外国人に聞かれた「日本と中国は昔同じ国だったんでしょう?」

ビジネスで海外の人々と関わる際、自国の歴史の知識は必須だといえます。しかし、日本人が注意しなくてはならないのが「外国人に関心の高い日本史のテーマは、日本人が好むそれとは大きく異なる」という点です。本連載は、株式会社グローバルダイナミクス代表取締役社長の山中俊之氏の著書『世界96カ国をまわった元外交官が教える 外国人にささる日本史12のツボ』(朝日新聞出版)から一部を抜粋し、著者の外交官時代の経験をもとに、外国人の興味を引くエピソードを解説します。

良くも悪くもお互いに与え合ってきた「日中韓」

世界で多くの国の人々、東アジアを除く人々と話をしていると、

 

「日本、中国、韓国は民族の外見も文化も似ているように感じるが、何がどう違うのか」

 

という質問を受けることが頻繁にあります。

 

もちろん、東アジアに知悉(ちしつ)している外交官や専門家は、日中韓の歴史にも詳しいので、このような質問にはなりません。

 

しかし、一般の人々のなかには、そもそも中国と日本が違う国であるという認識すらおぼつかない人もいます。「日本と中国は昔同じ国だったんでしょう。同じ文字を使っているし」といった質問は珍しくないのです。

 

先日もアフリカのルワンダのNGOに勤務している現地スタッフから同じような質問を受けて、国際関係の仕事をしている人でも日本と中国の違いがわからないことがあるのだと驚きました。

 

従軍慰安婦問題、南京大虐殺の被害者数についての見解の相違など、日本と中国・韓国の間には、戦後70年以上が経過した現在でも未だに大きな爪痕があります。自国を侵略されて、同胞が殺された苦しみは、数世代を経てもなお消すことが難しいものです。これら歴史的事実を忘れるべきではありません。

 

同時に、俯瞰して歴史を見ることも重要だと思います。

 

歴史を俯瞰して見てみると、日中韓の相互交流の歴史は長く、良くも悪くもお互いに与え合ってきた影響は軽視できません。文字(漢字)、儒教、大乗仏教をはじめ共通性は多岐にわたります。また、豊臣秀吉の朝鮮出兵が朝鮮を混乱に陥れたほか、幕末維新期には日本で考案された漢語が中国に逆輸入されました。

 

古来、日本は東アジア文化圏の一員として周辺国から影響を受けながら文化を発展させてきたのです。

 

新しい元号、令和が中国の漢籍ではなく国書から取られたことが世界でニュースになりました。しかし考えてみれば、元号は中国発祥です。そもそも元号を形成する漢字にしても中国から来たものです。

 

中国文化をすべてそのまま取り入れるのではなく、日本に合うものを選択した上で吸収し、独自に昇華させたのが日本文化です。

 

株式会社グローバルダイナミクス 代表取締役社長

神戸情報大学院大学教授。「世界と日本」の歴史や文化に関する企業研修やセミナーを多数実施。1968年兵庫県西宮市生まれ。東京大学法学部卒業後、90年外務省入省。エジプト、英国、サウジアラビアへ赴任。対中東外交、地球環境問題などを担当する。また、首相通訳(アラビア語)や国連総会を経験。外務省を退職し、2000年、株式会社日本総合研究所入社。全国の自治体改革の案件に多数関与。09年、稲盛和夫氏よりイナモリフェローに選出され、アメリカ・CSIS(戦略国際問題研究所)にてグローバルリーダーシップの研鑽を積む。10年、グローバルダイナミクスを設立。SDGsカードゲームファシリテーターとしてSDGsの普及にも務める。ケンブリッジ大学大学院修士(開発学)。高野山大学大学院修士(仏教思想・比較宗教学)。ビジネス・ブレークスルー大学大学院MBA、大阪大学大学院国際公共政策博士

著者紹介

連載世界96ヵ国をまわった元外交官が教える「外国人にささる日本史12のツボ」

世界96カ国をまわった元外交官が教える 外国人にささる日本史12のツボ

世界96カ国をまわった元外交官が教える 外国人にささる日本史12のツボ

山中 俊之

朝日新聞出版

ビジネスで海外の人々と関わるのであれば、自国の歴史の知識は必須だ。しかし外国人に関心の高い日本史のテーマは、日本人が好むそれとは大きく異なる。本書は海外経験豊富な元外交官の著者が外国人の興味を引くエピソードを解…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧