子を妬む母、愛し方が分からない父――「毒親」とも呼ばれる大人の姿。子が自分より優秀だと薄らぼんやり気づいてしまったそのとき、彼らは自身の子を「弱点」と捉え、否定してしまう。書籍『毒親 毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへ』(ポプラ社)を上梓した脳科学者の中野信子氏は、「パンドラの箱を開けるような気持ち」で、毒親の実態を語っている。

父親が「父親としての自覚を持てない」科学的な根拠

◆父親の育児脳

 

オキシトシンは、母親と赤ちゃんの絆を作るための物質だというお話をしましたが、だったら父親と子どもはどうなの?という疑問が生じるのではないでしょうか。父親と子どもの関係は、母親と子どものそれと比べて、ややこみ入っています。

 

過去の実験で、男性が赤ちゃんとたっぷり触れ合うとオキシトシンが分泌されることがわかりました。分娩も授乳もしませんが、子どもができると、オキシトシンのレベルは上がります。一緒にいる期間が長かったり、抱っこをしたり面倒を見たりするうちに、母親ほどの濃度ではないけれども、父親の脳にもオキシトシンが増加する。そして、少しずつ父親らしくなっていくのです。

 

母親は出産を機にオキシトシンが脳内に放出され、いきなり母親になりますが、父親は少しずつ父親になっていく。だから、子どもが小さい時期に家にいられなかったお父さんは、オキシトシンが分泌されないので、なかなか父親としての自覚を持てないのかもしれません。子どもに対しても、すこし後ろめたい気持ちがある場合も。

 

まったく疑う余地もないのに「この子は本当に自分の子どもなのだろうか」と感じてしまうこともあります。母親のように生まれた瞬間から赤ちゃんと強いつながりを感じにくいところが、男の人の悲しいところかもしれません。半面、子どもに執着しすぎることなく、風通しの良い関係を築くことが期待できるかもしれません。

 

オキシトシンは男性ホルモン、テストステロンと拮抗する関係にあります。独身時代はテストステロンに溢れていても、結婚して子どもができると、家族に対して献身的になります。

 

動物実験では、オキシトシンの出ているオスは、新しいメスより交配を終えた相手を選び、一夫一婦制を形成しました。また、面白いことに、赤ちゃんが家にいるところによく帰るお父さんは性的な衝動がおちていきます。子どもの存在がオキシトシンを増やし、テストステロンを下げる。テストステロンは筋肉増強剤として使われることもあるぐらい代謝を上げるのですが、オキシトシンは逆に脂肪を増やすので、ちょっと太るかもしれない。いわゆる「幸せ太り」が起きます。ちゃんと子どもと絆を作っている証拠です。

 

逆に、子どもが生まれたばかりの父親なのに、独身時代と変わらずに精悍なイメージのままで「あれ? あんまりおうちに帰ってないのかな? 子どもとスキンシップをしていないのかな?」と思えるような人も中にはいます。とはいえ、もちろん、個人差はあるのでしょうが。

 

 

中野 信子
脳科学者

 

 

あなたにオススメのセミナー

    本記事は、中野信子著『毒親』(2020年3月25日・ポプラ新書刊)より一部を抜粋・編集したものです。最新の情報には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

    毒親 毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへ

    毒親 毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへ

    中野 信子

    ポプラ新書

    家族についての悩みはあなたのせいではない! 気鋭の脳科学者が、ついに「パンドラの箱を」開ける! 「毒親」の正体とその向き合い方を分かりやすく説きます。 ●親を憎んでしまうのは、自分のせい? ●なぜ、子どもを束…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ