「父は私のこと嫌いだったの?」遺言書の内容で次女が鬱状態に

年間約130万人の方が亡くなり、このうち相続税の課税対象になるのは1/10といわれています。しかし課税対象であろうが、なかろうが、1年で130万通りの相続が発生し、多くのトラブルが生じています。当事者にならないためには、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが肝心です。今回は、遺言書に起因する相続トラブルを、円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

優しく人望の厚い父と、父を慕う3人の子どもたち

今回ご紹介するのは、ある地方に住むAさん(夫)と、妻、長女、長男、次女の5人家族です。Aさんの父は小売業を営み、Aさんは40歳を過ぎたときに会社を継ぎました。Aさんの手腕もあり、会社の業績はとても順調に推移しました。

 

小さいころから社長として活躍する背中を見て育った3人の子どもたちにとって、父親であるAさんは尊敬の対象でした。長男は「いつか、お父さんのようになりたい」と言い、長女や次女も「将来はお父さんの会社で、お父さんと一緒に働くの」と事あるごとに言っていたそうです。

 

3人の子どもたちはみな東京の大学に進学しましたが、長女は卒業後、地元に帰り、Aさんの会社に就職。その数年後、長男も地元に帰り、Aさんの会社に就職しました。さらにその数年後、次女も……とはなりませんでした。当時、次女にはお付き合いをしている男性がいたため、地元に帰り父の会社に就職するか、それとも東京の会社に就職して、男性のそばにいるか、ずいぶんと悩んだそうです。

 

悩む次女の姿を見たAさんは「自分の人生なんだから、自分で決めなさい。どこにいても大切な娘であることに、変わりはないのだから」と声をかけました。父の言葉もあり、次女は地元に帰らず、東京の会社に就職することを決めたのです。

 

結局、次女とその男性は、しばらくして別れました。ある意味、障壁がなくなったので「もしかしたら、こっち(地元)に帰ってくるのでは」と家族は考えたそうです。しかし「彼と別れたから地元に帰るというのも、ちょっと嫌ですよね」と笑う次女。そのまま東京にいることを選びました。

 

「ただ、お父さんは地元に帰ってくることを期待していたのかもしれない……それが少し気がかりでした」と次女は言います。父の本意を知りたくて、単刀直入に聞いたことがありました。その時もAさんは、「自分の人生なんだから、自分で決めなさい。どこにいても大切な娘であることに、変わりはないのだから」と以前言ったことを繰り返したそうです。

 

しかし、その数年後、状況は一変します。Aさんが倒れたのです。

 

数日、生死の境をさまよったあと、Aさんは帰らぬ人になりました。会社のトップの突然の死により、会社は大混乱……と誰もが考えていましたが、様々なことがスムーズに進んでいきました。

 

実はAさん、もしものことが起きた場合を考え、遺言を作成。それを定期的に更新していたのです。

 

遺言書通り、新社長は長男に、長女はそのサポート役にまわりました。新しい経営者の脇を、会社を古くから支える役員が固めます。こうして、あっという間に新しい体制が整ったのです。「A社長は、本当に素晴らしい人でした。だから、新社長も全力でサポートします」と、とある役員。スムーズな新体制の構築には、Aさんの人望があったのです。

 

会社も落ち着いたころ、次は家族内で相続について話す場が設けられました。それが悲劇の始まりとなりました。

遺書に残されていた遺産分割に次女は……

ある日曜日。東京で働く次女が実家に帰ってきました。葬儀が終わった後、1ヵ月ぶりの帰省でした。

 

長男「父さんの相続だけど、遺言書を残してくれたから、その通りに分けていいよな」

 

長女「問題ないわ」

 

特に異論が出ることなく、スムーズに話し合いは終わりました。遺言書通り、母には1,000万円ほどの現金、長男には実家とマンション1戸と3,000万円ほどの現金、長女はマンション1戸と現金3,000万円ほどの現金、次女には1,000万円ほどの現金が分けられました。

 

会社を継ぐ長男・長女には遺産をあつく、母には今後の生活に困らない程度の遺産を、次女にはいずれ必要になるであろう結婚資金プラスαを……そのようなことを考えて、Aさんは遺産の配分を考えたのでした。

 

遺言書にはそのような遺志は書かれておらず、淡々とした文章で分割の仕方が書かれていましたが、遺産の分け方に疑問を持つ家族はいませんでした。ただ1人を除いて。

 

「わたしだけ、1,000万円……お姉ちゃんとお兄ちゃんは、マンションまでもらっているのに。なんで……」

 

「お父さん、私のこと愛していなかったのかな」

 

「東京に残ったこと、やっぱりお父さんは嫌だったのかな」

 

「お父さんは……」

 

実家を後にした次女は、念仏をとなえるように、ひとり言を繰り返しました。そして数週間後、一本の電話が実家に入りました。次女が勤める会社の上司からでした。

 

「すみません、C子(=次女)さん、いらっしゃいませんか?」

 

「えっ、いえ、いませんが、何かあったんですか?」と電話に出た母は、突然のことで驚き、うわずった声で答えました。

 

「実はここ数日、無断欠勤が続いていまして。携帯電話にも、自宅にも電話したのですが、まったくでなくて。それで事件にでも巻き込まれてないかと心配になり、実家であるこちらに電話をした次第で……」

 

さらに驚いた母は、長男にも声をかけて急いで東京へ。次女の家を訪れました。何度もチャイムを鳴らしても、応答がありません。

 

「まさか……」

 

大家に連絡をし、カギを開けてもらうことにしました。そしてカギを開けた扉の向こう側に、ペタンと座る次女の姿がありました。

 

母「C子、大丈夫!」

 

次女「……あっ、お母さん」

 

長男「おい、どうしたんだよ。会社から電話があったんだぞ。無断で会社を休んでるって」

 

すると、次女はボロボロと涙を流し始めました。驚く、母と長男。

 

次女「だって、お父さん、私のこと嫌いだったんでしょ。気に入らなかったんでしょ。だから遺産も少なかったんでしょ」

 

母・長男「えっ!?」

 

子どもたちのなかで、唯一、地元に戻らなかった次女は、父に負い目を感じていました。また「遺産=愛情」と捉えてしまったことで、自身を追い詰めてしまい、次女は軽いうつ状態になってしまったのです。

 

遺産の差から始まった悲劇
遺産の差から始まった悲劇

10人に1人が遺言書を残しているが…

今回は、遺言書があったので、突然の不幸に関わらず会社の混乱は避けることができました。しかし遺産の分け方に差を付けたことで、問題が生じてしましました。生前、家族に思いを伝えるか、遺言書にきちんと盛り込んでいれば、このようなことは避けられたでしょう。

 

遺言書には、大きく分けると2種類あります。作るのに手間とお金がかかりますが、法的な効力が強い、公正証書遺言と、誰でも簡単に無料で作れますが、法的な効力が弱い、自筆証書遺言です。

 

平成28年度に作成された公正証書遺言の件数は、約10万5件です。余談ですが、ここ近年、公正証書遺言を作る人が急増しています。9年間で1.4倍に増えています。相続対策への関心の高さがうかがえます。

 

一方で、簡単に作れる自筆証書遺言は、相続が発生した後に、家庭裁判所で検認という手続きをしなければいけません。平成28年に行われた検認手続きは約1万7千件です。

 

現在、日本では毎年約130万人の方がなくなっています。つまり公正証書遺言作成者10万5千人+自筆証書検認1万7千件=遺言書を作った人は約12万人となり、約10人に1人は遺言書を残しているという計算になります。

 

遺言書は必ず作らなければいけないものではありませんが、「遺言書があって本当によかった」、「遺言書さえ残しておいてくれれば」というシチュエーションはたくさんあるのも事実です。また遺産の分け方に差をつけるのであれば、その思いを相続人と共有しておくといいですね。

 

【動画/筆者が「遺言書の書き方の基本」を分かりやすく解説】

 

橘慶太

円満相続税理士法人

円満相続税理士法人 代表 税理士

大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人に正社員として入社する。
勤務税理士時代は相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算400件以上。また、銀行や証券会社を中心に、年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。
2017年1月に独立開業し、現在6名の相続専門税理士が在籍する円満相続税理士法人の代表を務める。週刊ポストや日本経済新聞、幻冬舎、女性自身など、様々メディアから取材を受けている。また、自身で運営しているYouTubeのチャンネル登録者は4万人を超えており、相続分野では日本一のチャンネルに成長している。

円満相続税理士法人:https://osd-souzoku.jp/

著者紹介

連載円満相続税理士が楽しく解説!「相続の基礎知識」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧