一目惚れした中古マンションに懸念点がある

【相談内容】一目惚れした中古マンションがあるのですが、周囲から「築年数が古くて旧耐震だからやめたほうがいい」と言われています。確かに最近は大きな地震が多く、できるだけ頑丈な家に住みたいという気持ちも…。だとしたら、中古マンションの購入自体を諦めたほうがいいのでしょうか。※本記事では、株式会社シンプルハウス代表取締役・山本武司氏の書籍『中古住宅×リノベーション ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」』から一部を抜粋し、実際のリフォーム事例を見ていきます。

 

Case:気に入ったマンションが旧耐震。やめたほうがいい?

 

1981年6月1日に建築基準法が改正され、それ以前に建築確認を受けた建造物は震度5強程度まで耐えられる「旧耐震基準」、それ以降に建てられたものは震度6強〜7程度まで耐えられる「新耐震基準」と定められています。

 

確かに「新耐震」と名がつく家のほうが頑丈な感じはしますが、地盤のつくりや地震が直下型だったら…といったいろんな〝もしも〞を挙げていくと、一概に「新耐震は安心」とは言い切れないのが実際のところです。

 

また、来るか来ないか不明確な地震に不安ばかりを感じていてはいつまで経っても理想の家を手に入れることはできません。起こるか分からないリスクについてただ頭で考えるよりも「回避するためにはどうしたらいいか」について考えてみるのはどうでしょう。実は「阪神・淡路大震災」の地震による直接死の約8割は、倒壊家屋もしくは転倒家具による窒息死・圧死だったという結果が出ています。

 

I邸では食器棚をキッチンの背面に固定できるようオーダーメイドにしたところ、既製品とは違いサイズ感もぴったりで、使い心地も抜群だとたいへん喜んでいました。家を選ぶ際にはマイナス面から考えるのではなく、いかにプラスに捉えて対策を打つかという選択も重要なのです。

 

リノベーション費用詳細

解体処分工事:55万円

造作意匠工事:200万円

建具家具工事:120万円

設備刷新工事:375 万円

電気防災工事:80万円

内装仕上工事:110万円

インテリア工事:50万円

合計:990万円

※設計・諸経費は含んでいません/参考価格であり契約金額ではありません/税抜価格です

 

[図表]Iさん宅のBefore/After

 

【リノベ後の写真を見る】

 

 

山本 武司

株式会社シンプルハウス 代表取締役

 

株式会社シンプルハウス代表取締役
増改築セミナー講師
MUJIリノベーションクラブ講師
リノベーション協議会理事

奈良県生まれ、店舗設計会社・内装会社を経て1984年創業。のち会社設立、代表取締役就任。以来、内装、建築、増改築などリフォーム全般に携わる。1994年現社名に変更、一級建築士事務所として登録。

独自のポータルサイトや不動産情報の提供に加え、特に不動産購入やリノベーションを検討する夫婦の「理想」を拾い上げ、ムダのない空間づくりやコスト面においてニーズを合致させる魅力的なリノベーションに定評がある。前著『中古×リノベーションでつくる世界にひとつだけの住まい』(幻冬舎)。

著者紹介

連載中古住宅×リノベーション~ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」

中古住宅×リノベーション ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」

中古住宅×リノベーション ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」

山本 武司

幻冬舎メディアコンサルティング

既存住宅×リノベーションだからこそ実現できる「理想の暮らし」がある! ローコストで“世界にひとつ、あなただけの理想の住まいを手に入れられるリノベーションの魅力とは? ご自身のライフスタイルやご家族のライフステ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧