いよいよ今週末【8/7(土)開催】大人気セミナー「フィリピン永住権」取得術…さらに株式・不動産など最新投資機会を一挙紹介

林で患者が変死…『八王子判決』は医師法第20条を誤読した?

「医者を守りたい」との思いから医療事故調査制度を設立した小田原良治氏。医療現場の自立・自律を目指す氏が、未来のドクターたちに向けて、医師法第20条・21条について『八王子支部判決』を基に解説する。

東京地裁八王子支部判決と医師法第21条

医師法第21条(異状死体等の届出義務)の届出基準は「外表異状」であることを種々の論点から論じてきた。しかし、「経過の異状」に固執している人々がいる。この「経過の異状」に固執している人々に引用されるのが、昭和44年3月27日の東京地裁八王子支部判決である。

 

この東京地裁八王子支部判決の概要については、それぞれの個所で記載して来た。この東京地裁八王子支部判決とはどのような判決だったのか、本項であらためて、その全貌を記載しておきたい。

 

【事件】
昭和44年3月27日判決、東京地裁八王子支部判決(昭和42年(わ)第4号)
医師法違反、虚偽診断書作成、同行使、医療法違反

【判示事項】
医師法第21条にいう「死体を検案して異状があると認めたとき」の意義

【判決理由要旨】

[罪となるべき事実]

被告人は、病院(精神科、外科、内科)を経営管理していた医師。昭和41年1月25日、入院患者A女(63歳)が屋外療法実施中行方不明となり、所在を捜索。2日後の27日午前7時頃、同病院から500メートル離れた国有林の沢の中で死体となって発見。同病院に搬入後、午前11時頃、死体を検案。死体に異状があると認めたのに警察に届出をしなかった。同28日、A女は、国有林で死亡したのに、死亡場所を同病院とする死亡診断書を作成、行使した。(医療法違反部分については省略)
【裁判所の判断】

供述調書によれば、患者A女は行方不明になる前は別に異状なく、4-5日前に軽い脳出血の症状、前日に尿毒症のような症状をみせたが特に原因はわからなかった。1月27日午前10時頃A女が裏山の沢の中で死んでいたとの報告を受け、同院に搬入して検案した。検案の結果、特に異状を認めなかったので、尿毒症による心臓麻痺と判断、病死であり異状死ではないと認め警察へは届け出なかった。

上記供述書に基づき、裁判所は以下の判断を行った。

医師法第21条は、医師が死体を検案して異状があると認めたときは24時間以内に所轄警察署に届け出なければならないとしている。また、変死者又は変死の疑いのある死体がある時は警察署長は警察本部長に報告し、検察官が検視することと定められている。

医師法にいう死体の異状とは単に死因についての病理学的な異状をいうのではなく死体に関する法医学的な異状と解すべきである。したがって、死体自体から認識できる何らかの異状な症状乃至痕跡が存する場合だけでなく、死体が発見されるに至ったいきさつ、死体発見場所、状況、身許、性別等諸般の事情を考慮して死体に関し異状を認めた場合を含む。

何故なら、医師法が医師に対し、所轄警察署への届出義務を課したのは、当該死体が純然たる病死(自然死)であり、且つ死亡にいたる経過についても何ら異状が認められない場合は別として、死体の発見(存在)は往々にして犯罪と結びつく場合があるからである。

これは、医師が自ら診療中である患者の死体を検案した場合であっても同様である。医師法第20条によれば、24時間を超えて医師の管理を離脱して死亡した場合には、診療中の患者とはいい難く、したがってかかる場合には、当該医師において安易に死亡診断書を作成することが禁じられている。

ところで、関係証拠によれば、患者A女は被告人の経営管理する病院の入院患者で、自ら診療していたが、2日間病院を脱走して所在不明であったこと、生前死亡する病因はなかったこと、死体発見場所は、500メートル離れた山中の沢のなかで、付近に人家、人通りなく、丸木橋の近くであったこと、相当老齢であることを考えれば、検案した死体に異状があったことは明白である。

上記判旨にて、被告人の主張は採用できないとして有罪とした。

医療法人尚愛会 理事長

昭和22年生まれ。昭和47年鹿児島大学医学部医学科卒業。昭和48年鹿児島大学第一外科入局。昭和56年医学博士。日本医療法人協会常務理事、日本医療法人協会医療安全調査部会(現医療安全部会)長、厚労省「医療事故調査制度の施行に係る検討会」構成員を歴任。
現在、医療法人尚愛会・社会福祉法人佳成会理事長、鹿児島県医療法人協会会長、日本医療法人協会常務理事・医療安全部会長、鹿児島県病院企業年金基金理事長、鹿児島市医師会医療事故調査制度サポートセンター委員長他。
著書に、『医療事故調運用ガイドライン』(共著、へるす出版)、『Q&A医療事故調ガイドブック』(共著、中外医学社)、『「医療事故調査制度」早わかりハンドブック』(共著、日本医療企画)、『医療事故調査制度対応マニュアル』(共著、日経メディカル)がある。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

(本記事は、2018年12月18日に幻冬舎MCより発行された小田原良治著『未来の医師を救う 医療事故調査制度は何か』より一部を抜粋・編集したものである。)

未来の医師を救う医療事故調査制度とは何か

未来の医師を救う医療事故調査制度とは何か

小田原 良治

幻冬舎メディアコンサルティング

医療事故調査制度創設の立役者が、その軌跡をつぶさに語る一冊。 医師が裁判で被告として罪に問われる・・・。こうした事案に憤りを感じ、鹿児島県でみずからも医師として診療に当たる著者が、医療事故調査制度の創設に立ち上…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧