各種の業者から「相続税対策」を勧められた場合の留意点

万人に有効となる相続対策はありません。相続対策で大切なのは、目先の利益にとらわれず、自分の資産に合った方法を追求することです。本連載では、従来の節税対策の「リスク面」に焦点を当てて見ていきます。

相続対策は税制や社会状況に応じた軌道修正が必要

昔から相続税の節税対策として主流となっているものが、いくつかあります。「賃貸物件の建築」などは、その代表格といってもいいでしょう。

 

相続税を払うのは、一部の資産家のみであった時代、税額は莫大なものになることが多々ありました。特に地主などは、課税される遺産の大半を土地が占めるため、莫大な税金を払う資金がなく、泣く泣く先祖代々の土地を売却し納税するといったケースもあったのです。そのような事態を回避するべく、さまざまな節税対策が提唱されることとなりました。

 

お気付きの方も多いと思われますが、節税対策の多くは、それ自体ビジネス市場に組み込まれていますので、必ず得をする業界があります。例えば賃貸物件の建築をする際には、ハウスメーカーが利益を得ることとなります。

 

本来、相続税対策というものは、長期的な視点に立って考えて、税制や社会状況の変化に応じて軌道修正していく必要があります。ところが実際は、利益ばかりを優先した対策を勧めるだけで、その後のフォローやケアに欠けている業者が多いというのが現実です。

 

自分の立場に有利に動くように話を進めることを「ポジショントーク」といいますが、業者のそういった営業戦略がまかり通っているのが、相続税対策の世界なのです(もちろん、筆者自身にもポジショントークというものはあります。不動産会社やハウスメーカーといったほかの業界と提携をしているわけではありませんが、相続税専門の税理士という立場でお話をするということです)。

自分の資産をどう残したいかを考える

業者に何らかの相続税対策を勧められた場合、まずは対策が本当に必要なのか、ご自身で考えてみる必要があります。相続税の節税が目的なのですから、専門的な知識のある税理士に相談することも重要です。

 

大切なのは目先の利益にとらわれず、自分の資産をどう残していきたいのか、自分の資産に合った運営方法は何なのかを追求することです。本連載では、従来の節税対策の「リスク面」に特に焦点を当ててご紹介します。大事な財産のことですから、焦らず、正しい知識を身につけて相続に備えましょう。

岡野雄志税理士事務所 所長 税理士

相続税専門の税理士。早稲田大学商学部卒業。2005年、横浜市に事務所を設立。開業以来、相続税還付や申告、対策など相続税関連の案件を600件以上手がける。全国各地で332件以上の相続税還付に成功。2014年12月『納めてしまった相続税が驚くほど戻ってくる本』(あさ出版)を出版。2015年2月に新横浜駅の事務所に移転。

岡野雄志税理士事務所(https://www.souzoku-zei.jp/)

著者紹介

連載本当は危ない定番の相続税対策

本連載は、2015年9月1日刊行の書籍『得する相続、損する相続』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

得する相続、損する相続

得する相続、損する相続

岡野 雄志

幻冬舎メディアコンサルティング

2015年の税制改正により、都心部の土地所有者は相続税納税の可能性が高まった。ちまたに溢れる「賃貸建築」や「法人化」などの節税対策は、じつはリスクが非常に高い。目先の節税にとらわれてしまうと資産自体を無駄にしかねな…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧