【全然貯まらない】47歳男性、「つみたてNISA」に不満爆発

どう頑張ってもお金が足りない、増えない…働けど働けど、生活に困窮する日々。「もうどうすればいいの!」と匙を投げたくなるかもしれませんが、実は、家計の「ざんねんポイント」に気づいていないだけかもしれませんよ。本連載では、株式会社マイエフピー代表取締役・家計再生コンサルタント/ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏の著書『となりの家のざんねんなお金の話』(あさ出版)より、事例をもとに、お金の知識をわかりやすく解説していきます。

積立投資から仮想通貨、株にまで手を出して大損

◆iDeCoやつみたてNISAだけで大丈夫?

 

金融庁の発表によると、2018年にスタートした「つみたてNISA」の開設口座数が2018年12月末時点で約103万7000口座となり、1年で100万口座を超え、その人気ぶりがうかがえます。

 

しかし、当然のことながら積み立て型の投資ですから、ゆっくりとしか増えない仕組みです。実際に、つみたてNISA自体の資産残高も、今のところ約947億5000万円と小さいのが現状。

 

ただ、「老後資金に1億円必要」などと聞くと、早く貯めなければと焦るのも事実。しかし、焦ったがために、大変な目にあっている人もいます。

 

【47歳/男性の場合】

 

例えば、ある47歳の契約社員の男性は、収入が少なく、貯蓄も200万円程度しかなかったため、老後資金や親の介護にかかる費用を意識し始め、「国が勧めている制度なら大丈夫だろう」と、iDeCoやつみたてNISAを始めました。

 

しかし、半年たってもたいして貯まらず、焦り始めます。そんな折、〝億り人〟もたくさん生まれていた仮想通貨と、株に興味を持ちました。「仮想通貨や株だったら、あっという間に資産を大きくできそうだ」と考えたその男性は、iDeCoとつみたてNISAに貯蓄の半分を投じ、仮想通貨に約30万円、株に約70万円を投資しました。

 

ところがそのとき〝仮想通貨バブル〟が突然はじけ、急落。同じタイミングで株も大きく下落し、含み損は膨らむばかりの状況に陥ってしまいました。恐ろしくなってしまった男性は、仮想通貨と株を売却。結局、投資にあてた100万円は60万円に目減りしてしまい、「この先どうすればいいのかわからなくなってしまいました」と家計相談に訪れたのです。

 

この先どうすればいいのかわからなくなってしまいました
この先どうすればいいのかわからなくなってしまいました

 

株式会社マイエフピー 代表取締役
家計再生コンサルタント
ファイナンシャルプランナー 

家計再生コンサルタント、株式会社マイエフピー代表。

お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、家計の問題の抜本的解決、確実な再生をめざし、個別の相談・指導に高い評価を受けている。これまでの相談件数は23,000件を突破。各種メディアへの執筆・講演も多数。

著書は60万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)や『年収200万円からの貯金生活宣言』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を代表作とし、著作は120冊、累計330万部となる。個人のお金の悩みを解決したいと奔走するファイナンシャルプランナー。

著者紹介

連載「ざんねんな家計」から学ぶお金の増やし方

となりの家のざんねんなお金の話

となりの家のざんねんなお金の話

横山 光昭

あさ出版

1万5000件以上のお困り家計から見えてきた「ざんねんあるある」。 ・年末のボーナス、年が明けたら全部なし一家! ・スマホ決済使いまくりで預金が激減した男! ・家計丸投げで毎月カツカツ状態に危機感のない夫! ・「…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧