世話になった女将さんに3,000万円を…「情けない父」の遺言書

年間約130万人の方が亡くなり、このうち相続税の課税対象になるのは1/10といわれています。しかし課税対象であろうが、なかろうが、1年で130万通りの相続が発生し、多くのトラブルが生じています。当事者にならないためには、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが肝心です。今回は、遺言書が引き起こした事例について、円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

常連客との触れ合いが唯一の生きがいだったAさん

都内の高級住宅地に住むAさん。父(本人)、母、長男、長女の4人家族で、Aさんの父の代からの家に住んでいました。Aさんの父は事業に成功し、大きな財をなしていました。Aさんは大学卒業後、父の会社に就職し、いまは2代目として奮闘しています。

 

しかし会社の行く末は、正直厳しいものと感じていたそうです。環境が変わり、Aさんの会社が主力とする事業は時代遅れとなっていました。

 

「父から継いだ会社ですが、わたしは時代の波についていくことができなかった。だからこの会社は、わたしの代で精算することにしたのです」

 

そんな父を快く思っていなかったのが、長男です。長男は、社長である父に憧れ、いつか自分も、と幼少のころから思っていました。しかし会社を精算することを聞いた当時高校生の長男は、ひどく落胆しました。それ以来、父と子の間には、どこか冷え切った空気が流れ、話すことも徐々になくなっていきました。大学卒業後、長男が海外勤務となってからは、父と子の交流はほとんどなくなりました。

 

また父と長女との関係も良いものとはいえませんでした。父と長男の関係が悪くなったころ、中学校一年生だった長女は、父のどこか情けない姿を見て、嫌悪感を覚えたそうです。長女は大学進学とともに実家を出て、そのまま父とは疎遠になっていきました。

 

「情けない姿ばかり見せてきたので、仕方がないですよね。仕事を言い訳にして、かまってあげることもできませんでしたし……」と話すAさんは、どこか寂しそうな口調でした。

 

会社は精算したものの、父からの十分すぎる財産もあり、特に生活に不自由をすることはなかったAさんでしたが、還暦を迎えたころ、長い闘病生活の末、妻を亡くします。

 

「家のことはすべて妻任せで、苦労ばかりかけてきたと思います。子育てもひと段落したから、改めて、夫婦二人で楽しくやっていこうと話していたんですけどね……」

 

妻に先立たれたAさん。掃除や洗濯はなんとなくこなすものの、食事をつくるのだけはどうしても難しかったようで、ほぼ外食という毎日になりました。

 

「『男性でも簡単』とうたっている料理の本も買ってみたのですが、わたしには難しすぎましたね」とはにかむAさんでしたが、ほぼ外食になったのは、単に料理が苦手だったからではなかったようです。毎日通う知り合いの飲食店でAさんは常連となり、客同士のコミュニケーションを楽しみにしていたのです。

 

「奥さんを亡くして意気消沈していたからね。人との触れ合いを求めていたんだろうね」と常連客の1人はいいます。また店の女将さんは古くからの知り合いで、奥さんを亡くしたAさんを何かと気にかけてくれました。風邪で何日か店に顔を出さなかったときには、自宅まで様子を見に行き、散らかり放題の家を掃除したり、料理を作り置きしてくれたりしたそうです。

 

何かと気にかけてくれた女将さん
何かと気にかけてくれた女将さん

 

そんなAさんは、奥さんが旅立ってから8年後、亡くなりました。お風呂場で倒れているのを発見したのは、その女将さんでした。

晩年感じた感謝の気持ちを込めたAさんの遺言書

長男や長女は、Aさんが亡くなったころには、一年に一度、会うか会わないかの関係となっていましたが、それでも突然の父の死に、大きなショックを受けたそうです。

 

「まだ60代だったのに……」

 

なんとか葬儀を終え、実家の整理をしていた長男と長女。そのとき、Aさんの机の引き出しから、1通の封書を見つけました。

 

「お兄ちゃん、これって遺言書!?」

 

Aさんは、奥さんが亡くなったあと、子どもたちが相続で争わないようにと、遺言書をしたためていたのです。長男と長女は、然るべき手続きを経て、遺言書を開封しました。そしてそこには、ふたりが想像もしなかった事柄が書いてあったのです。

 

その数日後、長男と長女が訪ねたのは、Aさんが通っていた飲食店でした。

 

長男「すみません、このお店の店長さんはいらっしゃいますか?」

 

店員「あ、女将さんですね、ちょっと待っていてください」

 

店員に呼ばれて、店の奥から女将さんが出てきました。

 

女将「あっ、あなたたちは確かAさんの……」

 

長男「そうです。Aの長男です。父の葬儀にもいらっしゃってくれましたよね」

 

女将「この度は、ご愁傷様で……」

 

長女「父を見つけていただいたのも、あなただと聞きました」

 

女将「Aさん、毎日のように通ってくれていて。何も連絡なしに来ないことなんて、一度もなかったので」

 

長女「そうですか。毎日、きていたんですね、父は」

 

長男「突然ですが、今日は、父の遺産のことで話があってきたんです」

 

女将「えっ、遺産?」

 

長男「実は、父は遺言書であなたに遺産を3,000万円残すと書いてあるんです」

 

女将「えっ、3,000万って、なぜ?」

 

長女「女将さんには、すごくお世話になっているからと」

 

女将「確かに、たまに家に行ってお掃除をしたり、ご飯を作ってあげたりしましたが、それで3,000万なんて大金……」

 

長男「そうですよね、驚きますよね……わたしたちも、何ら関係ない方に遺産を、というのは、父の遺志とはいえ、正直、戸惑っています」

 

Aさんが残した遺産は、金融資産が1億円以上、自宅なども合わせると、3億円近くあったといいます。遺言書には、遺産のうち3,000万円を馴染みの店の女将さんに渡したい、という内容も記されていたのです。

 

長男「父の遺産額から考えたら、3,000万円は一部でしかありません。でも父は母を亡くして、すごく気落ちしていました。そんな父につけこんで……。失礼ですが、どうしても、そのようなことを考えてしまいます」

 

長女「父の遺志だからといって、『はい、わかりました』とはいえないんです。わかってくれますよね」

 

女将「……そうですね。そうだ、お二人がよければ、今日は、お父様のお話をいろいろしましょうか」

 

こうして、長男と長女は、女将さんから父がどのように暮らしていたのか、色々と話を聞いたといいます。だからといって、すぐに遺言書のすべてを受け入れることはできず、遺産分割がまとまったのは、1年以上先になったそうです。

「遺言書」があれば相続人以外にも財産を残せる

遺産の分け方は非常にシンプルで、「遺言書があればそれに従う、遺言書がなければ遺産分割協議(話し合い)で決める」が基本です。しかしながら、実は、遺言書を使わないとできないこともあります。

 

それは、法定相続人ではない人に遺産を残す場合です。たとえば、父、母、長男、次男という4人家族がいて、長男は結婚して、妻と子どもがいます。しかし不幸なことに、父母より早く長男が先に亡くなってしまいました。その後、父に相続が発生した場合、法定相続人となるのは、母、次男、そして長男の子どもである孫です。

 

相続権が継がれるのは、孫だけであって長男の妻には引き継がれません。長男の死後、長男の妻が献身的にお世話をしてくれていたとしても、長男の妻は法定相続人にはなれないのです。こういったときには、遺言書に「長男の妻にも遺産を残します」と書き残してくれれば、長男の妻にも遺産を分けてあげることができます。

 

法定相続人ではない人に遺産を残したいケースは、次のようなものがあります。

 

・子どもの代を飛ばして孫の代に遺産を残したい場合

・まったく血のつながりのない友人、知人(または愛人)に遺産を残したい場合

・自分の育った学校や、お世話になった老人ホームに遺産を寄附したい場合

 

今回の事例のように、血のつながりがない人でも、遺言書があれば思いをとげることができます。

 

また相続税の観点からは、配偶者と子ども(代襲相続の孫を含む)と両親以外に遺産を残した場合には、相続税の2割加算という制度の対象になります。つまり、相続税を1.2倍で支払わなければいけないのです。遺言書を残す人は、このことも十分にしておきたいところです。

 

 

【動画/筆者が「相続税の2割加算」について分かりやすく解説】

 

 

橘慶太
円満相続税理士法人

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

中学・高校とバンド活動に明け暮れる。大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人山田&パートナーズに正社員として入社する。

税理士法人山田&パートナーズでは相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算300件以上。また、三井住友銀行・静岡銀行・ゆうちょ銀行を中心に、全国の銀行で年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。

税理士の使命は、難解な法律や税金をできる限りわかりやすく伝えることだと考えている。平成29年1月に表参道相続専門税理士事務所を設立し、平成30年より法人化に伴い、円満相続税理士法人に商号を変更した。

著者紹介

連載円満相続税理士が楽しく解説!「相続の基礎知識」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧