子のいない夫婦を襲った悲劇…「義母の復讐」に妻の選択は

年間約130万人の方が亡くなり、このうち相続税の課税対象になるのは1/10といわれています。しかし課税対象であろうが、なかろうが、1年で130万通りの相続が発生し、多くのトラブルが生じています。当事者にならないためには、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが肝心です。今回は、子どものいない夫婦を襲った事例を、円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

「子どもがいる幸せな家族、が想像できなくて」

「結婚はしたい。でもわたしは子どもはいらない。それでもいいなら……」

 

Aさんからのプロポーズに、こう答えたB子さん。Aさんは驚いた表情を浮かべ、少し間を開けてから「ちょっと考えさせてほしい」と伝えてきたといいます。

 

「そのあと、1週間くらい連絡がなかったですね。もうこれで終わりかな、と思っていたら、改めてプロポーズしてくれました。嬉しかったです」

 

こうして2人はめでたくゴールイン。しかし「子どもは作らない」ということに、Aさんの親は納得しませんでした。

 

本来祝福されるはずの結婚でしたが、結婚を強行した2人に激怒し、Aさんと家族は断絶状態に。結婚してから10年、交流はまったくといっていいほどありませんでした。

 

「彼、3人兄妹の長男なんです。彼の家は普通の家庭なんですが、兄妹で男は彼だけだし、やっぱりご両親は孫を期待しますよね。それなのに『結婚する。でも孫は諦めて』といわれたら、戸惑うに決まってる……」

 

今でも、B子さんは負い目を感じてしまうとのこと。ではなぜ、B子さんは「子どもはいらない」と宣言したのか。背景には、B子さんの生い立ちが関係していました。

 

「両親は、わたしが14歳のときに離婚しました。仲が悪く、いつも喧嘩をしていた記憶しかありません。母はわたしと弟を連れて家を出ましたが、わたしが高校生を卒業するころには、ほとんど家に帰って来なくなりました」

 

B子さんの母は新しくできた恋人の家に入り浸っており、B子さんが成人したあとは、ついに音信不通になりました。

 

「弟となんとか2人でやってきたんです。母も父も、生きているんだが死んでいるんだか……連絡の1つぐらいくれても、いいじゃないですかね」とB子さん。家庭を顧みない親をみてきて、結婚そのものに興味がなくなっていました。

 

「子どもがいる幸せな家族、というものがどうしても想像できなくて……」

 

しかしAさんと出会い、「この人とならいつまでも一緒にいたい」と思うようになったといいます。家族との交流はなくても、幸せな結婚生活を過ごしていました。数年前には都心からも近い人気の街にマンションを購入。2人にとって、大きな決断だったといいます。

 

「大きな買い物だったので、どうしようか、本当に迷いました。でもマンションから眺望が本当に素敵で。最終的に、2人とも働いているから、大丈夫だろうということで決断しました」

 

購入したのは8,000万円の2LDKのマンション。共有名義で20年のローンを組んだといいます。春には河川敷の桜がみえ、夏には花火の鑑賞もできるのだとか。

 

「平日はお互い仕事が忙しいのですれ違いが多いですが、休日は一緒に買い物に行ったり、料理を作ったり……。特別なことではないですが、本当に、かけがえのない日々だったんです」

2人だけで、幸せだったんです
2人だけで、幸せだったんです

 

「結婚して本当によかった」。2人だけの楽しい日々がいつまでも続くかと思われましたが、突如、B子さんは不幸に見舞われます。

 

Aさんが事故で亡くなったのです。

最愛の夫が死去…義母の怒りを浴びたB子さんは

突然のことでした。一報を受けたB子さんはすぐに病院に駆けつけましたが、間に合わなかったといいます。茫然自失のなか、Aさんの葬儀は行われました。

 

葬儀から1週間、何も手につかないB子さんのもとに、1本の電話が入りました。Aさんの母親でした。

 

後日。レストランにB子さんの姿がありました。Aさんの両親と初めて会うことになったのです。そして現れたAさんの両親。母親は明らかにB子さんを敵視していました。

 

B子さん「はじめまして。B子と申します」

 

Aさん母「挨拶はいいので、要件だけいいます。Aの遺産相続の話です」

 

B子さん「あっ、はい」

 

Aさん母「Aの遺産はどうなっていますか?」

 

B子さん「預貯金と、あと、今住んでいるマンションが共有名義なので……」

 

Aさんの母「なに、きちんと把握していないの? 信じられない。あの子はこんな頼りにならない人を選んだのね。情けない」

 

Aさん父「おい、やめないか」

 

Aさん母「とにかく、きちんとAの遺産を明らかにしてください! 話はそれからです」

 

Aさんの母はそう吐き捨てると、レストランを去っていきました。Aさんの父もあとを追うように帰っていきました。あまりのことで、言葉を失くしてしまったB子さん。

 

とはいえ、相続は避けて通れないこと。B子さんがAさんの遺産を確認したところ、遺産分割となる対象は、預貯金が500万円、マンションが3,500万円でした。そして改めて、遺産分割の話を、例のレストランですることになりました。

 

Aさん母「わたしたちには、Aの遺産の3分の1は相続する権利があります。だいたい、1,300万円。それでいいわね」

 

感情的になっていた先日とは打って変わって淡々と話すAさんの母。却って気味悪く感じたとB子さんはいいます。

 

B子さん「マンションの分は考慮してもらえませんか? 1,300万円なんてお金すぐには……」

 

Aさんの母「それは、わたしには関係ないことだわ」

 

B子さん「……でも」

 

Aさん母「あなたがわたしにしたこと、考えてみてください。お腹を痛めて産んだ子が、目に入れても痛くないような子が、わたしたちと絶交してもいいからとあなたを選んだんです。どれだけの悲しみだったか、わかりますか」

 

B子さん「……」

 

Aさん母「あなたたちには、わからないでしょうね。だからこの10年間、ひと言も挨拶がなかったのでしょうから。これはわたしからの復讐だと思っていただいて、結構です」

 

遺産分割の話はそれで終わりました。B子さんは悩んだ挙句、Aさんの母が主張するすべてを受け入れました。B子さんは自身の預貯金など、すべてをかき集め、何とかお金を工面しました。

 

「彼のお母さんに伝えられて、言葉が出ませんでした。どんなに時間がかかっても、彼の両親を納得させるべきだった……今は、後悔しかありませんね」

子どものいない夫婦の遺産分割…注意点は?

法定相続人とは、民法で定められた相続人のことをいい、配偶者は必ず法定相続人になります。配偶者以外の法定相続人には優先順位があり、第1順位の法定相続人は子供ども、第2順位の法定相続人は直系尊属である父母、第3順位の法定相続人は兄弟姉妹となります。

 

事例の場合、子どもがいないので、遺産分割協議の場に両親が登場しました。法定相続分は、事例の場合は、配偶者に3分の2、両親に3分の1となります。

 

さらに考えておきたいのが遺留分です。遺留分は、亡くなった人の家族が、今後の生活に困らないようにするために、必要最低限の金額は相続できるようにするための制度です。第3順位の法定相続人である兄弟姉妹にはない権利ですが、第2順位の法定相続人である直系尊属の父母には認められる権利です。

 

遺留分は、法定相続分の半分が目安。事例の場合、もし遺言書で「B子さんに財産のすべてを相続させる」と書かれていても、Aさんの両親は遺留分として650万円ほど主張できるというわけです。

 

相続トラブルの回避のために遺言書を作成しても、遺留分を侵害していると、トラブルに発展する場合があります。知らずに遺留分を侵害している場合もあるので、遺言書を作成する場合は、プロにアドバイスを求めると安心です。

 

【動画/筆者が「遺留分」について分かりやすく解説】

 

橘慶太
円満相続税理士法人

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人に正社員として入社する。
勤務税理士時代は相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算400件以上。また、銀行や証券会社を中心に、年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。
2017年1月に独立開業し、現在6名の相続専門税理士が在籍する円満相続税理士法人の代表を務める。週刊ポストや日本経済新聞、幻冬舎、女性自身など、様々メディアから取材を受けている。また、自身で運営しているYouTubeのチャンネル登録者は4万人を超えており、相続分野では日本一のチャンネルに成長している。

円満相続税理士法人:https://osd-souzoku.jp/

著者紹介

連載円満相続税理士が楽しく解説!「相続の基礎知識」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧