結婚と同時に「中古リノベ」を決めたら想定外すぎる事実が…

想定外の事態発生!…でもリノベでプラスに転換した

【リノベーション内容】

「あけてびっくり!」は、リノベあるあるです。天井を剥がしたら予想よりもスプリンクラーがたくさん配置されていて、当初の計画通りに施工できなくなった。配線が張り巡らされていて、見た目が残念なことに……なんてことも(できれば起きてほしくないものの)割とよくある事実です。結婚と同時に中古リノベを決めたI邸ご夫婦の物件も、いざ着工してみると、とある場所が想定外! しかし私たちは、そこをプラスに転換しました。

 

【Case20】思いがけず誕生したスキップフロアが今ではすっかり「我が家の顔」に

 

「窓側向きだった小窓のある独立型キッチンの向きを変えて、オープンタイプにしたい」というのが、奥さまの大きな要望でした。キッチンの位置を移動すると、配管に高低差をつける必要があるので、DK部分だけ床上げする予定で床を剝がすことに。

 

しかし、あけてびっくり! 配管の接続部が思ったより高い位置にあったのです。これでは当初の予定よりも床の高さが倍になってしまいます。

 

【リノベ後の写真を見る】からわかるように、私たちは、階段を取り入れたスキップフロアをご提案。LDKのつながりがスムーズになるだけではなく、段差の効果で「テレビが見やすくなった」と喜んでいただけました。イレギュラーが起きても焦らずに臨機応変に対応することで、思わぬ副産物が生まれるものです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

また、奥さまのこだわりでキッチンは存在感のあるオールステンレスを採用。しかしこれだけだと冷たい印象になってしまうため、床に使った無垢材に合わせ、家具はオーク材でコーディネート。温かみをプラスしました。一方キッチンの床は、ネイビーの塩ビタイルを使用することで、空間にメリハリが生まれました。

 

 

【リノベーション費用詳細】

解体処分工事:55万円

造作意匠工事:110万円

建具家具工事:115万円

設備刷新工事:300万円

電気防災工事:60万円

内装仕上工事:115万円

インテリア工事:85万円

───────────────────

合計:840万円

※設計・諸経費は含んでいません

※参考価格であり契約金額ではありません

※税抜価格です

 

 

※本記事は、株式会社シンプルハウス代表取締役・山本武司氏の書籍『中古住宅×リノベーション ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」』(幻冬舎MC)から一部を抜粋したものです。


【リノベ後の写真を見る】

 

山本 武司

株式会社シンプルハウス 代表取締役

 

株式会社シンプルハウス代表取締役
増改築セミナー講師
MUJIリノベーションクラブ講師
リノベーション協議会理事

奈良県生まれ、店舗設計会社・内装会社を経て1984年創業。のち会社設立、代表取締役就任。以来、内装、建築、増改築などリフォーム全般に携わる。1994年現社名に変更、一級建築士事務所として登録。

独自のポータルサイトや不動産情報の提供に加え、特に不動産購入やリノベーションを検討する夫婦の「理想」を拾い上げ、ムダのない空間づくりやコスト面においてニーズを合致させる魅力的なリノベーションに定評がある。前著『中古×リノベーションでつくる世界にひとつだけの住まい』(幻冬舎)。

著者紹介

連載中古住宅×リノベーション~ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」

中古住宅×リノベーション ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」

中古住宅×リノベーション ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」

山本 武司

幻冬舎メディアコンサルティング

既存住宅×リノベーションだからこそ実現できる「理想の暮らし」がある! ローコストで“世界にひとつ、あなただけの理想の住まいを手に入れられるリノベーションの魅力とは? ご自身のライフスタイルやご家族のライフステ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧