株価のトレンドのパターンを知る!「トレンド転換」の見極め方

※本連載では、マネー誌への執筆を中心に活躍するライター・安恒理氏の著書、『マンガでわかる最強の株入門』(新星出版社)から一部を抜粋し、株式投資におけるテクニカル分析の基礎となる「チャート」の読み方をレクチャーしていきます。

 

<用語解説>

※ トレンドライン…相場の方向性を示すため、チャート上に描いた補助線。

※ レジスタンスライン…株価がある水準まで上昇すると天井となり反落に転じるライン。

※ サポートライン…株価がある水準まで下落すると底値となり上昇に転じるライン。

※ 上値余地…ある銘柄の価格が適正ではなく、「まだ上昇してもいい」と市場参加者が判断し、価格の上昇が見込める状態にあること。

※ 押し目買い:上昇過程にある株価が一時的に下がったところ(押し目)で買い付けること。

「3つのトレンド」で株価の大きな流れを読み取る

株価は小刻みに上げ下げを繰り返します。小刻みに動く株価の動きだけにとらわれると思わず高値でつかまされたり、安売りしたりする羽目になりかねません。そのためローソク足だけではつかめない株価の大きな流れ(トレンド)を把握する必要があります。

 

陽線が続き、株価が上昇しているときでも大きな流れのなかでは下降トレンドが続いているパターンがあったり、逆に陰線が続き、株価が下落しているときでも大きな流れのなかでは上昇トレンドが続いているパターンがあったりします。もちろん株価の上昇が続き、大きなトレンドも上昇トレンドになっているパターンや、株価の下落が続き、大きなトレンドも下降傾向のパターンもあります。

 

トレンドはトレンドラインから判断します。特に株価が上下を繰り返して小さな「山」と「谷」を形成し、この山の頂点を結んだ線を「レジスタンスライン(上値抵抗線)」、谷の底を結んだ線を「サポートライン(下値支持線)」といいます。

 

株価がそれぞれのラインに接近すると、株価が反転する可能性が高くなります。トレンドを調べるときには、必ずこの2つのラインのどこにあるかも意識しておきましょう。

 

[図表1]3つのトレンドを読み取ろう
[図表1]3つのトレンドを読み取ろう

トレンド転換を見極めれば、利益を上げるチャンスに!

株価がいつまでも上昇し続けることがないように、トレンドもいつかは変わります。株価の動く方向が、潮の満ち引きのように転換する事象を「トレンド転換」といいます。

 

トレンド転換が発生するのは、株価がトレンドラインを突き破ったときです。例えば株価が下降トレンドから上昇トレンドへの転換は、レジスタンスラインを下から上に突き破ったときに起こりやすいです。同様に上昇トレンドから下降トレンドに転換するのは、株価がサポートラインを上から下に突き破ったときに起こりやすいです。

 

上昇トレンドに転換したときを特に「ブレイクアップ」、下降トレンドに転換したときを「ブレイクダウン」といいます

 

トレンド転換をうまく見極めれば、利益を上げる大きなチャンスとなります。上昇トレンドに転換したとき、その相場は上値余地が大きく、利幅を大きく取ることができることもあります。

 

反対に、下降トレンドに転換したにも関わらず、「そろそろ反発する」などと誤解して株を買えば、大きな損失を被りかねません。トレンド転換したあとは、レジスタンスラインがサポートラインに、逆にサポートラインがレジスタンスラインとなりがちです。

 

[図表2]「ブレイクアップ」と「ブレイクダウン」
[図表2]「ブレイクアップ」と「ブレイクダウン」

 

株価が上にも下にもいかない「保ち合い」状態とは?

上昇、下降に限らず、株価は一方向に動いている期間に一定の水準でもみ合うことがあります。株価が上にも下にもいかない、いわば踊り場にあるような状況です。このような状況を「保ち合い」といいます。

 

例えば株価が上昇トレンドにあるとき、「そろそろ売って利益確定しよう」という投資家が増えてきます。上昇の勢いにはブレーキがかかってしまいますが、そこで少しでも株価が下がれば「押し目買いのチャンス」とばかりに買いを入れる投資家がでてきます。下値を支持することになりますが、上値には戻り待ちも増えてきます。

 

このような状態が続くと、株価は上にも下にもいかない保ち合いになり、最終的にはレジスタンスラインとサポートラインが1点に収束していきます。どちらに「放れる」かレジスタンスラインとサポートラインがやがて1点に収束しようとするあたりから株価は上か下へ「放れる」ことになります。

 

つまりレジスタンスラインとサポートラインで三角形を描くように株価が動き、その頂点から株価が放たれるのです。そのエネルギーは大きく、株価は激しく変動します。そして、一方向に動き始めた株価のトレンドはしばらく継続します。

 

[図表3]主な「保ち合い」のパターン
[図表3]主な「保ち合い」のパターン

 

安恒 理

オフィスミックスナッツ 代表 ライター

オフィスミックスナッツ代表
現代ビジネス兵法研究会 

1959年、福岡県生まれ。慶應義塾大学文学部国文学科卒業。出版社に勤務。月刊誌の編集に携わった後、ライターとして独立。マネー誌への執筆を中心に、投資、ビジネス、歴史、スポーツ、サブカルチャーなど幅広い分野で執筆活動を行う。主な著書に『いちばんカンタン!株の超入門書』、『いちばんカンタン!FXの超入門書』(高橋書店)、『図でわかる株のチャート入門』(フォレスト出版)、『「孫子兵法」のことがマンガで3時間でマスターできる本』(共著、明日香出版社)ほか多数。

著者紹介

連載株の売買タイミングがわかる!初心者のための「ローソク足チャート」講座

本連載は、安恒理氏の著書『マンガでわかる最強の株入門』(新星出版社)から一部を抜粋したものです。掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者、出版社および幻冬舎グループはその責を負いません。

マンガでわかる最強の株入門

マンガでわかる最強の株入門

安恒 理

新星出版社

ベストセラー『いちばんカンタン! 株の超入門書』の安恒理氏、漫画家・吉村佳氏による最強の株の入門書が登場!日経平均が2万円台へと迫る中、株に興味を持ち始めた人も多いのでは……? 思い立った今こそ始めるチャンスです! こ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧