「ビットコイン」で公共交通機関の乗車券購入へ・ブラジル

ブラジルCeará州の州都においてビットコインで公共交通機関の切符を購入することが年内実現するようだ。なお、アルトコインの導入も検討中。

ブラジル、ビットコインで電車に乗る

ブラジルCeará州の州都において、ビットコイン(BTC)で公共交通機関の切符を買うことが可能になると報じられた。

 

報道によると、ブラジルCeará州の州都Fortaleza市は2019年年末までに、BTCの決済システムを公共交通機関の切符アプリへ導入することを目指している。導入されることで、ユーザーはQRコード決済を通じてBTC支払いが可能になる。

 

当局はBTC決済を導入することで、公共交通機関の利用を増やしながら、事務手続きなどの費用を削減することを見込んでいるという。

 

なお、同市の交通当局は将来、アルトコインによる決済も検討すると示したが、具体的な銘柄までには言及していない。

 

ブラジルでは直近、暗号資産が国民の1つの話題になっている。

 

先日ブラジルの労働組合産業連盟の理事長は、政府による新たな税制度が、いずれ国民が暗号資産の利用に移ることを仕向けると予測している。伝統的決済手段に対する増税が暗号資産の利用(税回避)を助長するとのことだ。

 

実際、暗号資産に対する割高な税率で利用を妨げている国は日本などが挙げられる。サトシ・ナカモトが構想するようなビットコインのP2P決済普及には、税制度が1つの大きな課題となっている。

 

※本記事は、2019年7月29日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧