セミナー終了後に出口を…「不動産投資営業」の恐ろしい実態

「資産形成」を誘い文句に、不動産投資を勧める営業電話がかかってきたことはないでしょうか。「どこから番号を知ったんだろう?」と不審に思いつつ、セールストークに誘われて「セミナーに参加するくらいなら、勉強にもなるし」と行ってみると、営業マンに捕まって、なかなか帰らせてもらえず……!? 『区分物件オーナーのための神速!億万長者計画』から一部を抜粋し、不動産投資を持ちかける業者の強引な営業の実態に迫ります。

テレアポ、セミナー…「不動産投資」営業の手口

上場企業のサラリーマン、公務員や医師といった、世間一般から「エリート」と呼ばれ、高収入を得る人たちが不動産業者のセールスのターゲットとなりやすいのは、皆さんも想像がつくと思います。

 

ところがそれ以外に、普通のサラリーマンもターゲットになっているのが最近の傾向です。

 

不動産に興味のない人が、どのようにして区分マンションのセールスと接点を持つのかというと、いきなり職場へ電話をかけてくるようなケースが多いようです。

 

「○○社にお勤めの方限定で、資産形成に関するご提案を行っております」

 

こんな営業文句からスタートして、詳しく話を聞いていくと新築の区分マンションの営業を始めるのです。古典的なテレアポですが、今でもよく使われています。

 

営業するための電話番号は、ネットや電話帳で公開されている番号はもちろん、過去に何かのアンケートで回答した内容がリストとして出回っている場合もあります。開業医や弁護士事務所の番号は簡単に調べられるので、営業のターゲットになりやすいです。

 

セールスの流れとしては、まずは相手の家族構成や勤務形態など、できるだけ多くのパーソナルな情報を聞きだして、実際に会う方向に話を進めます。

 

余談ですが、この営業電話をかけてくる営業担当者には厳しいノルマがあって、1件もアポイントが取れないと満足に給与が支払われないこともあります。彼らも生活がかかっているだけあって必死です。

 

そのほかには、職場の上司や同僚からの紹介、資産形成セミナーへの参加をきっかけに新築区分マンションを購入するケースもあります。

 

不動産会社は営利企業ですから、回収の見込みがなければそもそもセミナーを開催しません。では、どこから回収するのかといえば、新築ワンルームマンションの販売利益にほかなりません。

 

セミナーに参加したその場で2000万円以上の買い物を決断するなどと言うと、不思議に思うかもしれません。しかし相手は販売のプロです。その場で買付申込書に記入してもらうか、それが難しい場合は次のアポイントを取るくらい朝飯前です。

 

相手の口調やしぐさ、声のトーンから営業担当者は「押せばいける」というのを本能的に感じ取っているのです。悪質なセミナーであれば、終了後は出口に営業担当者が立ちふさがってしまい、なかなか退出できない雰囲気になる・・・という場合もあります。

中年層だけでなく、20代の若者もターゲットに…

続いて、年齢の視点で見てみると、かつては30~50代といった社内では中堅社員や管理職にあたる層がターゲットでした。

 

しかし、最近は20代の若者でも新築区分に投資しているケースがあります。将来への不安から幅広い人が資産運用に興味を持っていることが背景にあるのでしょう。そのなかで一定数の人が不幸にも区分マンションに手を出してしまい、毎月の収支が赤字になる状態に陥っています。

 

特に社会的に地位のある仕事に就いて、高収入を得ている人は、ときに自身のプライドが損切りの邪魔になります。エリート人生を歩んできたがゆえに、自分の失敗をたやすく認めることができない人は意外と多いのです。結局、赤字を垂れ流して傷口を広げるだけです。

 

新築区分マンションの失敗から抜け出すには、まずは自分の判断ミスを素直に認めて、軌道修正を行う必要があります。

 

そのほか、「まわりに相談できる人がいなかった」という人も新築区分マンションに手を出して失敗しやすい傾向があります。投資家仲間がいればベストですが、そういった人がいなければ、別の業者の考え方やアドバイスを、セカンドオピニオン的に取り入れてもよいでしょう。

 

また結婚している人の場合、配偶者に相談すれば反対される可能性が高いという理由で、自分一人で決断しようとしがちです。しっかり勉強をしてから不動産投資を始めた人でさえも、パートナーの理解を得ることには苦労をしています。

 

だからといって、家族に内緒で投資物件を買うようなことは絶対にしないほうがよいです。これだけ大きな買い物を秘密にしていて後でバレたら、間違いなく家庭不和の原因となります。家族の幸せのために踏み出した不動産投資が原因で、家庭がギクシャクしたら本末転倒です。

株式会社T&Tハッピネス 代表取締役社長

1976年生まれ、神奈川県出身。BBT大学院にてMBA(Master of Business Administration)取得。デザイン業界、飲食業界を経験した後、不動産業界のデベロッパーに入社し、分譲マンションの販売・用地仕入れを行う。デベロッパーを2社経験した後、一棟収益不動産を専門に扱う会社に入り仕入れ・販売業務に携わる。2012年、株式会社T&Tハッピネス創業、代表取締役社長に就任。2016年3月には一棟収益不動産の仕入れに特化した別法人も立ち上げた。

著者紹介

T・Wealth Management 株式会社 代表取締役CEO

1979年生まれ、千葉県出身。金融業界を7年間経験した後、美容関連ビジネスで独立。
しかし、マーケットの価格破壊の煽りを受け、美容関連店舗を全て売却。
その後中堅デベロッパーに入社し、2年間用地の仕入れを行ったうえ、1棟収益不動産に特化したビジネスに転向し、仕入れ・販売共に相当な実績を積む。
2016年、T・Wealth Management 株式会社を創業、代表取締役CEOに就任。また同年、1棟収益不動産の仕入れに特化した別法人も設立し、1棟収益不動産のマーケットで更なるシェア拡大を狙う。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画

区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画

田中 竜太,太田 将司

幻冬舎メディアコンサルティング

不労所得を得るための方法として注目されている不動産投資。 中でも「少額から始められてリスクが低い」という理由から、投資用区分マンションを選択する人が増えています。しかし実際には、始めてみたはいいものの「毎月の収…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧