに日本は塩漬けの食品を好み、塩分摂取過多な国民です。塩分は胃がんとの関連性が指摘されています。

 

冷蔵庫の普及が胃がん発症率を下げた?
冷蔵庫の普及が胃がん発症率を下げた?

 

ところが冷蔵庫の普及によって、塩を使わずに新鮮な肉や魚を保存することが可能になりました。塩分を増やさずにタンパク質の摂取が増え、新鮮な野菜の摂取も増えました。それで胃がんの発症率が下がったのです。

 

ということは、がんの発症率は遺伝子の要因だけでは説明がつかず、食生活、生活様式によって変わることが、データによりわかり始めています。

 

遺伝子が変わるには、何十万年という時間が必要です。余談ですが、ネアンデルタール人は 30 万年前にたくさんいましたが、15~20万年前にホモサピエンスが急激に増えて最終的にネアンデルタール人が絶滅しました。

 

じつはネアンデルタール、ホモサピエンス以外にもいろんな人種がいました。ハリーポッターに出てくるホビットという小さい人はたんなる神話ではなく、本当にそういう人種がいたことが、化石発掘から明らかになっています。ホモサピエンスが20万年前くらいに勢力を増やしたことで、それから少しずつヒトの遺伝子も変わってきました。

東海大学農学部 教授

1999年(平成11)3月熊本大学大学院医学研究科修了・博士(医学)。専門分野は、食品機能学、生化学。サウスカロライナ大学客員 助手を経て、熊本大学大学院医学薬学研究部病態生化学講 座・助教。東海大学農学部バイオサイエンス学科食品生体調 節学研究室准教授を経て、2017年4月同教授。生体のさ まざまな代謝経路から生成する終末糖化産物(AGEs)を測定し、糖尿病合併症のマーカーへの応用性を検討している。また AGEs抑制をはじめ、糖尿病合併症のようにかかってからでは完治が困難な疾患を予防する食品成分を探索している。日本メイラード学会、国際メイラード学会、日本抗加齢医学会、日本酸化ストレス学会等の評議員を務める。テレビ朝日系『林修の今でしょ! 講座』、テレビ東京系『主治医が見つかる診療所』等にも出演。トマトの栄養素「リコピン」「エスクレオサイドA」に関して講義をし、トマトのパワーが大きな話題に。近著に『間違いだらけの栄養学』(辰巳出版)がある。

著者紹介

連載健康長寿になる「食べ物」と「食べ方」の最新常識!

間違いだらけの栄養学

間違いだらけの栄養学

永井 竜児

辰巳出版

病気を未然に防ぐための栄養学と食品の機能に加え、老化についての最前線の研究成果をもとにしながら、日々の健康的な生活に役立つ食事の知恵や、栄養学と医学の意外な常識を明らかにする。 本書に書かれている健康づくりの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧